120sx1210270052
-25-
布団に寝かされた聡美は、後ろ手に縛られ、乳房は亀甲縛り、一糸まとわない全裸です。村瀬が射精しておわり、次には美容師の入江康夫が、聡美と交情するのです。
「聡美、おれ、好きな格好、バックなんだ、バックスタイル、やりたいんだ」
康夫はバックスタイルからはいります。聡美を腹這いにさせ、臀部にまわり腰に腕を入れ、そうしてお尻を持ち上げます。
「ああん、だめ、だめ、こんな格好、いやぁああん」
後ろ手に括られている聡美は、顔を布団に埋める格好で、肩を布団に着けたまま、お尻を高くされ、太ももから膝は八の字です。
「ひぃやぁああん、ふううっ、ううっ」
「いいだろバックスタイル、おれの愛馬、聡美号だな、うっふふっ」
聡美の後ろで、布団に膝立ち、勃起チンポで、お尻の丸みを、ぺんぺんと叩く入江康夫は、29歳の美容師です。
「チンポ、いれてやるから、牝馬聡美号、いい声で、いななけよ」
入江が、持ち上げて広げさせたお尻から太もものつけ根を、左の手でまさぐります。縦割れの陰唇をひろげます。そうして膣口を露出させ、亀頭を挿し込みます。
「ああっ、いやぁああっ、あああん」
「おおっ、おお、おお、おおっ」
聡美の膣へチンポを挿し込み、腰を上下に動かす入江康夫。丸いお尻を突きあげて、股間を披露させる元銀行員の美女、聡美です。
「いいよぉ、聡美、おおっ、チンポ、絞めろ、もっと絞めろ」
康夫は聡美の背中に覆いかぶさり、腕を聡美の胸にまわし、二つの手の平を、双方の乳房にあて、亀甲絞りの紐の感触を味わいながら、乳房の張りを撫ぜさすります。
「ああん、いやぁああ、ああ、ああっ」
チンポをバックスタイルで挿入されたまま、乳房を弄られる聡美。顔を布団に着けたまま、呻きます。乳首を抓まれてしまう聡美。勃起チンポを膣の深くへ挿し込まれている聡美。
「おおっ、おおっ、もっと、もっと、鳴くんだ聡美」
康夫は、聡美の背中の括った手首を持って、裸体を起こさせます。頭を持ち上げさせます。聡美の上半身を布団と平行にさせます。後ろから、ぶっすり、ぶすぶすと膣にチンポを挿し込まれたまま、裸体を揺すられる聡美です。前から山内豊が、4Kカメラで聡美の顔をクローズアップ、起こされた胸がクローズアップ。膣にチンポが挿入されるところを、クローズアップで撮っています。
「ひゃああん、ひぃいいっ、ひぃやぁあ、ああん」
「ほうら、ほうら、聡美号、いけ、いけ、いけ」
ぶすぶす、ぶすぶす、入江のチンポピストンで、聡美が狂わされていきます、イクんです。

-26-
入江康夫のチンポピストンで、聡美が喜悦へのぼりだします。でも、緊縛された聡美が、イッテしまう寸前で、チンポが抜かれ、膣外射精をさせてしまう康夫です。
「ああん、あああん、はぁああ、ああっ」
後ろ手に縛られて、乳房を絞りあげられている聡美は、男から手を離されて、布団にカエルの格好。そのまま表向かされてしまった22歳の聡美です。大学を卒業して大手銀行に勤めだしたばかりの聡美。その整ったプロポーション、整った目鼻立ち、すぐにでもアイドルタレントになれる資質をもった感じの聡美。
「ほうら、ほんなら、つぎは、おれ、いただいちゃうよ」
栄養士の山内豊が、素っ裸になります。仰向いた聡美の足元から、膝を立てさせ、太ももをひろげさせ、その間に正座します。
「おっぱいちゃん、なぶって、すって、あげましょうね」
聡美の栄養管理を任されている山内は、腰を浮かし、後ろ手に縛られて仰向いた聡美の双方乳房を、手の平に包み込み触れるか触れないかギリギリで、なぶっていくのです。乳輪がふくれ、乳首が起った聡美の乳房です。軽く触れていくことで、聡美が微妙に感じていくことを、山内は経験の中で知っているのです。
「ああっ、ああっ、いやぁあ、ああっ」
聡美が、顔を横にして、目をつむり、微妙に呻きの声を洩らしてきます。股の間を弄っていくまえに、聡美を焦らせていくのです。聡美の白い肌は薄ピンク、うっすらと汗が滲んできています。股間はすでに濡れていて、べっちょりです。山内は、目の前にした聡美の柔肌を、なぶりながら、乳首を吸います。ぷちゅぷちゅ、音をたてながら、吸っていきます。そうして吸ったあと、唇を乳輪からツルツル乳房の膨らみに這わせていきます。
「ああん、いやぁああん、はぁああ、ああん」
聡美が、胸を揺すります。膝をひろげ、太ももをひらいていきます。山内は聡美の膝裏に腕を入れ、担ぐようにして腰を聡美の股間へ、近づけます。勃起させたチンポ。山内のモノはずんぐりですが太くて強靭です。亀頭が大きく、カリ首が鋭く切れ上がっているんです。
「ふふん、聡美、入れるよ、これで引っ搔いてあげるから、ねっ」
ぶすっ、亀頭が聡美の膣に、挿しいれられます。すでに先客で濡れている聡美のオメコです。でも、山内のチンポを締めつける弾力はたっぷりです。
「ほうら、入れちゃう、ほうらぁ」
「ああっ、ひやぁああっ、ううっ、ああっ、うううっ」
聡美の顔が引きつります。ぶっといチンポが膣に挿し込まれてきたからです。乳房に手を当てられたまま、チンポをぶすぶす、挿し込まれた聡美。屈辱と羞恥との、くやしさ喜悦にほんろうされています。ここは宝塚の高級マンション10階、3LDKの一室、六畳の広さ、調教部屋です。

-27-
全裸で上半身は後ろ手縛り、乳房を亀甲縛りにされている聡美。蒲団の上に仰向かされて、山内豊に抱かれているところです。聡美の股間をひろげさせ、勃起チンポを挿入させたままの山内豊です。
「いいねぇ、いい女やねぇ、聡美、最高だね、いいねぇ」
「ううっ、ああっ、あああん」
チンポを挿し込まれたまま、ピンピンに張った乳房に唇を這わされ、乳首を吸われている聡美。ずんぐりむっくり男の山内豊のしたで、身悶えしてしまう落合聡美です。
「ええ格好や、ええ声だしてくれるし、聡美、最高の玉、歌劇団の子だね、まったく」
カメラマンの大木伸介が、聡美がやられている光景をビデオに収めています。村瀬慎吾は、立ったまま、聡美が悶える光景を見ています。
「たっぷり仕込んでやって、SMショーに出演させてやるんだ、人気で出るぜ」
「そんなこと考えていますんや、村瀬師匠」
4Kカメラをまわしながら、大木と村瀬が会話しています。聡美が羞恥する姿が、男の情欲を揺さぶります。
「いゃああ、ああん、ああっ、許して、許してください、ああっ、おねがい」
先に終わった入江が、聡美の頭上にいて、観察しています。男四人と女が一人、宝塚の高級マンション10階、3LDKの一室です。
「いやぁああ、ああん、いやぁああ、ああん」
「ほうら、ほうら、聡美、もっと、わめけ、もっと、ほえろ」
頭上の入江が、聡美の耳元で、言葉をかけます。聡美には、その言葉も空しく、緊縛されて強姦される屈辱に、必死で耐えているところです。
「ううっ、おおっ、いいねぇ、聡美、めっちゃ締めつけるじゃん」
「ひぃいいっ、ひやあああん、ひやぁああん」
歯を食いしばり、顔を歪めてよこにふる、大学を卒業したばかりの銀行員、喜悦の落合聡美です。いよいよ、山内からの洗礼で、この場は終えられる手筈の聡美、六畳の調教部屋です。
「おおおっ、おおおっ、でそうや、スキンつけるぜ」
山内がいったん聡美から離れてスキンをつけます。蒲団の上に仰向いて、足をひろげ、股間を晒した格好で、咽ぶ聡美。つけ終えた山内が、ふたたび聡美に覆いかぶさり、聡美の膝を腕に持ち上げひろげて、チンポを挿し込み、腰をぐいぐい、前へ後ろへ、動かします。
「ひぃいいっ、ひぃいいっ、ひゃあああっ、ひぃいいっ」
「おおっ、おおっ、いくぜ、おおっ、でる、でる、でるぅ、ううっ」
「ひやあああ、ああ、ああ、ああっ」
山内の射精がはじまって、聡美の声がいっそう高くなります。縛られたまま、アクメを迎えさせられる落合聡美。山内豊の射精で終えられ、ぐったり、布団に仰向いたまま、気を失ってしまったのです。