1200sx1607280097
-10-
ぶすぶす、正面から挿しこまれる勃起おちんぽに優子、翻弄されています。
淫乱部屋と名付けられたマンションの一室、背もたれ椅子にお尻をおいている優子。
上半身、手を後ろにして縛られ、乳房が絞りあげられている姿です。
椅子の後ろからまわされた縄で、お膝がひろげられ、引き上げられています。
見るも無残な格好で、男子たちは大喜びのポーズ、恥ずかしい処が全開です。
「ひぃいい、やぁああん、ひぃいいっ、ひぃいいっ!」
ぶすぶす、ぶすぶす、翔太の勃起おちんぽは、長さが15cm、太さが5cmです。
「ほうら、優子、ええやろ、ほうらぁ!」
「ひぃいい、やぁああん、ひぃいい、やぁああん」
緊縛された上半身をくねらせ、悶える優子は大学二年生文学部、二十歳。
「おおっ、おおっ、優子、イッテしまうんかい、アクメへ!」
でっかい亀頭で、くびれたカリ首で、膣の襞をじゅるじゅるとこすられる優子。
優子のお顔が、喜悦にゆがみ、苦痛なのか快楽なのか、お声をあげちゃう。
「ひぃいいっ、ひぃいいっ、ひぃいいいい~っ!」
一秒間に一回から二回のピストン運動になって、いったん引き抜かれます。
そうして、スキンをつけられた勃起おちんぽで、優子、射精されちゃいます。
「ううっううっ、おおおおっ、でるでるでるぅ!」
「あああん、ひぃやぁあああん、ひいひいひいっ!」
翔太が、ピストンスピードを上げてきて、お顔をひきつらせて、こらえます。
優子だって、もう、身動き取れない裸体だけれど、ぴくんぴくんの痙攣です。
翔太が、優子のなかで射精したとき、優子は、まだアクメの一歩手前です。
「おおっ、でた、でた、出ちゃったよお!」
「ひぃやぁああっ、ひぃいいいい、いいいいっ!」
射精を受けて、ピクンピクンを感じて優子は反り返り、太もも大きく開きます。
ぐぐっと迫ってきたどん欲な快感、二十歳の優子、めっちゃ感じて狂ってしまいます。
ようやく、射精おわったおちんぽを、引き抜かれて、スキンの処理をされちゃう。
優子は、がっくり、でもまだまだ、あとひとり、健介を受け入れちゃうんです。
うずうずしているのは、三番手になった健介、そのまま優子に、抱きつきます。

-11-
淫乱部屋の背もたれ椅子に、開脚M姿にされている優子は大学二年生。
三人の先輩男子に連れられて、高級マンションの一室へ来てしまったんです。
手腕を背中で縛られ、胸の上下に縄が巻かれて絞られ、ぷっくら乳房の優子。
全裸の優子、開脚M姿だから、見られて恥ずかしい股間が、丸出しです。
光がおわり翔太がおわって健介が、優子に勃起おちんぽを挿入するんです。
「ええ顔いろやなぁ、優子、たっぷり、楽しませてもらうわ」
「はぁああ、ああん、きついのに、したら、あかんですぅ・・・・」
二人の射精をうけたあとの優子は、うっとり、お顔を赤らめ、放心しています。
健介のことばに、優子は、うめくような声で、応えてしまいます。
大柄の健介、優子の前のスツールに、座わって背もたれごと抱いています。
腰から突き出る勃起おちんぽ、優子のおめこにぶっすり、挿しこまれています。
「ああっ、あああん、はぁあああっ」
優子は、もう恥ずかしさをこえてしまって、光と翔太に見られるままです。
陰部に男性器を挿しこまれる様を、じっと二人に見入られている優子です。
健介が、ぶすぶす、じゅるじゅる、勃起おちんぽを挿して抜いての動作をします。
ぶちゅぶちゅ、健介、優子のおめこにおちんぽ挿しこみ、昂奮しています。
「おおおっ、優子、ええ、ええ、めっちゃ、ええでぇ」
ぶすぶす、ぶすぶす、スツールに座ったまま、お腰を前へ後ろへ、です。
優子だって、感じちゃいます、とっても、さっきより、もっともっと、快感です。
お股の奥、子宮の中、お腹全体が、うずうず、じんじん、えぐられる感じです。
「ひぃいい、やぁああ、ひぃいい、ひぃいいい」
後ろ手縛りにされたうえ、開脚M姿にされてしまって、真ん中へ勃起おちんぽ。
優子、文学部二年生、二十歳、すごい経験、男子たちに快楽へ導かれます。
「おおっ、優子、よう締まってるよぉ、お、め、こ、ぉ!」
健介、ぶすぶす、一秒間に一回以上のスピードで、挿し抜きしています。
「ひぃいい、ひぃいいい、ひぃいい、いいっ」
ひいひい、優子がお声をだしてくるから、健介、胸キュンキュン、しています。
そうして、健介、射精したい衝動に見舞われて、勃起おちんぽ抜いちゃいます。
スキンをつけて、優子のなかで、射精しちゃうんです。

-12-
手首を後で縛られて、木製の背もたれ椅子に座らされ、開脚M姿にされている優子。
乳房を絞り上げている縄が、大学二年生二十歳の優子には、痛々しい感じです。   
ぱっくりと広げられてしまった優子の股間、隠すものは何もなく、陰唇、剥き出しです。
スキンをつけた健介が、股をひろげた優子の膣へ、勃起おちんぽを挿しこみます。
「ほおらぁ、優子ぉ、ええやろぉ、ちんぽぉ」
「ひぃいい、やぁあああ、ひぃいいっ、いいいいっ」
すでにへろへろになっている優子、膣へぶすぶすっと挿しこまれて、たまりません。
あまりの快感、喜悦のお声をあげてしまって、健介だけじゃなく、光も翔太も喜びます。
「かわいい優子、われらのアイドル、ええ声やぁ、お汁でべちゃべちゃやん」
「ほんまやぁ、優子、おめこ、べちゃべちゃ、このままイクんやろ」
「ああああっ、ひぃやぁああん、ひぃいいいい~っ!」
ぶすぶす、健介のピストン運動スピードが、一秒間に二回の速さになります。
二回になったかと思うと、ゆっくりスピードになり、優子の気が静められるんです。
翔太が優子の乳首を指間に挟み、盛り上がる乳房を手の平に包んで揉みだします。
光は優子の頬へ手を当て、指で唇を割ってお口のなかへ、手を挿しこんでやります。
優子がアクメにのぼり、オーガズムを迎えたときの痙攣を、おさえるためにです。
「ほうらぁ、イクかぁ、優子ぉ、ほうら、ほうら、ほうら」
ぶすぶす、ぶすぶす、ふたたび健介のピストン運動が、速められて、一秒に二回です。
「ひぃいいっ、ひぃいいっ、ひぃいいい、うううう、ぐぅうううっ!」
優子、太ももをぎゅっとひろげ、お膝を揺すりだし、つま先に力を入れちゃいます。
おっぱいがぷっくら膨れあがって、乳首がぴんぴんになってきちゃいます。
「ううううっ、ぐぅうううっ、ううううっ!」
お顔をあげ、胸を突出し、足をぎゅっと開いて、その真中へ、勃起おちんぽが、です。
ぶすぶす、ぶすぶす、ピストンスピードをあげた勃起おちんぽ、優子、アクメにのぼります。
「ひぃいいいい~~っ、ぐぅうううっ、ううううっ、ひぃいいいい~~!」
優子のオーガズム、二十歳、大学二年生、だれも見たことがない優子のアクメです。
ぴしゅんぴしゅんとおしっこ飛ばし、太ももぴくぴく痙攣させて、優子、気を失います。
緊縛されたまま、開脚M姿にされたまま、アクメにのぼってがっくり、気を失った優子です。