1200sex1703130179
-31-
薄暗くされた監禁部屋、室温は28度、床暖房が入れられているから快適なのですが、玲奈、檻の中でうとうと眠っていたらしい。ふっと気がつくと檻の外に栄養士の村山徹がコップを持って立っていたのです。
「ほうら、玲奈、餌をもってきてやったぞ、腹減っただろ」
玲奈には、お腹が減ったという自覚がありません。言われてみれば喉が渇いた感じです。裸のからだを村山に晒していることに気がついた玲奈は、床の上、上半身を起こして、手でブラします。
「ああ、そんなに、見ないで、恥ずかしいよぉ」
声にはならない小さな声で、うつむいたまま、玲奈がいいます。村山には、玲奈の小さな声が聞こません。
「こっち向けよ、玲奈、こっち向いて、膝を立てて、足をひろげろよ」
「ええっ、そんなの、いやぁあ、いやですよぉ」
「ううん、ゆうこと聞かないと、餌やらないよ」
ジュースの入ったコップ、白濁、カルピスの色した飲み物を手に持った村山が玲奈に声かけているのです。薄暗かった部屋が明るくなります。村山が壁のスイッチを入れて監禁部屋を明るくしたのです。全裸の玲奈です。ぽっちゃりした白い肌が眩しいくらいです。
「ああ、後ろ向いてくださったら、わたし、ゆうこと、ききます」
喉が渇いて、ジュースが欲しい、玲奈は、檻の中でお尻を床においたまま、正面を向きます。村山は、玲奈が言うように後ろ向きになります。そうして、10秒ほど後ろ向きになっていた村山が、檻の中、玲奈の方に向きなおります。そうしてしゃがみます。玲奈の目線と目線が合う高さです。
「さあ、飲め、栄養満点、カロリー十分、玲奈の朝だよ」
玲奈は村山と向きあったけれど、立てた膝は開かないままです。格子越しにコップを受け取り、飲みだす玲奈。喉が渇いているので、ごくごくと飲んでしまいます。玲奈が飲んでいる間に、ずんぐり体型の村山徹が裸になります。もうチンポが勃起状態です。
「さあ、可愛がってやるから、檻から、出ろ」
檻からだされる全裸の玲奈です。首に赤い皮の輪をはめられただけの玲奈です。檻から出たところで、村山が待っていたかのように狼の目つきで、玲奈をうしろから抱いてしまいます。
「ああ、柔らかい、いい匂い、温かい、玲奈、いいね」
「はぁああ、ああん、ああ、ああ、こそばいですぅ」
後ろから抱かれ、手腕を握られ、背中へ顔を当てられてしまう玲奈です。
「ああん、こそばい、こそばいですぅ」
村山はこの格好で腰を玲奈のお尻に摺りつけ、勃起肉棒をぴったしとくっつけているんです。

-32-
檻の前、立ったまま後ろから抱かれた玲奈が、四つん這いにさせられます。床に敷かれたマットに膝をつき、腕をつかされます。そうして太腿をひろげられ、尻を持ち上げられます。後ろから栄養士の村山徹が、勃起させたチンポを、玲奈の膣へと挿し込みます。
「ううっ、ああん、はぁああ、ああん」
「おおっ、いいねぇ、朝から、こんなことできるなんて、なんていいんだ!」
玲奈には、監禁されている身だから、窓のない部屋で、いま朝が来ていることさえわからないのです。
「ああん、あさ、あさなんですかぁ、ああっ」
ぶすっ、ぶすぶすっ、村山のチンポで四つん這いになった後ろから、女の性器を弄られているんです。勃起した男の性器です。とろとろ蜜の膣なか、チンポが密着してしまう。芸大二年生の玲奈、四つん這いのすがたでメス犬です。村山がぶすぶす、チンポを挿入してくるので、玲奈は喉をのぞけり、顔を仰向け、吠える格好で呻きます。
「足を閉じるな、ほうら、尻を、持ち上げろ」
ぶすぶすっ、村山が腕を玲奈の腰から胸にまわしてきます。チンポを挿入したままです。玲奈、乳房をまさぐられます。腰でお尻を支えられ、腕で上半身を浮き上がらせて、玲奈、ずんぐりむっくり男の栄養士の村山に、なされるがままです。
「ああん、あああん、はぁああ、ああん」
「ほうら、ほうら、いいねぇ、玲奈、朝からチンポ入れられるなんて、最高だね」
「ひぃやぁあん、ひぃやぁああん」
ぶすぶす、ぐりぐり、ぶちゅぶちゅ、じゅるじゅる、膣中で射精しても大丈夫、玲奈は避妊ピルを飲まされているから、セックスされ放題です。
「ううっ、でそうだよ、おおっ、出るぜ、ううっ、うううっ」
後ろからの村山が、射精をもよおしてきて、一気に放出してしまうのです。玲奈、オーガズムにはあげてもらえなくて、性欲温存されたままにおかれるのです。
「おおおおっ、ううっ、ううっ」
ピクン、ピクン、村山が痙攣しながら射精です。玲奈は、ピクンピクンの刺激をうけて、ぐううっと迫りあがる快感ですが、ああ、終わって物足りない。もっともっとやって欲しいところなのです。村山が終わって、玲奈は、檻に戻されることなく、調教部屋へと連れられるのです。

-33-
調教部屋は八畳の洋間、アンティーク仕上げのステージ仕様です。赤い首輪をはめられ、3mの赤い紐をつけられて、メス犬のように四つん這いになって部屋へ入れられます。四畳半の監禁部屋とはドアひとつです。全裸のまま首輪をつけたメス犬玲奈が四つん這いのままで、部屋の真ん中にみちびかれます。
「おお、来たか、玲奈、今日はさっそく朝から、仕事をしてくれるんだよな」
黒いスーツを着た社長の町田は、調教部屋の隅に置かれた革張りの肘掛椅子に座ったまま、メス犬すがたの玲奈を眺めて言うのです。
「さあ、紐をはずしてもらって、こっちへおいで、玲奈」
3mの赤い紐がはずされる玲奈。幅2㎝の赤い首輪ははめたままです。部屋の真ん中でためらう玲奈。山内が部屋の隅にあぐら座り、ビデオカメラを手にしています。身体トレーナーの山中が山内とは対面で部屋の隅です。
「玲奈、言われたとおりに、sのまま、師匠のまえへ、いくんだ」
四つん這いのままでも、数歩です。玲奈は町田が座る革張り肘掛椅子のまえへ、進みます。全裸のままの玲奈です。たっぷりマッサージをうけているから、艶があり、白い肌です。コスメはなくてすっぴんですが、基が可愛くて可憐だから、十分に愛らしい玲奈です。町田の前へ、四つん這いのまま歩み寄った玲奈。
「可愛いな、玲奈、さっそくだ、後ろ向きになって、尻をみせろ」
町田は、玲奈の顔が、ひろげた膝の横にまで寄せておいて、後ろを向けというのです。玲奈は、顔をあげ、目線を町田の顔にもっていき、けげんな表情をみせたものの、言われるまま、四つん這いのままで回転したのです。
「いいな、玲奈、尻を、もっと、こっちへ近づけろ」
町田が座った革張り肘掛椅子から、50㎝離れたところに玲奈の臀部があるのです。もっと町田に近づけろというのです。玲奈が、あとずさりして、足裏が肘掛椅子にあたるところまで近づきます。町田がひろげる膝のあいだにお尻がきます。
「そうだ、これでよい、手を伏せ、顔を床において、尻をあげろ」
玲奈が言われるままに、手の肘を床において手の平は内側、顔を降ろします。その格好になったところで、町田がつぎの指示です。
「尻をあげ、足を、ひろげるんだ」
「はぁああ、ふうう、すうう、ふうううう」
恥ずかしい、玲奈、呼吸が深くなってきます。顔を伏せているけれど、羞恥心に満ちてきます。恥ずかしい処を、ひろげて見せる羞恥心です。