1200sex1703270041
2017.1.13~
-1-
銀行の窓口係を務めている落合聡美が囚われているのは、宝塚の高級マンション10階、3LDKの一室です。村瀬慎吾が所有のマンションです。ここには調教部屋と見世物部屋それに監禁部屋の三つの部屋があります。リビングは待合室として使われます。
「もう、銀行の事なんか忘れろ、おまえは、ここで飼育される女だよ」
「それは、いけないわ、わたしを、飼育だなんて、いやです・・・・」
陰毛を隠すだけのピンクの布をつけた聡美が、肘掛椅子に座らされています。聡美の前には村瀬がパイプの丸椅子に座っていて、正面から聡美のからだを観察しているんです。
「銀行には怪我をして入院中、退職願いを出してあるんだから、ここにおればいいんだ」
「そんな、かなしいこと、わたし、行方不明になってるんじゃ」
「まあ、な、そういうことかも知れないな、ふふっ、だが、ここが、聡美の棲みかだよ」
もうどれくらいの日が過ぎ去ったのか、聡美がここへ連れてこられてから、数日ですが、聡美にはもう時間の感覚がつかみきれなくなっているんです。
「ほら、聡美、足をひろげてみろ、じっくり、観察してやるから」
陰毛を隠すだけのパンティを穿いていることで、聡美の羞恥心は、和らぐようにも、助長されるようにも、感じられるんです。男の村瀬慎吾には、素っ裸よりも、ひとつだけ着けさせていることで、エロ気分が増すというのです。
「はぁああ、足をひろげるんですか、はぁああっ」
「そうだ、そのまま、膝を、ひろげる、そうだ、それくらい」
身長160㎝、すんなり女の要素を備えた大学を卒業して銀行員になった聡美です。顔立ちは整って女子アナ風、裸体は胸はふくらみ、臀部は丸々、腰はくびれて、白い肌。男ならだれもが魅了される美貌です。肘掛椅子に座ったまま、膝を立て、太ももを開かされる聡美。
「ああっ、見ちゃいや、そんなに見ないでくださいぃ」
男の目線を感じて、聡美は、目を伏せ、目線を合わさないようにし、裸体を観察されていくのです。
「ふふ、いいねぇ、毎日、こうして、聡美を点検して、記録していくから、なっ」
村瀬と聡美の間は、村瀬が手を伸ばせば、聡美の胸に触れる距離。聡美には目の前に座られている感じです。村瀬慎吾は32歳、資産を相続してお金はたんまり持っている独身です。宝塚の高級マンションを買い取り、部屋を改造し、ショールームに仕立てたところなのです。

-2-
檻になった監禁部屋から調教部屋へ連れてこられた聡美は、いま肘掛椅子に座らされています。陰毛が隠すだけのピンクの布、スキャンティを穿いただけです、
「ほうら、足を、持ち上げて、ここに置いて、膝をひろげろ」
聡美が座る肘掛椅子の前、パイプ椅子に座る村瀬慎吾が、聡美の足首を持ち上げ、左右にひろげさせ、座部の縁に足裏かかとを置かせるのです。
「はぁああ、こんなの、はい、ああん」
聡美は開脚の状態で肘掛椅子に座って、Mの格好です。正面の手が届くところに座っている村瀬慎吾が、開脚Mすがたの聡美を弄ってやるのです。
「いい、おっぱいだねぇ、聡美、ぷっくら、おっぱい、いいねぇ」
「ああん、いや、いや、いやぁああん」
乳房に伸ばされてきた慎吾の手を、払いのけることを許されない聡美は、手腕をひろげ、胸を持ち上げる仕草で、村瀬慎吾に乳房を触られ、つままれ、揉まれだすのです。
「うっふふ、膝を閉じるな、うっふふ、聡美のおっぱい、やわらかいねぇ、たぷたぷ」
「はぁあ、ああっ、ああっ、ごしゅじんさま、ああっ」
聡美の顔が歪みます。目を薄くあけ、うつろに村瀬の顔を見る目つきです。ここまで慣らされてきた銀行の窓口係だった聡美です。
「膝を、閉じるな、ひろげろ、ひろげたままだ」
正面から裸の聡美を、立てた膝をひろげさせたまま、胸を張らせた聡美を弄っていく慎吾。聡美を連れ込んで、思いのままに飼育する。村瀬慎吾の性的欲望を満たせるための女として、拉致してきた聡美。
「ああっ、だめ、ああっ、いや、ああっ」
乳房を愛撫されながら、首から顎、顎から耳下、耳の裏、村瀬の右手で胸から上を弄られていく聡美。ゾクゾクとする感覚から、柔らかい愛撫される感覚へと変わってきます。胸を張り、腕を肘掛に置いたまま、膝は立て、ひろげておかなければいけないのです。
「はぁああ、ああっ、ああぅ、ああっ」
慎吾の左手が、聡美の膝を包みます。包まれた慎吾の手の平は、聡美の柔肌太ももの、内側を撫ぜながら、根元の方へと這わされます。慎吾の右手は聡美の乳房から顔へ、左手は膝から太もも、腰まわりまでを撫ぜられます。聡美は、こそばさとゾクゾク感の羞恥を与えられながら、からだを動かすと、きついお仕置きをされるのです。そうして我慢ができなくて、からだを動かしてしまうところまで、股間を除いて執拗に弄られます。

-3-
銀行勤めの22歳聡美がおこなう、調教部屋での最初は、34歳村瀬慎吾に奉仕しまくり、慎吾のからだの欲望を満たしてあげることです。縛られて、バイブ責めとかの調教は、慎吾がセックス欲求を満たしたあと、じわじわと時間をかけて行われます。聡美が毎日五回のアクメに昇ってしまうのが目安です。22歳の聡美には、セックス漬けにされ、クタクタになってしまいますが、しだいにセックスなしでは物足りないからだになっていくのです。
「はぁあ、ああっ、あああん」
おっぱいをまさぐられ、膝から太ももから腰回りまで愛撫され、肝心の股間の真ん中は触られないままの聡美です。肘掛椅子に開脚で、M姿で、陰毛を隠すだけのピンクの布をつけただけ聡美の前に慎吾が立ちます。
「男のチンポをかわいがる、上手にしゃぶるんだぞ」
四畳半の調教部屋、肘掛椅子に座って開脚、Mの格好になった聡美に、フェラチオの仕方を教え込む慎吾です。もう、慣れたとはいっても可憐な22歳の聡美です。村瀬慎吾が満足するように、微妙なタッチでチンポを咥えしごくことを、男の反応をみながら、おこなっていくよう教えられるのです。
「はぁあ、あああっ」
慎吾がブリーフを降ろした腰を、聡美の前へ突き出します。聡美が、見ます。そうして虚ろな目つきになって、まだ半勃起の、村瀬のモノを左右の手のひらに挟み、持ち上げます。
「そうだ、このときには、いったん皮を剥き切って、亀頭を突き出させるんだ」
手に挟むのは陰茎の真ん中で、陰毛の先に手元が触れるか触れないか、根元まで少し間を開けさせて、押し込ませます。
「ううっ、いいぞ、おおっ、唇にはさんで、挟んで、吸うんだ」
慎吾のチンポ、亀頭が剝き出て、カリ首が剥き出て、皮が剥けてしまう処まで。そうして、聡美は、亀頭からカリ首のところを唇に挟み、吸いながら刺激するんです。
「ふうううっ、すうううっ、ふうううっ」
聡美が、フェラチオしながら興奮してくる様子を、村瀬が観察します。唇をひろげさせ、陰茎の半分ほどまで口の中に含まさせ、陰茎の根元を手に握らせ、きつく握らせ、皮を剥くため、手を上下に動かさせます。
「チンポ、チンポ、おれのチンポで、フェラの練習、ほうらぁ」
「ううっ、ふうううっ、うううう、ううっ」
こうしているあいだに、22歳の聡美、いっそう虚ろになってきて、放心したような顔つきになってきて、まだ触られていない股間の真ん中が、びっしょりと濡れてくるのです。