1200sex1703080081
-40-
<飼育される玲奈>
朝から三人の男の相手をした二十歳の玲奈。もう腰が立たないくらいになってしまって、ぐったりです。八畳の調教部屋から運び出され、四畳半の監禁部屋へ戻されます。首に赤いベルトがまかれただけ、全裸のままです。監禁部屋へ栄養士の村山徹が、よろける玲奈をみちびき、檻の中へ収納します。村山が玲奈の飼育係です。
「もう、娑婆でのことは、忘れろ、ここで生活するんだ、いいな」
「ええっ?、ここで、せいかつ、するんですか、わたし、どうして?」
「玲奈、おまえの運命だ、ここで、たっぷりと、仕込んでやるから、いいねっ」
「しこんでやるって、どういうことですかぁ」
「身も心も女として、おれたちへの奉仕と、作品制作と、それに実演だよ」
「わたし、学生です、そんなこと、してられないんですが」
玲奈は、なにがなんだか、おびえてしまう気持ちで、窓が封印された檻の中で、村山の言葉には逆らいません。
「ふふっ、大学へは休学届を出しておいた、バイト先へは辞めるといっておいた」
「もう、玲奈は、ここで飼われて、男どもをよろこばせる、いや、女もだ」
畳一枚分の檻の中で、玲奈は自由です。首輪も外してもらえて、スケスケだけど白地のネグリジェ的なワンピースを着させてもらえます。
「栄養管理は、おれがする、美肌の管理は山中だ、町田の師匠は、監督だ」
檻の中に入れられた玲奈に、村山徹が栄養ジュースを渡します。昼の食事、流動食で消化を良くさせ、体調を整わされるのです。責められて、吐くことがないように、特別メニューなのです。それにたっぷりの水が与えられ、からだのなかを洗浄する目的です。
「はぁああ、ジュース、甘い、美味しい、おいしいですぅ」
玲奈は檻のなかで女座りで、ジュースの入ったコップを手にして、ごくんごくんと飲み干します。飲み干したあとには、水をコップに二杯飲みます。
「ふふん、じゃ、おれ、そとにでるから、ゆっくり休め」
檻の中にはティッシュボックスとオマル、それに桃色毛布があるだけです。照明は薄暗くしてあるけれど、音楽はクラシック、ポップ、ジャズとチャンネルがあって、玲奈は、ピアノの音楽にしてもらいます。
<ああ、わたし、わたしって、なんなんやろ、どうして、こんなところに>
たった一人になった四畳半のアンティークな洋間。鉄格子の檻にはマットレスが敷かれ、毛布をかぶれば眠れます。恐怖におののく気持ちもやわらぎ、平穏とはいえないけれど、ショパンの音楽でこころがなごみます。

-41-
ガチャガチャっと音がして、マットに毛布をかぶって寝ていた玲奈の目が開きます。檻の扉を封じていた錠が外されたのです。
「玲奈、起きな、起きて、仕事だ」
鉄格子がはめられた畳一枚分の檻の外に、身体トレーナーの山中哲夫が右膝立ての座りで、玲奈に声をかけます。玲奈は、眠っていたのです。どれくらいの時間を眠っていたのか、玲奈にはわかりません。もう夕方です。でも監禁部屋には窓がなく、外の様子がわかりません。
「ああっ、わたし、眠っていたんですね、いま、何時?」
時刻を知ったところで、どうにかなるものではない玲奈ですが、これまでの生活習慣が、時間を気にさせるのです。
「うんうん、もう夜だ、玲奈が仕事を、はじめる時間だよ」
ピンクの毛布を退けると、スケスケ白地のワンピース姿の玲奈です。立てば膝下20㎝のワンピースですが、寝ていたせいで膝が露出し、太腿の半分までが露出です。
「ふんふん、玲奈、かわいいな、可愛い子だ、さあ、檻から出ろ」
鉄格子の右下部につけられた扉からは、四つん這いにならないと出られません。玲奈は言われるままに、檻のそとへでます。四畳半のうち畳一枚分が檻のなかですから、三畳と半畳が檻の外です。三畳の真ん中に160㎝×50㎝の長椅子ベッド、高さは80㎝が置かれています。
「布を脱いで、仰向いて、ここに寝ろ」
身体トレーナーの山中が、玲奈を、この長椅子ベッドに寝かせて、マッサージを施し、乳液を塗ってやるというのです。素敵なプロポーションをつくり、美肌をつくる。男が喜ぶ身体に仕上げられていくプロセスです。ワンピースを脱ぎ、全裸になる二十歳の玲奈。胸もそこそこ、腰が細く、臀部が丸みをもって豊です。この監禁部屋には山中哲夫と玲奈だけです。29才、身体トレーナーの山中には、マッサージを施しながら、玲奈とセックスすることが許されているのです。
「ああ、いいきもち、いい気持ですぅ」
長椅子ベッドに仰向いた玲奈の、胸から腹へ、腹から横腹へ、手の平に美容乳液をまぶしながら、マッサージを施している山中です。玲奈の足は閉じられたままです。恥丘に生える陰毛が、山中の情欲がそそってきます。
「ああん、そこ、ああ、ああん」
太腿の根元から膝までを、マッサージされはじめて、玲奈のちいさな声が洩れてきます。閉じられた太腿の内側へ、山中の手が入れられます。陰毛が生える恥丘から降ろされる山中の左右の手の平。微妙に、玲奈の股間の柔らか部分を触ってやると、玲奈が柔らかく反応してくるのです。
「はぁあ、ああっ、はっ、はっ、はぁああっ」
膝と膝の間を10㎝ほどひろげさせられた玲奈。山中の手が、股間をまさぐってきたのです。股間全部、右手の平を玲奈の尻の窪みから恥丘までにかぶせて、揉みほぐすのです。その時に山中の左手は、玲奈の乳房を左右相互に、揉んでやるのです。乳液をぬられて、股間と乳房をなぶられていく玲奈なのです。

-42-
縦160㎝横50㎝高さ80㎝の長椅子ベッドに仰向いて寝そべっている玲奈を、マッサージしていく身体トレーナーの山中哲夫。乳液をたっぷり手の平にすくって、首筋から乳房、臍まわり、太腿のつけ根、太腿、膝、足先へとたっぷりの乳液をぬりこみます。膝を10㎝ひろげられると、恥丘の陰毛を撫ぜた手が、股間へと入れられ、柔らかい唇を揉みほぐされてしまいます。手は伸ばしたまま、手の平は上向きです。
「あっ、あっ、ああっ、はぁああっ」
ヌルヌルにされた乳房と股間を、揉みほぐされる二十歳の芸大生玲奈が、うっとり、柔らかい声を洩らしてきます。乳首をつままれると、玲奈の声が甲高くさえずります。陰唇のそとがわを、根元から揉みほぐされると、膣のなかが、じんわりと濡れてきます。
「うっふふ、玲奈、からだ、起ってきたな、つぎは背中だ、うつむくんだ」
玲奈は、長椅子ベッドのうえ、背中をうえにして、寝そべります。山中は、やはり手の平に乳液をすくって、首の後ろから背中へ、臀部へ、太腿へ、ふくらはぎへ、マッサージの要領で、ぬっていきます。
「ああっ、ああっ、はぁああっ」
溜息のような声を、うっすらと漏らしていく玲奈。髪の毛を除いて、白肌のすべてに乳液をぬられた玲奈です。潤いある、光沢する、白い餅肌の玲奈になってしまうのです。
「いいね、玲奈、きれいだよ、とっても、ほうら、尻をあげてみよう」
160㎝✖50㎝の長椅子ベッドにうつむいている玲奈の腰に、山中が腕をいれ、臀部を持ちあがらせます。お尻を持ちあげられ、太腿をひろげられる玲奈。腕を伏せて頭を置いて、顔が下向きです。
「そのままじっとしてろ、じっとだよ」
「ああん、ああっ、ああっ」
山中が、両脇にベルトがつけられた丸棒を、玲奈の膝と膝の前に渡して、括りだしたのです。玲奈が勝手に股間を、閉じられないようにするためです。
「ほうら、もっと、尻を、あげろ、ほうら」
玲奈は、猫が伸びをする格好の背中となって、臀部を持ちあげられます。膝が50㎝、長椅子ベッドの横サイズにぴったし。臀部を持ちあがると、ベッドの右につけられたベルトが、脇腹から背中にまわって脇腹へ、ベッドの左のベルトに留められます。玲奈、お尻を持ちあげ、膝を50㎝にひろげられ、太腿は長椅子ベッドに垂直八の形にされたのです。
「ああん、ああ、ああ、こんなの、あああん、いや、いやっ」
カエルがお尻を持ちあげられて括られ、背伸びするメス猫がお尻を持ちあげられ括られた、そんな恰好で固定されたのです。
「うっふふ、玲奈、楽しませてもらうわ、ここは、おれ、ひとりだよ」
檻の前の長椅子ベッド。二十歳の玲奈が、羞恥の格好でにされたのです。山中が、臀部を持ちあげ、太腿をひろげた全裸玲奈の、高々と突き上げた臀部のまえに座ったのです。