愛の巣写真と小説集

愛の巣写真と小説集です

愛欲の巣

愛欲の巣(1)-1-

愛欲の巣(1)-1-
 1~12 2013.2.6~2013.2.20
    1200sx1405050117
-1-

<山荘へ連れてこられた山野由美>

大学二年生の山野由美ちゃんが、美食研の先輩男子三人に、誘われたんです。
美食研究会、美味しい食べ物をリサーチして、ネットに流すサークルです。
研究会の先輩男子の名前は、村井良平、山岸亮真、大窪武志、大学四年生です。
京都は大原の山の中、かってはある作家の別荘になっていた和風の建物です。
いまは、レンタルスタジオ、映画のロケなんかに使われたりします。
村井君はお家が祇園のお料理屋さんの御曹司です、跡取り息子さん、お金持ちです。
山岸君は東京の子、大窪君は博多の子、ともにまだ就職先が決まっていません。
「だからさぁ、だまってりゃ、それでいいんだよ、山野由美、よぉ」
「そやかって、こんなこと、あかんやん、わたし、困ります」
「まあ、おれらについてきたんやから、覚悟してもらうよ」
村井君のレクタスに乗せられて、大原山荘へ連れてこられた由美ちゃん。
大きな洋室は16畳のフローリング、その横に四畳半の洋室と和室が。
愛欲の巣って呼ばれたりする、噂の館、女の子がよろこばされる大原山荘です。
「ほんりゃあ、山野ちゃん、裸にしてやるからよぉ」
「ああん、それわ、だめですよぉ、約束がちがいますよぉ」
手首を合わせて括られている由美ちゃん、赤いじゅうたんにおんな座りです。
大原の山荘へ、美味しい料理を食べに、と美食研サークルで誘われたんです。

レンタルスタジオだから、照明設備とか、恥ずかしいお道具とかがあります。
へんな格好をしたお馬さん、電動仕掛けの椅子、壁には大きな鏡とか
天井には荷物を移動させる滑車とか、鉄棒のようなものとか、テーブルとか。
「ほら、立てよ、山野由美、ほらぁ」
手首を括った赤いロープを、東京出身の山岸君がもちあげ、由美ちゃんを立たせます。
由美ちゃんの格好は、黒スパッツにグレーのミニスカート、白いふんわりブラウスです。
もちろん、インナーはカットソーにブラジャー、白いショーツ。
「あああん、どうするんですかぁ、だめですよぉ」
天井から降りてきた滑車に吊られたフックに、手首の赤いロープが掛けられます。
「ふふん、ええ仕掛けやぁ、大村久美のときはちょっとメスったけどぉ」
由美ちゃん、山岸君の口から久美の名前が出てきて、ハッと驚きです。
知ってる、久美、大村久美、可愛い子、由美ちゃんより劣るけど、可愛い女子。
「ああっ、なにするん、ああっ、だめですよぉ」
手首が持ち上がっていって、頭の上に手がかぶさるところまで、あがってしまう。
十六畳の広い洋室、その横には四畳半の和室と洋室が隣接してあります。
調度品は昭和か大正時代やろ思われる家具とかの調度品がある山荘です。

-2-

八畳間をつないだ十六畳の洋室、天井の真ん中から、滑車が吊るされています。
由美ちゃんの手首を括った赤い紐が、滑車から降りたフックに留められています。
「ほんなら、山野由美ちゃん、さっそく、いただかせてもらうわ」
祇園の料理屋の御曹司、村井君が、由美ちゃんのスカートに手をかけて、いいます。
「ああん、そんなん、あかん、だめですよぉ」
手を頭の上に吊るされて、降ろすことができない由紀ちゃん、大学二年生です。
村井君は、そんな由美ちゃんの言葉を無視、グレーのミニスカートをめくってしまいます。
黒いスパッツを穿いてる由美ちゃん、無言で山岸君がうしろから、脱がしてしまいます。
「あああん、やめてくだいよぉ、あかんですよぉ」
由美ちゃん、二十歳になったお祝いに、三人の男子先輩から、輪姦されちゃう。
抵抗するも手を頭上で留められている由美ちゃん、スパッツが足首から抜かれます。
その下に穿いている白いショーツも、脱がされてしまって、下半身、裸です。
「おおおおっ、ええやん、さっそく、山野由美、頂いちゃうぜ」
男子三人、村井君、山岸君、大窪君、事前に打ち合わせをしてあったんです。
由美ちゃんを、だれがどのようにして、セックスするか。

壁面に張られた大きな鏡、スタジオセットが組まれてあって、照明もあります。
山岸君が由美ちゃんを後ろから抱きます。
大窪君が床に膝を置いて座り、由美ちゃんの左足を肩担ぐ格好になります。
右だけの片足立になってしまう由美ちゃんを、正面から村井君が抱いてきます。
ブラウスのボタンがはずされ、カットソーがめくられ、ブラジャーがはずされます。
村井君、右手を由美ちゃんの股間にいれて、左手でおっぱいをまさぐります。
「あああん、ひぃやぁああん、あああん」
後ろからは山岸君が羽交い絞めしていて、由美ちゃんが崩れないように。
大窪君は由美ちゃんの左大腿部、つまり太ももを肩にかついで、持ち上げます。
村井君、由美ちゃんのおっぱいをまさぐり、股間をまさぐります。
股間へ入れた右手では、指をくっつけ皿にして、股間を包んでこすります。
由美ちゃん、美食会の先輩男子三人から、順次オチンポ挿入されていくんです。
村井君、下半身裸になってしまって、オチンポ剝いて、由美ちゃんへ挿入です。
正面から、腰を下げ、大窪君が持ちあげた、由美ちゃんの太もも股間へ、ぶすっ。
まだ濡れていない由美ちゃんの、硬い膣のなかへ、亀頭が埋め込まれてしまうんです。
「ひぃやぁああん、あああん、だめですよぉ」
「おおおおっ、はいったよ、チンポ、入ったよぉ!」
村井君、由美ちゃんのおめこへ、オチンポ挿しこんで、あへあへあへと呻きます。

-3-

立ったまま、左のお膝が持ち上げられて、そこへぶすっ、ぶすっと挿しこまれるオチンポ。
由美ちゃんは後ろから、山岸君に羽交い絞めされ、おっぱいをなぶられています。
床に座った大窪君には、お膝から太ももを、肩に担がれ持ち上げられています。
「おお、おおっ、ええわぁ、ええよぉ、山野由美ぃ」
村井君が勃起させたナマオチンポを、正面下から突き上げて、挿しこむんです。
「ひぃやぁあ、ああん、やめて、やめて、ひぃやぁああん」
由美ちゃん、手首は括られ、頭のうえに持ちあがってフックに留められています。
それに後ろから抱きかかえられ、左足を持ち上げられていて、股間丸出しなんです。
ぶすぶす、ぶすぶす、村井君のナマオチンポ、突き上げの威力は強烈です。
「あああん、だめ、だめ、だめですぅ」
「いやぁああ、山野由美ぃ、ええよ、めっちゃ、ええ気持ちぃ」
「ひぃいい、やぁああん、ひぃいい、やぁああん」
窮屈な姿勢で、まだ半濡れで、オチンポ攻撃を、必死でこらえる由美ちゃん。
「ほんなら、バックから、してやるよ」
由美ちゃんの頭上のフックが降ろされて、紐がゆるむけど、解いてもらえません。
村井君、由美ちゃんの後ろへまわり、山岸君が前にまわって、抱きかかえます。
由美ちゃんの左足が降ろされ、左右の足首が床に着きます。
半裸の上半身が床と並行になり、足は80cmひろげる格好の由美ちゃんです。

お尻が丸出し、足をひらいているから、股間が丸出しになっている由美ちゃん。
上半身、左右から、山岸君と大窪君に抱えられ、おっぱいをまさぐられます。
そうして、村井君が、由美ちゃんの後ろから、勃起オチンポ、挿してしまいます。
「うううっ、わぁああん、ああっ、ああっ、あああん」
半裸の上半身は男子二人に抱きかかえられて床に平行。
手首を頭においた由美ちゃんのお顔が、浮いて大きな鏡に映っています。
「ほうら、山野由美ぃ、おおおおっ、ええわぁ、ええよぉ」
ぶすっ、ぶすっ、村井君は、由美ちゃんのお尻を手の平で割り、挿しこみます。
勃起オチンポが、可愛いアイドル由美ちゃんの、おめこへバックから挿されます。
大原山荘16畳間のスタジオで、大学二年生の由美ちゃん、輪姦されているんです。
「はぁあ、ああん、はぁあ、ああん」
ぶすぶす、ぶすぶす、後ろから勃起したオチンポ挿しこまれるけど、お顔が見えない。
由美ちゃん、無残、残酷、足をひろげられ、上半身を左右から男子二人に抱かれたまま。
おめこへ、村井君の勃起オチンポ、ぶすぶす、ぶすぶす、挿しこまれていくんです。
由美ちゃん、なにが起こっているのか、もうなにがなんだか、わかりません。
美食研の先輩男子三人に、連れてこられた山の中、大原山荘のスタジオです。
先輩男子、村井君、山岸君、大窪君と順番に射精されて、それからです。
ねちねち、たっぷり、由美ちゃん、いたぶられ、可愛がられて、イカされるんです。

-4-

村井君にはバックスタイルで、後ろから、ぶすぶすされてしまった由美ちゃん。
おわったと思ったら、つぎは山岸君、大学二年生の由美ちゃんを、ものにしちゃいます。
山岸君は、正面からするといって、由美ちゃんを背もたれ椅子に座らせるんです。
背もたれ椅子、手首は括ったまま、頭のうえに置かせて、下半身裸の由美ちゃん。
きっちり背もたれに背中をつけさせ、山岸君、由美ちゃんと向きあい一緒に座ります。
「ほんなら、山野由美ちゃん、おれ、させてもらうわ、なぁ」
「ああん、だめ、ですよぉ、だめ、だめ、だめですぅ」
山岸君が、由美ちゃんのお膝を腕に担ぎ上げ、お股をひらけちゃう。
そうして、勃起した、オチンポ、由美ちゃんのお股の真ん中へ、挿しこむんです。
村井君がスキンの処理をおえて、背もたれ椅子の後ろへまわります。
山岸君が持ち上げた由美ちゃんのお膝を、村井君が持ち上げます。
背もたれ椅子に開脚Mの姿になった由美ちゃん、股間が丸出しです。
「ふふううん、ゾックゾックやなぁ、山野由美の、おめこぉ」
「ああん、だめですよぉ、あし、離してよぉ、ああん」
山岸君、ちょっとお尻を浮かせて、勃起オチンポの先っちょを、由美ちゃんに。
真上から、大窪君がデジタルカメラで、その光景を撮っています。

ぶすぶす、山岸君のオチンポが、由美ちゃんのおめこに埋まっていきます。
「おおっ、ああっ、ええわぁ、ああっ」
ぶすっと挿しこんでしまって、山岸君、由美ちゃんのお顔をさわってきちゃいます。
「めっちゃ、締まってくるやん、山野由美ちゃん、最高だよぉ!」
勃起オチンポ、由美ちゃんのおめこに挿しこんだまま、おっぱいもさわります。
ぷっくら、膨らんだ由美ちゃん、大学二年生の乳房を、さわっちゃう山岸君。
そうして、お腰を少し後ろへ引いて、オチンポ、半分、抜いちゃうんです。
由美ちゃんは、とっても複雑な気持ちに見舞われてきます。
下半身を剝きだされてしまって、お膝をひろげられ、勃起オチンポ、入れられる。
「ひぃやぁああん、ああん、だめですよぉ、あああん」
でも、先輩男子が、憎いわけではなくて、なんか複雑な気持ち、わけわからない。
「いいねぇ、由美ちゃん、だれにもゆうなよ、秘密だよ」
ぶすぶす、東京出身の山岸君、手慣れた感じで、由美ちゃんをよろこばせます。
「ひぃいい、やぁああん、ああん、せんぱいぃ」
ぶっすり、勃起オチンポ挿しこまれて、由美ちゃん、悲しいんじゃなくて嬉しい。
嬉しいわけがなくて、どういえばいいんでしょうか、めっちゃ複雑な気分です。
ぶっすり挿しこまれたオチンポがうごめくなか、おっぱいをモミモミされる由美ちゃん。

-5-

背もたれ椅子に座った由美ちゃんの、まえに座った山岸君、ぶすぶす、抜き挿し。
「ああ、ああ、ああっ」
「ええやろ、ほら、ほら、ええやろ」
「ひぃやぁああん、ひぃいいっ」
「いけ、いけ、ほら、ほら、由美ちゃあん」
「いっやぁああん、あかん、あかん、だめですぅ」
「おおおおっ、ええわぁ、めっちゃ、ええわぁ」
山岸君は、由美ちゃんのおめこに勃起オチンポ、ぶすぶすと、挿しては抜きます。
後ろから、村井君が由美ちゃんの、お膝をひろげて持ち上げているんです。
「大窪、ばっちし撮っとけよ、エッチな由美を、なっ」
「おっけぇ、撮ってるよ、ばっちし撮ってるよぉ」
山岸君のオチンポが、由美ちゃんのおめこへ、ぶすぶす、ぶすぶす、入ります。
「ううううっ、ああん、いっやぁああん、あああん」
由美ちゃん、ずんずん刺激を注入されて、身も心も、感じだしてきちゃいます。
ナマのオチンポを挿入している山岸君、出す前にはスキンをつけてあげます。
「だからさぁ、つけて出してやるからさぁ、あんしんしろよ」
オチンポ抜き去った山岸君、スキンの袋をやぶってつまみ、オチンポにかぶせます。
そうして、いきり立たせたオチンポを、ふたたび、由美ちゃんへ、ぶすぶすっ。

大原山荘のスタジオ、大学二年生の由美ちゃん、美食研の先輩からされています。
スキンをかぶせた勃起オチンポで、由美ちゃん、おめこのなかこすられるんです。
「おおおっ、とろとろ、いいねぇ、由美ちゃん、いいよぉ」
「ああん、だめですぅ、あかんですぅ、あああん」
「おおっ、ええわぁ、めっちゃ、ええわぁ、出そうやぁ」
山岸君、由美ちゃんのおめこへ、勃起おちんぽ挿しこんで、射精しちゃうんです。
ぐぐっと迫ってくる快感に、山岸君、お顔をゆがめて踏ん張って、ぶすぶす。
発射させる寸前まで、オチンポ、おめこの襞でこすっているんです。
由美ちゃんだって、休みなく、ぶずぶず刺激を与えられ、いいいいイッテしまいそう。
「ああああん、あああん、ひぃいい!」
「おおっ、由美ちゃあん、おれ、あかん、だす、だす、だすよぉ!」
由美ちゃんのなかへ挿しこんだまま、ぴゅんぴゆん、スキンのなかで射精。
山岸君の射精をうけて、由美ちゃん、99%まで登ったけど、寸前でイケません。
でも、まだ、もうひとり、大窪君がひかえているから、イッテしまうかも、です。
スキンをつけて由美ちゃんのおめこのなかで射精して、一息いれて抜きます。
抜かれたあとの由美ちゃんは、そこそこぐったり、放心した表情です。
でも、すでに、大窪君、勃起オチンポ握って、由美ちゃんに接近しています。

-6-

背もたれ椅子にお股をひらかれて座っている由美ちゃんへ、大窪君がいどみます。
勃起させたオチンポ、びんびん亀頭を、由美ちゃんのおめこへ、ぶすっと挿されます。
「おおっ、いただいちゃうよぉ、おおおっ」
ぶすぶす、大窪君の勃起オチンポを咥えてしまった由美ちゃん、もうアクメ寸前。
山岸君のあとを継いだ大窪君は、これからぶすぶす、射精にまで、いくんですけど。
「はぁあ、ああん、だめ、だめ、はぁああん」
由美ちゃん、もう、放心状態、意識も朦朧としているようにも見えちゃいます。
「めっちゃ、カワイイやん、由美ちゃんのお顔、いいねぇ、いいねぇ!」
大窪君が由美ちゃんと、椅子に座って向き合って、性器を結合させているんです。
村井君には後ろから、お膝を持たれ、お股をひろげられている由美ちゃん。
そこへ大窪君が勃起した、オチンポで由美ちゃんを、責め責めしているところです。
「ほら、ええよぉ、おおっ、ええわぁ、おおっ」
ぶすぶすと挿しこんで、じゅるっと抜き出す大窪君、その行為を言葉にします。
「ああん、あっはぁああん、ひぃいいやぁああん」
「ええっ、ええわぁ、めっちゃ、由美ちゃんよぉ、ええよぉ!」
ぶすぶす、由美ちゃん、もう、あくめ、アクメ、オーガズム、こらえます。

大原山荘のスタジオで、背もたれ椅子に座る由美ちゃん、手は括られて頭の上。
男子三人に連れられてきて順番に、セックスされている最中です。
村井君がバック責めで終え、山岸君が正面責めで終え、大窪君の最中です。
三人目の男子、勃起オチンポで責められて、おからだ高揚していて、アクメ寸前。
「ひぃいい、ひぃいい、ひぃいい」
「いいねぇ、ほうらぁ、いいねぇ、おおおっ」
ぶすぶす、ぶすぶす、挿されて抜かれて、挿されて抜かれて。
「ひぃいいっ、ひぃいいっ、ひぃいいいい~!」
ずんずん、由美ちゃん、のぼらされていて、もうアクメ、オーガズムです。
「ほうら、いけ、いけ、いってもええよぉ!」
「あああああっ、ひぃいいいいっ、ひぃいいいいい~!」
「おおおおっ、でる、でる、おれ、でそうやぁ!」
そこで大窪君はオチンポ抜き取り、素早くスキンをかぶせて、挿入します。
由美ちゃんの高揚が下降するまえに、もうスキンオチンポ挿入してしまう。
「あああん、ひぃいい、ひぃいい、いいいい~~!」
由美ちゃんのお声が、アクメを迎えたことを知らせる声質に変わっています。
ピンピンに張った由美ちゃんの肌が、ピンク色に染まって、ぴしゅんとお小水。
大窪君の陰毛のあたりへ、果てていく由美ちゃんの愛の証が、飛んじゃいます。
こうして、最初のいっかいめ、三人の男子の射精が、おわっていったんです。

-7-

<恥辱椅子にアイドル由美ちゃん>

由美ちゃんは、二十歳になったばかりの大学二年生、カワイイ女子学生です。
学園祭で、美女コンテストがあって、由美ちゃん、応募したんです。
そうしたら、投票の結果、二年生の部グランプリ、美女に選ばれたんです。
クラブは美食研、美味しいもんを発掘して食べ歩き、ネットに報告するクラブ。
先輩の男子三人に連れられて、由美ちゃんは大原山荘へ、美味しいもんを食べに来た。
それが男子たちの魂胆で、その山荘は貸しスタジオで、由美ちゃんを撮影するためです。
撮影と云っても、めっちゃエッチなことをされながら、写真と動画に撮られていくんです。
「だから、さぁ、由美、もう一回ずつされたんやから、親近感わいてきたやろ」
「そんなことないですよぉ、わたし、こんなこと、いやですよぉ」
お洋服を着た由美ちゃん、ブラウスにミニスカート、ハイソックスとインナーです。
「いややゆうたって、由美の映画と写真集、作るんやから、さぁ」
「まあ、な、美女コングランプリ記念、ええやん、売れるぜ」
「いやですよぉ、なんてこと、そんなのだめですよぉ」
お洋服を着たまま、手を後ろにまわして括られて、胸にロープがまかれています。
「売るってのは、やめとくけど、鑑賞会やったら、ええやろ」
四畳半の和室、その名前は女子羞恥の間、スタジオに隣接の和室です。
狭い部屋に、美容院で使われるような椅子が置かれていて、壁一面が鏡です。
スポットライトがあり、お道具カバンがあり、カメラの三脚があり、造りは和風です。

「ほんなら、由美、ここは女子羞恥の間ってゆうんや、じょししゅうちのま」
祇園の料理屋さんの御曹司、村井君が仕掛け人らしくて、精通してるみたい。
「おれ、由美がさぁ、縛られてる格好、想像するだけで、射精しちゃうんやで」
目の前に、カワイイアイドル由美をおいて、恥ずかしげもなく、ゆうんです。
由美ちゃんは、すでに三人の男子に、セックスされた後だから、変な気分です。
「はぁあ、ああん、そんなの、いやですよぉ、あああん」
東京出身の山岸君が、SM雑誌のページを開けて、由美ちゃんに見せちゃいます。
「ええやん、美女コングランプリの由美がさぁ、この写真の子になる、なんてぇ」
雑誌の中の女子は全裸、手を後ろに括られて、足も括られ、お股が開いてる。
「いやぁああん、そんなの、恥ずかしいことぉ」
手を後ろにして括られ、ブラウスのうえから胸にロープが巻かれている由美ちゃん。
女子羞恥の間に置かれた椅子の名は、恥辱椅子、はじはじいすです。
「ええ名前やろ、恥辱椅子、由美、きっとうれし泣きしちゃうよ、ふふん」
美容院の椅子、でも電動仕掛けの恥辱椅子、その椅子に座った由美ちゃん。
「足を、こうして、ベルトで、括って、手は、いったんほどいてあげるよ」
足をのせる処は左右にひろがり、アームになって動く装置です。
恥辱椅子は、女の子を開脚M姿にさせてしまう椅子、手は横にひろがります。

-8-

手をほどかれ、椅子の肘掛につけられたベルトにとめられてしまいます。
足首と手首を、美容院の椅子のような電動で動く恥辱椅子に、ベルトで括られます。
ブラウスにミニスカート、ハイソックスとインナー、由美ちゃんが身にまとってるもの。
ミニスカートを穿いていて、太ももが、もう根っこのところまで見えてしまいます。
足首が左右に30cmほど開いた状態で、インナーのショーツが見えちゃいます。
「ほほっ、由美、こうして椅子に座った図なんて、さまになるよねぇ」
「なんてったって、美女グランプリの由美さま、素敵ですよぉ」
ここは四畳半の和室、女子羞恥の間、電動仕掛けの恥辱椅子に座らされた由美。
「ああん、こんなん、あかんですよぉ、ほどいてよぉ」
手首を、足首を、ベルトで括られて、恥辱椅子にお尻を置いている由美が言います。
「ふふふん、まあ、なっ、ええやん、由美、たっぷり、ふふん」
レクタスを愛車にしている村井君、アイドル由美をセフレにしてしまおうとの魂胆。
恥辱椅子の前は、十六畳のスタジオで、開かれているけど、三方は壁です。
右の壁面には大きな鏡が張られています。
左の壁面は書棚があって、お道具箱を置く台があって、革のカバンが置かれています。
天井は鉄のパイプが井の字に組まれていて、ロープがかけられます。
女子羞恥の間、ここは女子がめっちゃ恥ずかしい、気持ちにされちゃうお部屋です。

「ああっ、あああっ」
由美ちゃん、座っている椅子、足と手が、ひろがっていくので、驚きのお声です。
「どうなるの、ああっ、足がぁ、ああっ、手がぁ、ああん」
足首がひろがってきて、手がひろがってきて、足があがってきて、大の字みたいに。
「ふんふん、ええ感じや、由美の服を、脱がしてやんなきゃあ、なぁ」
「ああん、いやぁああん、そんなの、あかんですよぉ」
背もたれが後ろに15度倒されて、腕が120度に拡げられ、太ももが90度に拡げられ。
ミニスカートが、太ももからはみ出て、お尻のところまで、めくれあがってしまったんです。
「ほうら、ほうら、アイドル由美、とっても、とっても、魅力だよ」
「いやぁああん、こんなの、いやぁああん、あああん」
由美ちゃん、ようやく、なにが起ころうとしているのか、察しがついてきて、驚きです。
「ふふん、白いショーツを穿いてるんや、真っ白やぁ」
ハイソックスがお膝までを包んでいて、太ももの根っこからは白いショーツ。
ほぼ大の字にされてしまった由美ちゃん、お洋服は着たままとはいえ、羞恥です。
男子三人に囲まれて、恥辱椅子に変形大の字すがたにされている由美ちゃんです。

-9-

恥辱椅子に変形大の字にされ、足首と手首がベルトで結わえられている由美ちゃん。
スタジオに隣接している四畳半の女子羞恥部屋、由美ちゃん、お弄りされていくんです。
「ほんなら、よぉ、美女コングランプリの由美さま、剝いてあげましょうねぇ」
「だめですよぉ、なにするのよぉ、やめてよぉ」
「あんまり声出したら、さるぐつわ、するぜ、由美よぉ」
村井君、山岸君、大窪君、由美ちゃんがおかれた恥辱椅子の正面と左右に立っています。
東京出身の山岸君が、由美ちゃんの右横から、ブラウスのぼたんをはずしにかかります。
大阪出身の大窪君は、ビデオカメラ係、由美ちゃんの左横に立って、カメラを向けています。
「いいよねぇ、ゾクゾクしちゃうじゃないですかぁ、山野由美ちゃんよぉ」
由美ちゃん、手首と足首だけを固定だから、お尻とかは動かせるんです。
でも、動かせる、抵抗できるといったって、なんにもできないのと同じです。
「いやぁあん、やめてよぉ、やめてくださいよぉ」
ブラウスのボタンがはずされ、ブラジャーが持ち上げられ、胸が露出しちゃいます。
「ええ乳してるよねぇ、ぷっくら、盛り上がってるんだよなぁ」
由美ちゃんの胸を剝きおわった山岸君が、盛りあがったおっぱいを触りながら言います。
肌よりも少しだけ濃い色した由美の乳首を、御曹司村井君が、軽くつまんじゃいます。
「あとで、吸わせてもらうわなぁ、由美、ええ味するんやろなぁ」
そんな男子のことばを聞いて、由美ちゃん、羞恥のなかへ落とされていきます。
でも、まだまだ、これから、由美ちゃん、めっちゃ羞恥に見舞われちゃうんです。

胸がひらかれてしまった由美ちゃんの、つぎはパンティを脱がされちゃう番です。
足首からお膝太もも、右と左の開いてる角度は90度です。
上へ持ち上げられた足首、お膝を閉じれて閉じても60度に開いたままです。
「ふふふふふ、どうしてあげようかなぁ、美女グランプリ由美さまぁ」
「そりゃ、はさみで切っちゃうのが、筋ではなかろうか、だろ」
山岸君、すでにお道具箱から、ハサミを取りだしているじゃありませんか。
「ふふん、いいアイデアでしょ、ぷっつん、股布を、切っちゃうなんてさぁ」
二十歳になったばかり、大学二年生の由美ちゃんに、その言葉はキツイです。
でも、男子たちに、容赦はありません、にたにた、笑い顔の村井君。
「素っ裸にして、レクサスにのせてよぉ、いじくりまわしてやりてえなぁ」
四畳半の羞恥の間、恥辱椅子に大の字にされている由美ちゃん。
ともあれ、パンティの股布を、ハサミで切られてしまうはめになっていきます。
「テープカットちゃうなぁ、由美のパンティカット、それやね、やってやれよ」
料理屋の御曹司村井君のことばで、山岸君、由美ちゃんのパンティカットです。
「あああっ、そんなの、だめよぉ、やめてよぉ」
由美ちゃん、抵抗するにもできなくて、声をだすしかすべがありません。
ぶすぶすぷっつん、由美ちゃんの穿いているパンティの、股布が切られたんです。
「おおおっ、すっげぇ、山野由美の股が、丸見えに、なっちゃったじゃん!」
秘密のベールに包まれていた美女グランプリ由美ちゃんの、股間が丸見えになった。
男子の視線は、超カワイイ女の子由美ちゃんの股間に、釘づけ、生唾のんじゃうぅ。

-10-

恥辱椅子に変形大の字のかっこうで、手首と足首を括られている由美ちゃん。
パンティの股部分がハサミで切られてしまって、股間が丸見えになりました。
「あああん、そんなに、見たらぁ、あああん、恥ずかしいよぉ」
四畳半の羞恥の間、恥辱椅子の形が変わって、由美ちゃん、開脚Mの字です。
「ふふふふん、ほうら、ええ格好になってきたでしょ、はじはじいす!」
「たっぷり、見てやれるよなぁ、おお股びらきぃ!」
「ほんま、ほんま、美女コングランプリ山野由美の、お、ま、ん、こぉ」
腕をひろげた上半身が、斜め後ろ45度に倒されて、足が浮き上がります。
「いやぁああん、こんなの、あかんですぅ、ああん」
足首が開いて持ち上がり、お膝がひろがってしまいます。
由美ちゃん、三人の男子が目の前にいるんです。
その男子たちの目線が、ひろげられたお股に注がれているのがわかります。
逃げも隠れもできない由美ちゃん、お膝を閉じたくても開かれたまま。
先に、三人の男子は、由美ちゃんのなかで射精しちゃったから、余裕です。

恥辱椅子のまえに丸いパイプ椅子をおいて座る三人の男子。
真ん中に村井君、右に山岸君、左に大窪君。
ちょうど三人の目の高さの少し下に、由美ちゃんの股間が見えるんです。
「ほんならよぉ、山野由美の、お、め、こ、びらき、してやるかなぁ」
真ん中に座った村井君に、由美ちゃんを開いていく権利があるみたいです。
上半身はブラウスもブラジャーも乱れたまま、乳房が丸出し状態の由美ちゃん。
腰からしたは、ハイソックスを穿いたまま、ミニスカートはお尻までめくられたまま。
「ああん、だめですよぉ、ああん、村井せんぱいぃ、だめですぅ」
由美ちゃん、哀願、まだ触られていないけど、お股に近づく村井君の手です。
「見てやるよ、由美ぃ、たっぷり、見させてもらうよ、おめこぉ」
ペタンと村井君の手が、由美ちゃんの太ももの根っこにあてがわれます。
ちょうど、陰唇を手の平で挟むかっこうになって、秘密の扉がひらかれていくんです。
「ぞっくぞっく、陰毛ってさぁ、由美のばあい、陰唇のまわりにも、生えてるんや」
生えてるってっても、ちょろちょろ、数本レベルですけど、生えているんです。
足を開脚Mのかっこうにされた由美ちゃん、おめこ丸出しで、羞恥の極みです。
羞恥の間、恥辱椅子に座った、がっこうで美女グランプリ受賞の山野由美ちゃん。
二十歳になったばかりの大学二年生、いよいよ、おめこ、開かれていきます。

-11-

恥辱椅子は、女の子にとって、めっちゃ恥ずかしいことされる椅子です。
見かけは美容院の椅子みたいですけど、電動で変形しちゃうんです。
ええ、女の子、由美ちゃん、手首と足首が椅子のアームに括られています。
手がひろげられ、足がひろげられ、大の字すがたですけど、足はMの字形です。
お股と両膝の角度が90度から120度にひろげられてきています。
「すっごい、めっちゃ、みごと、アイドル由美の、お、め、こぉ!」
山岸君が、生唾、ごっくん飲み干して、由美ちゃんの股間に見入っています。
大窪君はビデオカメラを手にして、由美ちゃんの羞恥姿を、克明に録画しています。
「ああん、だめですぅ、あああん、恥ずかしいですぅ」
手を横にひろげられ、斜め後ろに倒されている由美ちゃんは、羞恥の極みです。
目をあけてたら、恥ずかしい処に見入ってる、男子たちの姿が見えてしまう。
三人の男子、村井君、山岸君、大窪君、目の前50cmほどしか離れていません。
「ほんなら、由美、もう呼び捨てだよ、由美、おめこ、開いてやるよ」
村井君が、由美ちゃんの、双方の陰唇を親指と中指でつまんじゃいます。
親指が陰唇の内側へ、ちょっと深いめに入れられて、開いちゃうんです。
「あああん、だめ、だめ、だめですよぉ」
半泣きの表情になってしまう、二十歳の大学二年生の由美ちゃんです。
ハイソックスに包まれたお膝、太ももからお尻まで、露出されている女体。
ブラウスのボタンがはずれ、ブラジャーがはずされていて、乳房が露出です。

「ほうら、見てみろ、由美の、おめこ、ナマやで、ナマのおめこやで」
「ナマ、ええよなぁ、われらのアイドル山野由美の、おまんこやぁ」
「ああん、だめ、だめ、見たらぁあ、あかんですぅ」
由美ちゃん、120度に開かれてしまった太ももを、閉じたくっても閉じられない。
持ちあがったお膝を、降ろすことが出来なくて、手でお股を隠すこともできません。
「きれいな色してるんや、由美のおめこ、特別ピンク、淡い色ぉ」
「もっと、ひらいて、ビデオに撮っておくからぁ」
大窪君が低めの位置から、由美ちゃんの股間を狙ってお顔も撮っちゃいます。
「ふふ、ええなぁ、由美、たっぷり、可愛がってやるよ」
指につまんだ陰唇を、ひらけてふたつの親指を、膣の中へ入れてしまう村井君。
「ほうらぁ、由美ぃ、なかが、みえるように、開いてやるよ!」
村井君のことばに、山岸君が反応し、スポットライトのスタンドを手にします。
「なかまで、明るくしなくっちゃ、見えないよなぁ」
由美ちゃんの股間へ、ばっちし光が当たるように、スポットライトを当てます。
「おおおおっ、見えた、見えたよ、由美の、おめこのなか、おおおっ」
「あれで、ひらいて、やろうぜ、クスコってやつでよぉ」
「そういえば道具カバンにはいっていたな、クスコ」
「これやろ、これっ、おっきいほうでいいよなぁ」
山岸君がスポットライトを持ったまま、クスコを手にして、村井君に渡します。
由美ちゃん、目の前がくらくら、卒倒しそう、奈落の底に落とされた気分です。

-12-

恥辱椅子に変形大の字姿、お股を120度に、手を120度にひろげられた由美ちゃん。
上半身斜め後ろへ45度倒されて、胸もひろげられて隠すもの、なにもありません。
「ほんなら、いれてやるからなっ、由美、よろこびやぁ」
このクスコは、透明アクリルで加工された特別仕立て、筒状で内部が見えるんです。
「ゾックゾックしちゃうよ、おれ、なんか、むずむずしちゃうよぉ」
ビデオを撮っている大窪君が、繰り広げられる光景を見ながら、言っちゃいます。
「あああん、だめ、あかん、そんなの、やめてよぉ」
「ちんぽ、咥えさせてやれよ、由美、よろこぶぜ」
透明のクスコを膣に入れられ、オチンポを咥えさせられちゃう、由美ちゃん。
ビデオ撮影係を山岸君にしてもらって、村井君がクスコを埋め役です。
大窪君が、オチンポを、由美ちゃんのお口に、咥えてもらう。
「ああっ、だめ、あかん、あああん」
村井君が、クスコのくちばしを、由美ちゃん、おめこに、あてがわれたんです。
「入れてあげるよ、おおっ、ほうら、おおっ」
陰唇をひろげられ、クスコのくちばしを、膣のなかへ挿しこまれてきます。
「ああっ、だめ、あああっ、あかんですぅ」
美女コングランプリの由美ちゃん、股間をひろげられ、クスコをかまされます。

ぬるぬるになっている由美ちゃんの、おめこに、透明クスコの挿入が終わります。
ねじでひろげられ、直径5cmにされた円形の口が、由美ちゃんの膣をひろげます。
カメラを持った山岸君が正面に、村井君がその横に、由美ちゃんの股間を観察です。
大窪君がオチンポを剝きだし、由美ちゃんのお顔を横にさせ、咥えさせます。
由美ちゃん、もう、羞恥の限界、めっちゃ恥ずかしい、でも何が起こっているのか。
「めっちゃ、きれいやぁ、ピンクいろなんや、由美の、お、め、このなかぁ」
村井君が、オチンポ咥えさせられている由美ちゃんに、聞こえるように、言います。
「ううぐううっ、うううう、ぐううっ!」
大窪君のオチンポを、お口の中に咥えさせられもぐもぐ、言葉にならない由美ちゃん。
「ほら、ちんぽ、咥えて、舐めろ、ほらぁ」
足をひろげ手をひろげた由美ちゃんの、頭の後ろに手を置いて、咥えさせる大窪君。
村井君は、由美ちゃんのクスコでひろげられた膣のなか、ライトを入れて明るみに。
「めっちゃ、興奮しちゃうよなぁ、アイドル由美のナマ、ナマおめこぉ」
とろとろの分泌液が、クスコを挿しこまれてひろがった、おめこのなかで溜まります。
「うううううっ、ぐぅううううっ」
恥ずかしい、屈辱、羞恥心、大学二年生、二十歳になった由美ちゃんのこころのなか。
でも、わけがわからないけど、興奮しちゃう、由美ちゃんでもあるんです。



愛欲の巣(1)-2-

愛欲の巣(1)-2-
 13~24 2013.2.21~2013.3.14
    1200sx1404240104
-13-

クスコでおめこのなかを観察している男子たち、ふたたび情欲が湧いてきています。
「ほんなら、もう一発、由美とおめこ、したいよなぁ」
「そうやで、おれかって、もうがまんでけへんわぁ」
「ほんなら、山野由美を、いただこうかなぁ」
でも、大窪君は、由美ちゃんの、お口でフェラチオを、させているところです。
村田君、山岸君、ふたりとも、下半身裸になっちゃって、オチンポ丸出しです。
恥辱椅子に変形大の字姿の由美ちゃんへ、そのままでファックしちゃうんです。
「ほんなら、10回やったら、交代しようぜ、三人でよぉ」
そうなんです、男子三人、由美ちゃんへ、オチンポ挿して抜いてで一回。
この挿して抜いてのぶすぶすを、10回したら交代する、というルールです。
「ほんなら、おれが先、山岸、大窪、この順番や、ええな」
変形大の字姿で、身動き取れない由美ちゃん、どうなるのか、怖いです。
「ええ気持ちにさせてやるよ、由美ぃ」
「そうやでぇ、めっちゃ、ええ気持ちに、してやるからぁ」
「ああん、そんなこと、あかんですよぉ」
クスコで開かれた由美ちゃんのおめこ、陰唇がめくれてしまって、ぬるぬる状態。
そこへ、男子のナマオチンポが、順番に挿入されるとゆうんです。

四畳半の羞恥の間、由美ちゃんがのせられている恥辱椅子、無残です。
「おおおおっ、感じるわぁ、めっちゃ、ええ気持ちやぁ」
ぶすっ、ぶすっ、ぶすっ、ゆっくりと、挿して抜いてを繰り返す村井君。
「いいおぉ、山野由美のお、め、こだよぉ」
10回の挿して抜いてが終わった村井君、にんまり満足そうなお顔で、にたにた。
続いて山岸君がオチンポ握って由美ちゃんの、お股の前に立ちます。
「ほんなら、ほんなら、われらのアイドル山野由美、入れちゃうぜ」
亀頭を由美ちゃんの膣にあてがい、そのまま、ぶすっ、ぶすっと挿しこみます。
「ひぃやぁああん、ひぃいやぁあああん」
由美ちゃん、手をひろげ太ももひろげたままで、オチンポを挿されてしまいます。
山岸君のオチンポは、長さ15cm太さ直径4.5cm、クスコより少し細いんです。
でも、ああ、由美ちゃん、太ももひらいたままだから、めっちゃ感じちゃう。
カリ首のくびれが深くて、亀頭が大きい、だから、めっちゃ襞をこすっちゃう。
女の子、山岸君のオチンポを挿されると、すぐに絶頂を迎えてしまうんです。
「おおっ、ヌルヌル、きもちいいねぇ、よく滑るよぉ」
ブスブスっ、じゅるじゅるっ、山岸君、勃起オチンポを、由美ちゃんに挿して抜きます。
「ひぃいいっ、ひぃいいっ、ひぃやぁあああん」
ぶすぶす、5回目で由美ちゃんのお声が甲高くなってきて、快感なんですよ。

-14-

男子のオチンポちゃんって、みんな顔かたちがちがうんですね。
山岸君のオチンポは、たくましくって、長くって、太くって、亀頭がおっきい。
村井君のんは、太い、太くってずんぐりしていて、亀頭のくびれが深い。
大窪君、背が低いからか、オチンポも小さい感じがします。
勃起したら10cm以上ですけど、そのかわり硬い、陰茎、ギンギンに硬いです。
そんな三人が、順番で、オチンポを、由美ちゃんのおめこへ、挿入しているんです。
「はぁあ、ああっ、ひぃやぁあ、ああん」
「ええわぁ、由美ぃ、めっちゃ、ええわぁ」
「ああん、だめ、だめ、あああん」
ぶすっ、ぶすっ、山岸君がおわって、村井君の番、挿しこんで抜いて、挿しこみます。
四畳半の羞恥の間、恥辱椅子に変形大の字で、手足をひろげている由美ちゃん。
股間と太ももの角度は120度、お膝が持ち上げられて、開脚Mすがたです。
「ほうら、いいねぇ、ほうら、由美ぃ」
ぶすっ、ぶすっ、太くてずんぐりオチンポが、由美ちゃんのおめこへ、挿されています。
五回、六回、七回、挿して抜いて、挿して抜いて、八回、九回、あと一回。
「おおっ、由美ぃ、ほおおおおらぁ!」
根っこまで挿しこんだまま、腰を左右に、上下にゆすって、勃起オチンポをこねます。

変形大の字姿の由美ちゃん、勃起オチンポ根っこまで咥えさせられて、ぐりぐりです。
「ひぃいいっ、やぁああ、あああん」
村井君が十回目をおえ、オチンポを抜いてしまって、大窪君が交代します。
短くって太いオチンポ、でもとっても硬くって血管が浮いてらせん状。
「入れさせて、もらうよ、山野由美よぉ、おおおっ」
ぶすっ、もうヌレヌレになってる由美ちゃんのお股の真ん中へ、オチンポ挿します。
由美ちゃんのおめこに、ぐぐっと一気に挿入されて、由美ちゃん、よがっちゃいます。
「ひぃいい、やぁああん、ひぃいいっ!」
120度にひらいた太もも、持ちあがったお膝、その真ん中へ、大窪君のオチンポです。
「おおおっ、いいよぉ、おおおっ、山野由美のぉ、おおめこぉ!」
ぶすっ、ぶすっ、ぶすぶす、ぶすぶす、十回の挿して抜いてが終わります。
総計30回のピストン運動を受け入れた由美ちゃん、もう羞恥の極みです。
でも、まだ、もうひとめぐり、いいえ、もうふためぐり、男子たちの注入を受けます。
ふたたび、山岸君、勃起したオチンポを握って、由美ちゃんのおめこへ挿しちゃいます。
たっぷり濡れた由美ちゃんの、おめこへぶすぶすと、とってもいい気持ちな山岸君。
恥辱椅子に変形大の字、お股まるひろがりの由美ちゃんは、大学二年生です。
美女コンテストのグランプリ由美ちゃんが、先輩男子三人に可愛がられているんです。

-15-

四畳半の羞恥の間、検診台になった恥辱椅子、由美ちゃんは開脚Mで大の字。
村井君が由美ちゃんの股間の前に立つと、腰が由美ちゃんのおめこの高さです。
「ああん、あかんですぅ、ああん、もう、あかんですぅ」
ぱっくり開けられてしまった由美ちゃん、オチンポぶすぶすされて、イッテしまいそう。
「まだまだ、たっぷり、可愛がってやりたいんやけどなぁ、由美ぃ」
太ももが120度にひろがった由美ちゃんの股間、隠すものは何もありません。
縦割れの陰唇は、めくれあがってぱっくりひらいて、ぬるぬるに濡れています。
男子が10回ずつ、順番に入れ替わって、オチンポを挿入してきたからです。
もう90回の抜いて挿してが終わっていて、由美ちゃん、ヒイヒイ、責められ苦です。
「そろそろ、出させてもらうかなぁ、ふふふうん」
つぎは精子を出すまで、由美ちゃんをいただくと、村井君がいいます。
立ったまま、ぐいぐい、見えるようにして、ピストンして、由美ちゃんをイカセます。
由美ちゃんが、オーガズムの頂上にいたったところで、ストップ、打ち止めです。
「あああっ、はぁあああっ」
スキンをかぶせて、ぶすぶす、由美ちゃんへ挿しいれていく村井君。
大学四年生、祇園の料理屋さんの御曹司、愛車レクサスに乗ってる、村井君。
変形大の字由美ちゃんの、お膝に手を置き、お尻と腰を突きだしてぶすぶすです。

ぬるぬるおめこへ勃起オチンポを、挿されちゃう由美ちゃんは大学二年生。
美女コングランプリになった由美ちゃん、先輩男子に連れられて来たんです。
京都大原は山の中、スタジオになってる大原山荘、その羞恥の間、四畳半。
「ひぃいやぁああ、ああん、ひぃいやぁああ、ああん」
由美ちゃん、とっても感じすぎ、ぶすぶす、おめこへ勃起オチンポ挿されているの。
ズキンズキン、とろとろ、おからだが、萌えていて、お顔が紅潮しています。
どうしようもない快感に、お声を高ぶらせてしまうけど、人に聞こえる気配なし。
大きな、快楽、快感、お悶えの黄色いお声が、聞こえちゃう至福のお部屋。
「おおっ、おおっ、ええわぁ、山野由美ぃ、めっちゃ、ええわぁ」
「ひぃやぁああっ、あかん、あかん、ひぃやぁああっ」
ぶすぶす、村井君の勃起オチンポが、由美ちゃんのおめこを直撃しています。
露出した乳房に手を置いて、モミモミしながらお腰を前へ、後ろへ、村井君。
開脚M、変形大の字、恥辱椅子に両手足を結わえられた由美ちゃん。
ぶすぶす、ぶすぶす、勃起オチンポでおめこのなかを、こすられて、こすられて。
村井君のピストンの速さが、ずんずん早くなってきて、射精寸前まできています。
由美ちゃんだって、それなりに、のぼってきていて、イッテしまいそう。
でも、でも、村井君の発射の方が、早かったので、由美ちゃん、九合目です。

-16-

ずんぐりむっくりの大窪君が、スキンをかぶせて由美ちゃんへ、挿しこんじゃいます。
太いんですけど、少し短めなんです、オチンポ、でも、硬さはギンギンです。
「おおおおっ、すっげぇ、おおおおっ、すっげぇ」
「はぁあ、ああっ、はぁあ、ああっ」
ぶすぶす、由美ちゃん、大窪君のオチンポがおめこの襞をこすってくるんです。
きっちり深いカリ首のくびれで、由美ちゃんこすられちゃうから、とっても感じちゃう。
じんじん、もう九合目まで登っていて、抜かれて七合目まで降りたけど、またもや。
「あああん、ひぃいいいいっ、ひぃいいいいっ」
恥辱椅子に変形大の字、お股を120度にもひらかれた由美ちゃんです。
そこへ、水平に、ぶっといギンギンオチンポ挿しこまれるから、すごいんです。
「ほうらぁ、いいよねぇ、ほうらぁ、おおおおっ」
「ひぃやぁああん、ひぃやぁああん、ひぃいいいいっ」
ぶすぶす、由美ちゃん、大窪君の挿しこみで、だんだん、ひいひい、高鳴ります。
とろとろ、おめこから、ねばい透明おしるが、垂れだして、ぬるぬるにしちゃいます。
ずずん、ずずん、大窪君が、力をこめて、チンポを挿しこんじゃうんです。
四畳半の羞恥の間、恥辱椅子に結わえられて変形大の字、開脚M、由美ちゃん。
ぶすん、ぶすん、ぶすん、ひぃい、ひぃい、ひぃい、ぷりんぷりんの由美ちゃん。

村井君と山岸君、射精おわったてゆうゆうの見物、由美ちゃんを見つめます。
「すっげえ、すっげぇ、可愛いい由美、よがる姿、めっちゃ、いいなぁ」
「最高だよ、やっぱ、美女コングランプリ、山野由美、いいねぇ」
「まだまだ、いけるやろ、このあとも、たっぷり」
「まあまあ、たっぷり、可愛がってやりたいよなぁ」
由美ちゃんの、よがるお声を聞きながら、生唾のみながらの会話が続きます。
「ひぃいい、やぁああん、ひぃいい、やぁああん」
「ええやん、由美ぃ、めっちゃ、おお、でそうや、でそうやでぇ」
ぶすぶす、大窪君、腰を突出し、ぶすぶす、もう射精しそうな気配です。
由美ちゃんは、それよか先に、オーガズムを迎えてしまいそうは気配です。
「はぁああ、ああああ、ああああ~~!」
「おおおおっ、でる、でるい、でるぅ、うううっ!」
「あああああ、あああ~~~~!」
ぴしゅん、ぴしゅん、大窪君のオチンポが、由美ちゃんのなかで痙攣します。
スキンをつけているから飛び出さないけど、痙攣で、由美ちゃん逝っちゃう。
恥辱椅子に開脚Mすがたのまま、果てていく、大学二年生の由美ちゃん。
男子たちに囲まれて、最後の最後の、アクメ姿を見られてしまったんです。
でも、まだまだ、続いて、快楽のなかへ導かれていく由美ちゃんなんです。

-17-

<観察されて弄られて>

京都は大原の山荘で、美女コングランプリの由美ちゃんがモデルします。
スタジオで写真撮影をするとゆうので、由美ちゃんが括られちゃうんです。
座椅子ってあるじゃないですか、背もたれがあってお座りするあの椅子です。
座敷机は黒塗りの長方形、座椅子がその座敷机のうえに置かれるんです。
座椅子には赤いお座布団が敷かれ、由美ちゃんがお座りで、括られるんです。
「ああん、だめですよぉ、こんな恰好、いやですよぉ」
浴衣を着たかっこうで、下着はなにもつけません、だから半裸です。
「だから、ゆうこと聞いたら、わるいことなんて、せえへんからぁ」
手首を後ろで括られて、座椅子にお尻を置いている由美ちゃん。
座椅子背もたれの後ろから、長い紐がまわされてきて、お膝を引きあげられる。
「あああん、だめ、だめ、だめですよぉ」
女の子がおしっこさせてもらう格好、お膝の内側から外側へ紐がまわされます。
ぐっと引きあげられて、お膝が持ちあがってひろがって、太ももが逆八形です。
花柄の浴衣の前がはだけさせられ、おっぱいを丸出しにされちゃう由美ちゃん。
「ふうううん、さすがぁ、美女コングランプリ、山野由美、ええ格好やん」
大窪君が由美ちゃんの正面に三脚を据えて、デジタルカメラをセットします。
デジタルカメラでは、動画と写真が撮れちゃうから、一台でいいんですよね。
「いい眺めじゃん、ほおおおお、すっげえ、無修正だよぉ」
座敷机のうえに置かれた座椅子、そこにぱっくり開脚Mすがたの由美ちゃん。

左右の斜め前上から照明が、由美ちゃんのおからだに向けて、当てられます。
照明が当てられた由美ちゃん、浴衣姿で開脚Mすがた、下着はつけていません。
おっぱいが露出していて、お股が完全に露出していて、お顔は正面向きです。
「はぁああん、だめですよぉ、撮影なんて、だめですぅ」
「そうゆうたかって、せっかくなんやから、たんまり撮らせてもらうよ」
由美ちゃんの1m前、カメラが真ん中にセット、開脚M姿の全部がおさまります。
由美ちゃんから見て、右側に村井君、左側に山岸君、カメラ操作は大窪君です。
カメラとテレビモニターが接続されて、モニターは由美ちゃんの真横に置かれています。
実物の由美ちゃんと撮られている由美ちゃんの両方が、見えるんです。
由美ちゃん、カメラがセットされ、モニターがセットされ、男子三人が前にいる。
もう、穴があったらはいりたい、とっても恥ずかしい気持ち、目がくらみそうです。
斜め上向いた股間が、三人の男子に観察される、それも目の前にいるんです。
男子の目線は、由美ちゃんのお股の真ん中に集中、唾を飲む音のほか無言です。
「はぁあ、ああ、そんなに見たらぁ、あかん、あかんですよぉ」
見られていることがわかる由美ちゃん、もう羞恥地獄、お股を閉じられないんです。
「ここにいるのは山野由美、写っているのは彼女のおめこ」
カメラが動画モードにされ、収録されだしたから、音声が入れられるんです。
「ただいまから、お、め、こ、開いてやりますから、見てやってください」
山岸君が、映像といっしょに音声も収録していくために、解説していきます。
ぱっくり開いた由美ちゃんの股間、男子の興味が、そこに集中しているんです。

-18-

美女コングランプリの由美ちゃん、ぱっくりひろげられてしまった股間、エロいです。
座敷机におかれた座椅子に、開脚Mすがたで固定された大学二年生由美ちゃん。
花柄の浴衣を着ているけれど、おっぱいが露出、股間も丸出しの状態なんです。
手首は後ろにまわして括られて、身動き取れないスタイルで、正面から見られちゃう。
由美ちゃんから見て右から、村井君、大窪君、山岸君、眼の前50cmで座っています。
真ん中には三脚にデジタルカメラがつけられていて、大窪君が撮影役です。
「だからよぉ、由美のさぁ、お、め、こ、たっぷり、拝ませてもらうよ」
「おめこ、開いて、なかを、覗いて、いいアイデアだよなぁ」
「ああん、だめですよぉ、そんなのぉ、ああん」
「このカメラでよぉ、動画と写真、ばっちし、撮ってやっからなっ、由美ぃ」
お膝が持ちあがってひろげられ、座椅子の背もたれ後ろからの紐で結わえられ。
だから由美ちゃんの、お股は180度にひろがってしまっているんです。
浴衣のピンク地絞りの帯が、由美ちゃんのお腹に巻かれていて、まばゆいです。
肩から胸が露出した浴衣すがた、太ももから股間が露出した浴衣すがた、みだれ髪。
二十歳になったばかりの美女、由美ちゃん、もう、羞恥のこころが表情にあらわれます。
頬が紅潮していて、ほんのりと、汗が滲みだしていて、お肌が淡いピンクです。
でも、ひろがってしまった股間の上部、黒い毛が、こんもり、陰毛、淫らです。
三人の男子が、凝視、由美ちゃんの股間まで15cm、カメラが下から上へ、向きます。

男子が凝視する目線を感じて、由美ちゃんは、穴があったら入りたい気持ちです。
「だめぇ、あかんですぅ、そんなぁ、見たらぁ、あかんですぅ」
大学の二年生、由美ちゃんの言葉とは裏腹に、男子たち、調子に乗ってきちゃいます。
「すっげえよなぁ、山野由美のおまんこだよぉ、陰唇、陰毛、ケツの穴ぁ」
「まあ、なっ、おんなだよ、このびらびら、めくってやろうぜ」
「ふふん、由美ぃ、うれしいやろ、ええっ、こんなこと、好きなんちゃうかぁ」
村井君が、由美ちゃんのお顔を見て、股間へ目線をおろし、陰唇をひろげちゃう。
「はぁあ、ああん、いやぁああ、ああん」
「ほら、由美のおめこ、膣前庭ってんだろ、この部分よぉ」
「ああん、そんなことぉ、ああん」
「ここによぉ、おしっこの穴がよぉ、あるんだよなぁ」
山岸君が、ひろげられた谷間、ピンクの部分へ、お顔を近づけてきます。
由美ちゃん、目線を意識してしまって、キュンと子宮が反応してきちゃいます。
ジュルっとする感覚、汗がしたたる感触、おなかの奥が、萌えてきちゃう感じ。
「はぁああ、だめ、だめ、触ったらぁ、ああっ、あかんですぅ」
180度にひろがってしまった股間、その真ん中、お指で触られちゃう由美ちゃん。
陰唇を左右にひろげて露出した、ピンク色の膣前庭、村井君がお指の腹で触ります。
「やわらかいぃ、ぬるぬる、いいねぇ、由美のおめこだよぉ」
「あああん、ゆるして、おねがい、やめてください、おねがいぃ」
「これだよ、見えたよ、おしっこの出る穴、こっから出るんやなぁ」
もう、めっちゃ、恥ずかしいじゃないですか、美女コングランプリ受賞の由美ちゃん。
デジタルカメラで執拗に、由美ちゃんの開いた股間と乳房からお顔までを、撮りあげます。

-19-

黒塗り長方形の座敷机、そのうえに赤い花柄座布団は敷かれた座椅子がのせられて。
座椅子には、浴衣すがたで開脚、M字のかっこうで、括られている由美ちゃんがいます。
座椅子の背から前に紐がまわされ、由美ちゃんのお膝を左右にひろげ留めているんです。
手首は後ろへまわし、括られてるから、恥ずかしい処を隠すことができません。
浴衣を着てるといっても、胸がはだけさせられ、太ももからお腰が完全露出です。
「ほんならよぉ、美女コングランプリ、山野由美のクリトリス、剝いちゃうかよぉ」
すでに村井君が、由美ちゃんの陰唇お指にはさんで、ひろげているところです。
陰唇の先っちょで、皮に包まれている由美ちゃんの、陰核、クリトリス、これを剥かれる。
「ひぃやぁあ、ああん、やめてよぉ、おねがい、あああん」
めっちゃ、恥ずかしい、由美ちゃんの目線のしたに、三人の男子の頭が、あるんです。
お膝をひろげられて、持ち上げられて、陰毛から陰唇、お尻の穴まで、剝きだしです。
その股間、真ん中を、由美ちゃん、先輩男子三人に、観察されて、いるんです。
「ほうら、出てきたよ、ちっちゃいけどよぉ、まめ、ピンク、カワイイねぇ」
陰唇の先っちょを、村井君のお指で丹念に、ひろげられてきて、露出させられた。
クリトリス、大学二年生、美女コンテスト優勝に輝いた由美ちゃんの、持ち物です。
「ほんまやぁ、ちょっと半透明じゃん、ピンクってよりも、赤いよなぁ」
山岸君、由美ちゃんの、股間へ、お顔をぐっと寄せ、眺め入り、生唾、呑みこんじゃう。
「なんかぁ、ゾックゾック、してきちゃうよなぁ、由美よぉ」
「はぁあ、ああん、だめ、だめ、だめですよぉ」
山岸君が、たちあがり、ブリーフを脱いでしまって、オチンポを丸出しにしちゃいます。

山岸君のオチンポは、たくましくって、長くって、太くって、亀頭がおっきいんです。
「ほんならよぉ、山野由美にちんぽ、咥えて、もらうかなぁ」
正面に据えたカメラに、由美ちゃんのお顔までばっちし写っちゃうから、その姿を。
「あああん、だめですよぉ、そんなの、あかんですよぉ」
由美ちゃん、山岸君に腰から突き出たオチンポを、お顔に突きつけられて、タジタジ。
「ほらぁ、由美ぃ、くちをひらけろ、ほらぁ、くわえろぉ」
由美ちゃん、めっちゃ羞恥、お股では、クリトリスを剥きだされ、お口にオチンポ咥えです。
「咥えろ、口をあけろ、ほらぁ、咥えろよぉ」
お口を閉ざしていても、あけさせられちゃうから、と思うわけではないけど、お口をあけちゃう。
そうして、山岸君の長くて太い勃起オチンポを、由美ちゃん、咥えてしまうんです。
「ふふっ、ええフレームやん、おめこ丸出しふぇらっちお、いいよぉ」
カメラの画像は、モニターに接続されているから、その画面が映し出されています。
「ううううっ、ぐぅううううっ、ううううっ」
山岸君の勃起オチンポを咥えてしまった由美ちゃん、のどに詰まってしまうほどです。
「お、め、こ、山野由美の、お、め、こ、くりとりす、ちつぜんてい、ちつくちぃ」
村井君は、由美ちゃんのおめこなぶりを、ことばとお指で、はじめちゃいます。
実況中継っていえばいいんでしょうか、由美ちゃんの股間をなぶりながら、解説します。
言い役は村井君、由美ちゃんの恥ずかしい動画と音声を、収録していく大窪君です。

-20-

由美ちゃんの股間は、ぱっくりひろげられて、太ももは逆八姿、お膝がわき腹です。
お膝がわき腹の横にまで引きあがって、お膝の間に胸があって、その上にお顔です。
座椅子は背もたれが座部と直角、由美ちゃんの上半身もほぼまっすぐ垂直です。
後ろへまわされた手首は交叉して括られ、身動きができないんです、由美ちゃん。
「開いてやるよ、お、め、こぉ、山野由美のおめこ、ご開帳だよぉ~」
村井君が由美ちゃんの、陰唇のそとがわを押さえて広げていくと、ぱっくりと。
ああ、二十歳になったばかりの由美ちゃんの、陰唇が開いちゃうんです。
チューリップのお花が開花するように、ひらいて、なかが見えてしまうんです。
「ううううっ、ぐぅううううっ、ううううっ!」
お口には、山岸君のオチンポを、咥えさせられていて、お声がでなくて呻くだけ。
「おおおっ、とろとろ、ぬれぬれ、膣だよぉ、由美のよぉ」
「ううううっ!、ぐぅううううっ!、うううううっ!」
陰唇をひろげられ、膣口を開かれてしまう大学二年生の由美ちゃん。
「きれいな色やん、ピンク色、いやぁ、ちょっと紅色かぁ」
「うううっ、ぐううううっ、ううううっ!」
「おお、うごめいてるよぉ、膣のなかぁ」
「ほらぁ、もっと咥えて、ずぼずぼしろよ、ほらぁ」
「ううううっ、ぐぅううううっ、ふううううっ!」
「開いてやるよ、膣、美女コングランプリ由美の膣、ご開帳だよぉ~ん」
由美ちゃんの正面下から大窪君、デジカメで開脚M姿の全身を撮っています。

カメラ係は大窪君のままで、村井君と山岸君が、交代します。
由美ちゃんは、山岸君のオチンポ咥えから解放されて、はあはあの息使い。
目には涙が滲み出て、お顔が紅潮上気し、とろんとした表情です。
「はぁああ、ああああっ、あかん、あかん、ですぅ」
浴衣を着ているといっても、胸がはだけ、太ももから股間も丸出しの由美ちゃん。
村井君、トランクス脱いでしまって、オチンポ丸出し、由美ちゃんへ突き出します。
「おれのちんぽ、咥えるんやでぇ、由美ぃ」
「はぁああ、そんなん、あかん、もう、あかん、あかんですぅ」
「なにゆうてんねん、まだまだこれからや、おっぱいも揉んでやっからぁ」
村井君は、由美ちゃんにフェラさせながら、おっぱいモミモミしちゃうんです。
オチンポ剥きだしのまま、あぐら座りの山岸君は、由美ちゃんの股間をなぶるんです。
「すっげぇ、たっぷり、おまんこ汁が、溢れてきてるじゃん!」
身動き取れない由美ちゃんの、股間の陰唇をお指にはさみ、開いてしまった山岸君。
とろとろ、ティッシュで拭いてもらえないから、由美ちゃん、分泌物、溜まりっぱなしです。
「きれいな色、ほんとだねぇ、濡れたピンクが、よぉ、たまらんねぇ」
「はぁああ、ああん、いやぁああん、あああん」
とろとろと、由美ちゃんの膣から、透明のネバネバなお汁が、垂れ流れてきています。
山岸君にはお股の真ん中を見られてなぶられ、村井君にはおっぱいを揉まれちゃう。
お口では、村井君の勃起オチンポ、咥えさせられ、吸わされて、なめさせられちゃう。
黒い座敷机の上に置かれた座椅子に由美ちゃん、開脚M姿でなぶられているんです。

-21-

お口には、村井君に勃起オチンポを咥えさせられ、うぐうぐしてる由美ちゃん。
山岸君には正面から、おめこを開かれ、観察されている由美ちゃん。
大窪君が、由美ちゃんの悶え呻くすがたを、デジカメで写真と動画を撮っています。
「ほおおおっ、とろとろやん、山野由美の、お、め、こ!」
二十歳になったばかりの由美ちゃん、美女コングランプリに選ばれた女の子です。
学校中でアイドルになってしまった二年生、美食研の先輩に連れてこられた山の中。
村井君は由美ちゃんの、お口から勃起おちんぽ抜いてしまいます。
ぶぐぶぐ、うぐうぐ、お口に咥えていた由美ちゃん、くぐもったお声しか出せませんでした。
オチンポ抜いてもらえて、大きく息を吸いこみ吐いて、やっとお声がでちゃいます。
「ひぃやぁああん、ああああん、ひぃやぁああん」
山岸君が、由美ちゃんのおめこへ、お指を二本、挿しいれてきちゃったんです。
「とろとろ、ぬれぬれ、びちゃびちゃ、いい感触だよぉ、おおっ」
座椅子に開脚Mすがたにされている由美ちゃん、足を閉じたくっても閉じられません。
お股をひらいたまま、お指をさしいれられ、襞をこすられるから、ひいひいです。
「由美のおめこのおくのほう、ぬるぬるしていて柔らかい、よねぇ」
陰唇をひらかれ、膣口を露出させられ、そこへ中指と人差し指を挿しこまれているんです。
「ひぃいいっ、ひぃいいっ、ひぃやぁああん」
「じゃぁ、由美ぃ、おれの、ちんぽで、いかせてやっから、よぉ、」
村井君が、山岸君を横へ移動させて、スツール椅子を持ち出して、正面に座ります。

座敷机のうえに置かれた座椅子に由美ちゃん、開脚Mすがたにされているんです。
由美ちゃんの乗った座椅子を座敷机の縁に置き、村井君、座ったまま挿入するんです。
「ふふふふっ、由美、いただいちゃうぜ、いいよねぇ」
スツールに座って、足をひらいて、勃起オチンポの根っこを握った村井君。
由美ちゃんの、股間の真ん中陰唇を、ひろげて膣口を露出させ、亀頭を挿しいれます。
「ああっ、はぁああっ、あああん」
「入れて欲しいんやろ、由美、おれのちんぽ、入れて欲しいんやろっ!」
「そんなん、ちゃう、ちゃいますぅ、ああん」
由美ちゃん、カメラにねらわれ、山岸君に見られながら、村井君との交尾です。
屈辱的、ちっとも優しさなんてない感じがする交尾だから、由美ちゃん、戸惑うんです。
ぶすっ、ぶすっ、村井君の勃起オチンポ、亀頭から陰茎の半分までが挿入です。
「うううっ、わぁああっ、ひぃやぁあ、ああん」
ぐちゅぐちゅになっているおめこへ、勃起オチンポ挿入された由美ちゃん、強烈です。
びびびびん、快感の刺激が一気にからだの芯に伝わって、身震いさせちゃいます。
「おおおっ、しまる、締まるぅ、由美、めっちゃ締まってるぅ」
「ううわぁああっ、ああっ、ひぃい、いいいっ」
根っこまで挿入された勃起オチンポ、由美ちゃんの股間が村井君の陰毛に密着です。
「ふふふっ、由美ぃ、めっちゃいいよぉ、最高だよぉ!」
勃起オチンポ挿しこんだまま、村井君が由美ちゃんの乳房、双方の乳首をつまみます。

-22-

座椅子に開脚Mすがたの由美ちゃんへ、スツールに座った村井君がオチンポぶっすり。
お正面から、ぶっすり、勃起オチンポを挿しこまれたまま、乳房なぶりされる由美ちゃん。
浴衣を着ているといっても、おっぱいもお股も、露出されているから、素っ裸よりエロいです。
「はぁあ、ああん、だめ、だめ、だめですよぉ」
半泣きのお顔、とろとろになったおからだ、二十歳になったばかりの由美ちゃんです。
ぶっすり、勃起オチンポを挿しこまれたまま、おっぱいをなぶられ、乳首をつままれます。
「いいねぇ、めっちゃ、山野由美ぃ、男のオナアイドルやからなぁ」
「あかん、あかん、あああん、だめですぅ」
乳首をつままれたまま、オチンポが膣から半分、引き抜かれちゃうんです。
村井君、先に由美ちゃんの膣中で、スキンかぶせで射精を終えたから、余裕です。
そのてん女の子由美ちゃんは、じんわりじんわり、イッテしまったあとです。
にかいめのイキかたは、いっかいめよりも深くて広くて、神秘の極みまでです。
女神さまになっていく由美ちゃん、ふくよかな二十歳になったばかり、大学二年生。
「はぁあ、ああん、ひぃやぁあああん、ああっ、ああっ」
双方の乳首をモミモミされるとそれだけで、ぴりぴり快感を誘発しちゃうのに、です。
勃起オチンポで、おめこをぐちゅぐちゅ、ずぼずぼこすられちゃうと、たまりません。
女神さま、観音さまぁ、如来さまぁ、由美ちゃん、とっても無垢な心に満たされます。
男子たちにもご利益が、如来さまの由美ちゃんから、いっぱいお授かり申します。

ここは京都は大原の山荘、そこにつくられた撮影スタジオです。
大学の美女コンでグランプリになった由美ちゃんが、ただいま撮影されているんです。
美食研の先輩男子三人に連れてこられた後輩二年生の由美ちゃん、えらい災難です。
ナマ本番、借り切られた山荘で、思う存分、由美ちゃんを、辱めていく男子たち。
「ほら、山野由美ぃ、もっと、もっと、感じろよぉ」
ぶすぶすっ、半分抜かれていた勃起オチンポが、由美ちゃんへ挿しこまれます。
開脚Mすがたで挿しこまれるのは、ああ、入り口からまっすぐでないから、窮屈です。
亀頭が、ぎゅうううっと、由美ちゃんの膣襞をこすって、子宮口に達してしくからぁ。
由美ちゃん、ヒイヒイ、めっちゃ、苦しいぐらいに、快感が注ぎ込まれちゃうんです。
「はぁああっ、ああああっ!」
お顔を上向かせて、目を閉じてしまって、お声は呻き悶えの黄いろさで、観音さま。
挿しこまれた勃起オチンポが、じゅるじゅるっと引っこ抜かれてしまいます。
勃起オチンポが引き抜かれてしまった由美ちゃんの、お股を観察しちゃう山岸君。
「すっげぇ、ぱっくり、おおおおっ、おめこぉ、開いてるよぉ」
大窪君は、カメラのシャッターを切りまくって静止画と動画に残しています。
ぱっくりと陰唇が、めくれあがって、膣口が、ヌレヌレたっぷりです。
開いてしまった膣口からは、内に溜まった淫ら液がとろとろと、流れ落ちてきています。
「ほらぁ、山野由美、いい気持ちなんだろ、そうなんだろぉ」
山岸君が由美ちゃんの髪の毛を握って、お顔を正面へ、向かせてしまうんです。
正面向かされ、記念お写真を撮られていくんです、開脚Mすがたの由美ちゃん。

-23-

背後にまわった山岸君が、由美ちゃんの髪の毛を握ってお顔をあげさせます。
「おうら、山野由美、記念写真や、たっぷり仕込んだ姿で、記念写真だよ」
座敷机のうえに置かれた座椅子に、開脚Mすがたで括られている由美ちゃん。
浴衣を着ているけれど、お股、太もも、お膝も爪先も、丸見えの格好です。
肩には浴衣がかかっているけど、胸がはだけられていて、おっぱいは丸出し状態です。
「いやぁああん、こんなの、だめです、だめですよぉ」
手首は交差させて後ろにまわされ、括られているから、身動き取れない由美ちゃん。
髪の毛を握られ、お顔をあげさせられ、正面を向かされちゃう前には、デジカメです。
三脚にすえられたデジタルカメラを、大窪君がシャッターを切っちゃいます。
「ほうら、ポーズ、こっち向いて、由美ぃ、目をあけて、目線こちらだよぉ」
股間は丸出し、おっぱいも丸出し、お顔はもともと丸出しですけど、恥ぃです。
カシャ、カシャ、シャッターが切れる音が、無残にもスタジオに響きます。
由美ちゃん、うつろな表情、うっとりとした目つき、目線がカメラに来ています。
「おおおおっ、ええわぁ、由美の顔、めっちゃ、可愛い、可憐、胸キュンキュンやぁ」
「はぁあ、ああん、だめ、あかん、はぁああん」
「見てみろ、山野由美のお、め、こぉ、とろとろ、うひゃあ、お汁が垂れてるじゃん」
「きれいな色やん、ピンク、おれ、もう、がまんでけへんわぁ」
「ふんふん、記念写真撮ったら、また、ぶっこんでやるんやからぁ」
村井君は下半身裸のまま、自分でオチンポ握っていて、いつでも挿しこめる体勢です。

途中だった村井君、レクサスを運転するよりも、由美ちゃんに乗る方がいいみたい。
ふたたび、スツールに座って、オチンポを、由美ちゃんのおめこへ、挿しこむんです。
「ほんなら、入れさせてもらうわ、山野由美、われらのアイドル、いいねぇ」
亀頭で、由美ちゃんの陰唇を割り、膣口を露出させ、そこへ、亀頭を挿しこんじゃう。
「ふふ、由美、見てくれよぉ、いま、おれのちんぽ、入っていくぜよぉ」
ぎゅっと力を込める格好、でも力いれなくても、勃起オチンポ、挿入できます。
「ああっ、あああっ、はぁあ、あああっ」
ぶすぶす、村井君の勃起オチンポ、亀頭から陰茎が挿しこまれてきたんです。
由美ちゃん、ぐっと身を引き締めるけど、足を閉じられないから、なされるがまま。
「いいねぇ、由美、めっちゃ、いいねぇ」
「ひぃやぁああん、あかん、あかん、あかんですぅ」
「おおっ、ずぼずぼ、おれ、おれ、めっちゃ、感じるよぉ」
ぶすぶす、由美ちゃん、村井君のオチンポが挿されて抜かれて、でも身動き取れない。
とっても苦痛、苦痛というより窮屈、挿しこまれる快感よりも、窮屈なんです。
でも、その窮屈さが、由美ちゃんを、これまでに体験したことのない快感へ導くんです。
村井君のオチンポ、ピストン運動の速さは、挿して、捏ねて、抜いて、三秒です。
けっこうゆっくりな感じで、ぶすぶす挿しこまれ、ぐじゅぐじゅかきまわされる由美ちゃん。
そうして、じゅるっとカリ首の処まで引き抜かれて、ふたたびぶすぶす。
大学二年生の由美ちゃん、狂わされちゃうんです、セックス三昧生活をさせられちゃう。

-24-

太ももがひろがり、お膝が脇腹にくっつくところまで引き上げられて、開脚Mの由美ちゃん。
「ほうらぁ、ええわぁ、由美ぃ、めっちゃええわぁ」
「ひぃやぁああん、ひぃやぁああん」
「おおっ、おおおおっ、ぎんぎん締まるよぉ、由美ぃ」
村井君が正面から、由美ちゃんの膣へ、勃起オチンポを、挿して抜いてを、してるんです。
ここは京都大原の山荘、和風の大きなお部屋、撮影スタジオです。
背もたれの後ろから、紐がお膝の内側から外側へ、まわされて後ろでと括られています。
手首は後ろへまわして交差させ、紐で括られているんです。
デジタルカメラが狙っている座敷机のうえ、座椅子に座った格好の由美ちゃん。
「はぁあ、ああっ、はぁああっ、ひやぁああん」
ぱっくりと、お股をひろげられて、その真ん中へ勃起オチンポが挿しこまれています。
村井君は由美ちゃんが、よがって悶え呻く様子をみながら、オチンポを操作します。
挿しておいて、腰をひねって勃起オチンポで、由美ちゃんの、おめこのなかをこすります。
「ほうらぁ、由美ぃ、ええやろぉ、ほうらぁ」
村井君、由美ちゃんの膣へ、勃起オチンポ、咥えさせたまま、お声を掛けちゃいます。
腰を左右にねじると亀頭からカリ首が、由美ちゃんの膣襞をこすることになります。
由美ちゃん、それされたら、悲鳴にも似たよがりのお声で、お悶え喘いでしまいます。
「ひぃいいっ、やぁあああん、ひぃいいっ、やぁあああん」
とろとろの恥ずかしいお蜜を、垂れ流してきて、股間はべちょべちょ、濡れそぼりです。

大学二年生、二十歳になったばかりの由美ちゃん、おめこを刺激されてヒイヒイです。
学内の美女コンテストでグランプリを受賞した由美ちゃん、そのお祝いのパーティです。
美食研の先輩男子三人に、連れてこられた由美ちゃん、たっぷりと可愛がられ中です。
「はぁあ、ああん、もう、もう、だめ、だめ、あかんですぅ」
ぶすぶす、ひいひい、ぐじゃぐじゃ、ひいひい、由美ちゃん、くるってしまいそうです。
「ひぃいいっ、はぁああっ、ひぃやぁああん」
「ええよぉ、由美、めっちゃええよぉ、由美のおめこぉ」
村井君、由美ちゃんの股間から、ずぼっと勃起オチンポ、抜いちゃいます。
由美ちゃんが、イッテしまいそうな気配になって、ボルテージをさげさせるためです。
「はぁあ、あああん、もう、もう、イカセテくださいぃ、おねがいぃ」
おめこのなかから、とろとろのお汁が垂れでてきていて、陰毛が起ってゆらゆら。
陰唇はお花のように開いたままで、ピンク色のうちがわが、ヌレヌレです。
「ふふふん、由美、調子にのってきたんやね、ええ気持ちなんやろ、ふふん」
お顔を紅潮させている由美ちゃんへ、村井君が、にたにたお顔で、お声をかけます。
由美ちゃん、もうなにがなんだか、わけがわからなくなって愛欲に没頭、しちゃいます。
「はぁああ、解いてほしい、こんなの苦しい、はぁああ」
手を後ろにまわして括られて、開脚Mすがた、お膝が引き上げられて15分以上です。
それにイッテしまうと、次するのに時間が必要だから、男子の戦略。
由美ちゃん、イク寸前でストップ、いったん開脚Mすがたを解いてもらって伸ばします。



愛欲の巣(1)-3-

愛欲の巣(1)-3-
 25~36 2013.3.16~2013.4.4
    1200sx1403260006
-25-

開脚Mすがたを解かれ、座椅子からおろされ、座敷机のうえに仰向かされる由美ちゃん。
もうめろめろ状態だから、由美ちゃん、なされるがまま、浴衣を脱がされて素っ裸です。
「はぁあ、もう、だめですぅ、わたし、あかんですぅ」
座敷机のうえに仰向いて、寝かされ、お膝が折られ足先が畳に着きます。
「ふふぅ、まだだよ、由美、まだまだ撮影していくんだから、なっ」
「そんなの、だめですぅ、わたし、もうだめですぅ」
由美ちゃんが主役のアダルトビデオが撮られる、その半ばまでも来ていないんです。
山岸君が、手に持っているのは、長さ1mの棍棒、太さは直径3cmです。
その棍棒の両端に、鎖で革ベルトが二つずつ、つなげられているんです。
「これだよ、由美、これを膝にかましておいて、ふふん」
由美ちゃん、山岸君が手にしてる棍棒を、見て、それでどうされるのか、わからない。
「由美のよぉ、膝と肘をさぁ、このベルトに巻いてよぉ、ふふっ」
天井からするすると、鉄製フックが付いたロープが、降ろされてきています。
山岸君と村井君、ふたりとも下半身裸のままで、1m棍棒を由美ちゃんにセット。
「はぁあ、ああん、そんなの、だめよぉ、ああん、だめだよぉ」
由美ちゃんは素っ裸、右のお膝と右肘が、左のお膝と左肘が、1m間隔で留められます。
棍棒の両端にはロープが巻かれ、上部の鉄製フックに留められてしまったんです。
仰向きになってしまう由美ちゃん、背中にクッションがあてられ、上半身斜め後ろです。
はだかの由美ちゃん、前から見たらM,横から見たらVの字で、座敷机のうえです。
大窪君が持ったデジカメが、由美ちゃんの股間から乳房、お顔までを狙います。

村井君が、由美ちゃんの正面、スツールに座って、ああ無残、おちんぽ責めです。
「ほんならぁ、おれから、入れてやっからぁ、由美、よろこぶんだよぉ」
少し萎えていた村井君のオチンポですけど、由美ちゃんの股間へ、あてがいます。
亀頭が陰毛をこする感じで、陰茎が陰唇を割る感じで、あてがわれるオチンポ。
開脚M、お膝とお肘がひとつなって、左右1mにひろがっている真ん中です。
由美ちゃんの受難、美女コンテストで優勝したから、狙われてしまったんです。
「はぁあ、ああっ、あああっ」
ぶすぶすっ、膣に亀頭が挿され、陰茎が半分まで挿されて、由美ちゃん喜悦です。
さっきには、もうイッテしまう寸前まで、昇っていたから、再びおからだ燃えだします。
ぶすぶす。
「由美、ええやろ、おおっ、おれ、めっちゃ、ええわぁ」
ぶすぶす、村井君、由美ちゃんのおめこへ、オチンポ挿しこんで、完全勃起です。
勃起オチンポ、ゆっくり、引き抜いてきて、ぐういっと、根っこまで挿しこんでしまいます。
「ひぃやぁああん、ひぃいい、いいいいっ」
挿しこまれたまま、乳房を揺すられ、乳首をつままれ、モミモミされてしまう由美ちゃん。
手も足も1mにひろげて、持ちあげられているから、抵抗のしようがありません。
なされるがまま、大学二年生、二十歳になったばかりの由美ちゃん、トロトロです。
それにしても、由美ちゃんの分泌する体液は、ヌルヌルのほとんど透明です。
たっぷりヌルヌル体液が汲みだされ、村井君の勃起オチンポを受け入れちゃうんです。
「おおっ、ええわぁ、由美、めっちゃ、ええわぁ」
「はぁあ、ああん、ひぃやぁ、ああん」
お顔を軋ませ、悦楽のなかにはまってしまった由美ちゃん、ヒイヒイなんですよぉ。

-26-

座敷机のうえ、1mの棍棒をお膝とお膝の間にかまされて、お腕の肘がお膝にくっつきます。
1mの棍棒の両端に括られたロープは、天井からのフックにまとめて留められています。
背中にクッションをあてがわれても不自然な体位だから、山岸君が由美ちゃんを支えます。
「ほんなら、たっぷり、見えるようにして、やってやるよ、由美!」
ええ、由美ちゃんの左横に立つ山岸君、左手で棍棒の真ん中を握ります。
「ほうらぁ、由美ぃ、ええ格好になるやろぉ、ほうらぁ!」
素っ裸の由美ちゃん、右手を首筋下の背中に当てられ、上半身を棍棒にくっつけられる。
「ひぃやぁああん、あああん、だめだめ、あああん」
お膝が1mにひらいて、太ももがわき腹にくっついて、足首がひろがってぶらんぶらん。
丸見えの股間がいっそう丸見えになってしまって、おっぱいも、お顔も、丸出しです。
「おお、ええ格好や、由美、めっちゃええ格好やでぇ!」
村井君、由美ちゃんの露わになった股間の真ん中、秘密の壺にオチンポ入れちゃう。
「ひぃやぁあ、ああっ、ひいいっ、ひいいっ!」
1mの棍棒でひろがった、太ももと乳房がくっつく姿勢、膣から子宮への道が狭いです。
「おおおおっ、由美ぃ、そんなに締めるな、締まりすぎやぁ」
「ひぃやぁああ、あああっ、あかん、あかん、あかんですぅ!」
由美ちゃん、ぎゅんぎゅんと、おめこを締め上げられる感触で、お顔が軋みます。
めっちゃ、感じちゃう、痛みではなくて、圧迫される感じで、捏ねられているんです。
「おおっ、強烈やわぁ、由美ぃ、締まりすぎやぁ」
オチンポ責め、とろとろのぬれぬれのおめこ、だから村井君もおビンビンです。

選手交代、村井君が由美ちゃんの、おめこオチンポ責めしていたのを山岸君に。
大窪君はカメラ係だけど、山岸君のつぎ、射精するのは、みんなまだまだ先。
「ほんなら、われらのアイドル山野由美、お、ま、ん、こ、しちゃう、よぉ~」
長身の山岸君、スツールに座るとお膝が立つ感じ、由美ちゃんのお股の正面です。
村井君が由美ちゃんの今度は右横から、おっぱいをなぶっていきます、乳首責め。
「おおっ、由美の、ヌルヌル、なぶり心地、いいねぇ、これ、陰唇!」
オチンポ挿しこむ前に、山岸君、由美ちゃんの股間をひろげちゃうんです。
ひらいた陰唇の下部に、膣口がひらいていて、ピンクの襞が見えちゃいます。
「ひぃやぁああん、だめ、だめ、あああん」
村井君には乳首を、モミモミされるもんやから、由美ちゃん、ぴりぴり感じてるんです。
そのうえ、山岸君はオチンポを挿入するまえに、お指で膣のなかを探っているんです。
「おおおっ、ヌルヌル、ヒダヒダ、じゅるじゅる、お、ま、ん、こぉ」
左手指で陰毛をかきあげ、右手のお指二本を、由美ちゃんの膣へ、挿しこんでいます。
大学二年生、美女コングランプリ、二十歳になったばかりの由美ちゃん、ひいひい。
「はぁあ、ああん、はぁあああっ、ひぃやぁああん」
大窪君が、執拗に動画モードで、由美ちゃんの反応を、追って撮って、記録しています。
山岸君が、オチンポの根っこを握って、由美ちゃんの膣に亀頭を当てちゃいます。
いよいよ、由美ちゃん、山岸君の長くってたくましいオチンポで、こねられていくんです。
ぶすっ、亀頭が入り、陰茎が入って5cmほど、きっとそれから奥が締まるんですよね。
「ひぃやぁああん。あかん、あかん、あかんですぅ」
由美ちゃん、山岸君より先に反応してしまって、裸体、身も心も壊れていく感じです。

-27-

びんびんにそそり上がる山岸君のオチンポが、由美ちゃんに挿されていきます。
「ひぃいい、やぁああ、ひぃいい、いいいいっ」
1mの棍棒にお膝がひろげられて括られて、手腕の肘も一緒に括られているんです。
由美ちゃん、棍棒の真ん中を握られ、背中を押されて、窮屈な開脚Mすがた。
お正面からオチンポを、ぶっすりと挿しこんだ、山岸君がおっぱいの先をつまみます。
「おお、いいよぉ、めっちゃ、おお、いいよぉ」
ぶすぶす、勃起オチンポ、由美ちゃんに挿入しているだけで、ゾックゾックの山岸君。
そのうえに、由美ちゃんの乳首をつまみ、揉んでいき、悶える姿を見ちゃいます。
とろとろと、由美ちゃんのおめこから、お汁が流れ落ちてきちゃいます。
オチンポが挿されて抜かれるときに、じゅるじゅると汲みだされてくるんです。
「ひぃやぁああん、ひぃやぁああん」
ぶすぶす、ぐちゅぐちゅ由美ちゃんの、おめこに勃起オチンポが、挿されます。
素っ裸、開脚Mすがた、男子たちが見ているなか、ビデオに録画されながらです。
二十歳になったばかり、大学二年生、学内で美女コンテストでグランプリ受賞。
由美ちゃん、とってもかわいくって可憐なタイプの女の子、それが、いま、羞恥です。
村井君と山岸君、それにいまはカメラを操作中の大窪君、三人が、です。
最後までいっちゃうんじゃなくて輪番で、由美ちゃんを、いただいているんです。
「ひぃやぁああん、ひぃやぁああん」
勃起オチンポ挿されるたびに、由美ちゃん、喜悦のお声を発しちゃうんです。

山岸君がぶすぶす、じゅるじゅる、やったあとは大窪君の番です。
カメラ係してるから、ああん、勃起してないんですよぉ、だからぁ、すぼんでる。
でも、男子ってすごいのね、大窪君の場合、すぐにおっきなって、勃起します。
「ほんなら、ぼく、いただいちゃうからぁ、由美ちゃんよぉ」
ズボンはすでに脱いでいて、あとはブリーフを脱いじゃうだけ、すぐに脱いじゃう。
「はぁあ、ああん、だめ、だめ、ああああん」
ぶすっ、ぶすっ、小柄ぽちゃな大窪君、オチンポを由美ちゃんのおめこに挿します。
「ええ気持ちやぁ、めっちゃ、ええ気持ちになるよぉ」
デジタルカメラはお写真モードで、山岸君がシャッターを切っていきます。
「ええ顔やぁ、由美、めっちゃ感じてるんや、ええ顔やぁ」
カシャ、カシャ、由美ちゃんの羞恥すがたを捉えるシャッター音が、響きます
黒い座敷机の天板に、あられもない開脚Mスタイルの由美ちゃん。
お膝とお膝の間には1mの棍棒が渡されて、お膝と肘がベルトに巻かれています。
その棍棒を括った紐が頭上のフックに留められて、無残なすがた、羞恥です。
「おおおおっ、ええわぁ、めっちゃ、由美ちゃあん、めっちゃあ、ああっ」
「ひぃやぁ、ああん、ひぃいいっ、ひぃいいっ」
ぶすぶすと大窪君、あこがれのアイドル由美ちゃんへ、オチンポ挿しているんです。
由美ちゃんは、三人の男子から、屈辱の罠にはめられて、イカされつつあるんです。
ずんずん、由美ちゃんだって、昇ってきちゃって、アクメへあと少しで、イッテしまう。
イカされちゃうの、しゃくですけど、おめこをぶすぶすされるから、しやないですよねぇ。

-28-

あられもない羞恥姿の由美ちゃんに、男子が順番に、勃起オチンポを挿していきます。
ふたたび村井君、愛車レクサスに女の子を乗せて、いつもセックスしちゃう男子です。
座敷机のうえに、1mの棍棒でお膝を開かせた由美ちゃんへ、オチンポ挿しちゃうんです。
「ほんなら、由美ぃ、さいごまで、いっちゃうかなぁ」
スキンの袋、まだ封は切られてないけど、指にはさんでる村井君、下半身は裸です。
勃起してるオチンポ、根っこを握って、由美ちゃんの正面から、ぶすぶす、するんです。
由美ちゃんは、こころのなかの回路がズタズタに、切られてしまって快楽だけ。
「はぁああん、だめですぅ、あああん」
「ええんやろ、気持ち、ええんやろ、由美ぃ」
太ももを160度にも拡げて持ち上がったお膝、その真ん中へ、村井君、挿しこみます。
「あああん、ひぃやぁあああん」
ぶすっ、亀頭が挿され、カリ首が埋め込まれ、そうして陰茎の半分が、挿しこまれます。
「おおおっ、ええわぁ、由美ぃ、最高、めっちゃ、締まるやん」
ぶすっ、ぶすっ。
「ひぃやぁあ、ひぃやぁああん」
「おおっ、ええ、ええ、スキン、つけて、するわぁ」
挿しこまれている勃起オチンポを抜いて、スキンをつけちゃう村井君。
ぱっちん、オチンポの根元までスキンをかぶせて、そのまま、由美ちゃんへ。
「ひぃいい、やぁああっ、ひいいっ、ひいいっ」
由美ちゃん、無残、お膝を1mにひろげられたまま、腕も1mにひろげたままです。

由美ちゃん、山岸君と大窪君が見入るなか、村井君に正面から、挿しこまれます。
勃起したオチンポは、二十歳になったばかりの由美ちゃんに、快感を与えます。
由美ちゃん、こんな強烈な体験は、もちろん初めて、羞恥のなか、喘いでしまいます。
「ひぃやぁああん、だめ、あああん、あかんですぅ、あああん」
「ええわぁ、由美ぃ、ちんぽ、おめこ、ええわぁ、おおおおっ」
ぶすぶす、じゅるじゅる、村井君、スキンをつけたオチンポ、もう発射しそうです。
「おおおっ、でそうや、うぐうううっ、おおっ、おおっ!」
ぎゅっとからだに力が込められ、ぶすぶす、一気に早くなって、ああああっ。
由美ちゃん、すざましいピストン運動に、ずんずん昇っていくんですけどぉ。
「ひぃやぁああん、ひぃやぁあああん」
ぎゅっと唇を噛んで、イッテしまいそうな気持ちを、こらえて、おさえて、はぁああ。
「でる、でる、でるぅう、ううっ、うううっ!」
ぶっすり由美ちゃんのおめこに、勃起オチンポ挿しこまれたまま、ぴくん、ぴくん。
由美ちゃんは、村井君の痙攣を、おめこのなかで感知して、うぐぐぐっ、感じます。
でも、でも、無残、お膝をひろげっきり、お腕もひろげっきり、アクメ寸前でおわりです。
「ひぃやぁあ、ああん、もう、だめ、あかん、ゆるして、ゆるしてぇ」
「ふふん、おれ、いれてやるよ、おれのちんぽ、いれるよぉ」
村井君が引き抜いたあと、すぐさま、山岸君が、オチンポ挿入にはいります。
由美ちゃんの裸体は汗ばんで、白いお肌はほんのりピンクに染まっています。

-29-

二回三回、ぶすぶす、由美ちゃんのおめこへ挿入した山岸君、引っこ抜いてスキンです。
スキンをかぶせて、由美ちゃんの、おめこのなかで射精するんです。
もうしっとりと汗ばんだ、由美ちゃんのひろげきったお股の真ん中、エロいですぅ。
男子のオチンポ受け入れたおめこ、びっしょり濡れて、とろとろのお蜜が溜まっています。
「ううっ、うううっ、わぁああっ、ひぃいいっ」
ぶすぶす、スキンをかぶせた山岸君の勃起おちんぽが、由美ちゃんを襲います。
もう、いく寸前、大学二年生の由美ちゃん、喜悦にお顔の表情が、軋んでいます。
お膝とお膝の間には1mの棍棒が渡っていて、閉じられないお股です。
そのお膝がぎゅっと持ちあがって、肘がひろがり棍棒が胸につかえそう、由美ちゃん。
「おおおおっ、由美、いいよぉ、やっか、最高だよぉ、おまんこぉ」
ぶすぶす、スツールに座って、腰を前へ後ろへ、挿しては抜いて、ぶすぶす。
出しおわった村井君は、もう興味がないのか、知らん顔です。
「あああん、だめ、だめ、いっちゃう、いっちゃう、いっちゃうよぉ」
ぶすぶす、ぶすぶす、山岸君、進むべきか止めるべきか、一瞬ひるみます。
でも、いったん、抜いちゃう、まだ、もう少し挿しこんで、やりたいんです、山岸君。
スタジオに置かれた座敷机の上にのせられている由美ちゃん、大学二年生。
美女コンでグランプリを受賞した二十歳の女子、由美ちゃん、それなのにですぅ。
セックスすることが、嫌いじゃありません、好き、女の子ですもの、好きですけどぉ。
三人の男子から、されちゃうのは、とっても屈辱、見られちゃうのが羞恥、です。

大原の山荘、スタジオのなか、由美ちゃん開脚M、全裸で丸出しすがたです。
「ほんなら、いっきに、いただいちゃうよ、いいな、由美」
山岸君、まだ大窪君が残されているのを忘れたかのように、ふるまいます。
「はぁあ、ああ、、もう、もう、あかん、あかんですぅ」
「ふふ、だから、イカセテやりてえんだよぉ、あのよへ、だよぉ」
ぶすっ、ぶすっ、ぶすぶす、山岸君、最初はゆっくり、三秒ほどかけて一回。
だんだん、速まってきて、一秒に一回くらいの速さで、ピストン運動です。
由美ちゃんは、もう、ヘロヘロ、ぎゅっと歯を食いしばる仕草で、こらえます。
快感、苦痛、喜悦、屈辱、羞恥心、恍惚感、はぁあ、はぁあ、めっちゃ、ああっ。
「ほら、由美、ええやろ、ほら、ほら」
「ひぃやぁ、ひぃやぁ、ああっ、ひぃい、ひぃい」
「おおっ、だすぜ、出すぜ、出すぜよぉ!」
ぴくん、ぴくん、痙攣を起こしちゃう山岸君、ぎゅっとこらえた表情です。
精子を出しちゃうって、とってもいい気持ちなんかしら、男子の人たち。
由美ちゃん、射精を受けて、こころのなかを踏みにじられちゃう、ひぃいいっ。
でも、ああ、もう一人、大窪君が、残っているから、受け入れちゃうぅ。
「おれ、してやるよ、由美ちゃん、おれ、入れちゃうよ」
すでにスキンをかぶせていた大窪君、すぐさま、由美ちゃんの正面です。
セックスのすえた匂いがこもる撮影スタジオ、窮屈な格好、変形開脚Mすがた。
とっても、由美ちゃん、屈辱のなか、もう気を失う寸前、朦朧、くたくたです。
でも、さいごの大窪君が射精に臨んで、由美ちゃん、観音さま、優しいお顔です。
この場がおわったあと、由美ちゃん、とっても安らかなお顔になって、お釈迦様ですぅ。

-30-

<由美ちゃん観察されてそのあとは>

座るところがお馬に乗るときの鞍のかたちになった十字背もたれ椅子なんですけど。
座らされちゃうと、女の子のお股が、丸見えになっちゃうお椅子です。
学内の美女コンでグランプリに選ばれた二年生の由美ちゃんが、お座りするお椅子。
このお椅子、お尻を置くところ奥行は40cmですけど真ん中は20cmしかないU字です。
「ほら、座れよぉ、由美ぃ、たっぷり、見てやっからよぉ」
「はぁああん、いやぁああん、こんなかっこうで、すわるなんてぇ」
「文句ゆうなって、由美ぃ、文句ゆうたら、お仕置きしちゃうよ」
変な格好をしたお椅子に、由美ちゃん、座らされてしまうんです。
お椅子は木製で、背もたれは10cm板、十字架になっていて1mの高さです。
由美ちゃん、十字トロトロ椅子って呼んでいる、この椅子にお尻を置いちゃう。
もう裸にされていて、首にワンちゃんの赤い首輪とお紐が唯一の装飾品です。
「トロトロ椅子、ええ名前やろ、トロトロになるんやで、由美ぃ」
祇園にある高級料理屋の御曹司、村井君が、にたにたお顔で、話しかけます。
「はい、ごしゅじんさま、とろとろに、して、くださいませ」
男子三人には従順になることを誓わされた由美ちゃん、お仕置きされたら大変。
由美ちゃんは素っ裸、赤い首輪をはめただけ、赤い紐が従順のしるしです。
村井君、山岸君、大窪君、三人の男子だって、T字帯、さるまた、ふんどし姿です。
ここは京都の大原、山の中の一軒家、かって温泉旅館、いまは貸しスタジオ。
レクサスを愛車にしている村井君、一日五万円のお屋敷はお父さん名義なんです。

十字トロトロ椅子に座らされる由美ちゃん、ウエストがすぼんでいるんですけど。
胸とお尻、けっこうボリュームがあるんです、さすが美女コングランプリです。
ぷっくらお椀をかぶさた形のおっぱい、まんまるいお尻、それに足だって。
身長は156cmだから、そんなに高くはないけど、でも、まあ、可愛い美女。
世界遺産の神社で巫女さんのバイトをしていて、カワイイ巫女さんとの評判なんです。
「ほんなら、ちょっと、細工しちゃうよ、由美、いいよね」
「はい、してくださって、かまいません、恥ずかしいけどぉ」
由美ちゃん、そんなお言葉を、小さなお声ですけど、言っちゃうんです。
山岸君が由美ちゃんを、十字の背もたれへ、手首を肩の横で括ります。
ピンクと赤の混じった帯締めで、帯締めってやわらかいからぁ。
手首を肩の両横に括られて、胸をふさぐにふさげないようにされちゃう由美ちゃん。
そうして、由美ちゃん、150cmの竹竿に、足首をひろげ、括りつけられてしまう。
「はぁあ、ああん、こんなかっこう、わたし、ああん、ありがとうございますぅ」
このスタジオは正面の壁一面が大きな鏡になっています。
カーテンが閉められていたけど、開かれて、由美ちゃんの姿がまる映りです。
十字トロトロ椅子に座った由美ちゃん、変形大の字姿、お股が剥きだしです。
おっぱいだって、丸出し状態ですけど、ああ、由美ちゃん、隠したいです。
でも、手は肩の横、足は足首ひろげられていて、閉じられないんです。
「ええやろ、由美、ええ格好やろ、たっぷり、見てるんやから、なぁ」
男子が三人、由美ちゃんの前1mのところで、並んで見つめているんです。
「はぁあ、ああん、そんなに見たらぁ、ああん、あかんですぅ」
ためらっちゃう由美ちゃん、二十歳になったばかりの大学二年生ですからぁ。

-31-

足首をひろげて括られた竹竿、十字トロトロ椅子に座っている由美ちゃん。
「ああん、そんなにみつめちゃ、いやですぅ、そんなに、みないでぇ」
由美ちゃんが座るトロトロ椅子は、馬の鞍にまたがる格好になってるんですけど。
前部分がなくて奥行は、お股のところ20cmしかないから、お尻の穴まで見えちゃう。
由美ちゃんの、ぱっくりひろげられたお股を、三人の男子が、見つめているんです。
「よう見えるわぁ、由美、よう見えてるよぉ」
鞍になった椅子に座って、馬をまたぐ格好だから、太ももから足首までが垂れます。
足掛けに足を置くんですけど、竹竿で1mにひろげられていて、股間は開きっぱなし。
「ふふ、ええ格好や、ほら、由美、見てみろ、鏡、ほら」
正面の壁に張られた大きな鏡、由美ちゃんの羞恥の姿が、映っています。
「ああん、こんなの、いやぁあ、いやですぅ」
だって、由美ちゃん、自分の姿が、まともに見えちゃうんですもの。
全裸に赤い首輪、赤い紐、そてにお股をぱっくりひらいちゃって、羞恥の沙汰です。
それに、手首を肩の横に括られているから、おっぱい隠すこともできないんです。
「ふふふふ、まあ、な、由美、たっぷり、なぶってやっから、なっ!」
皮製のスーツケースが、トロトロ椅子の斜め前のテーブルに、置かれます。
その海外旅行用のスーツケースのふたがあけられると、お道具がいっぱい。
「ああああん、なんですかぁ、そんなのぉ、だめですよぉ」
由美ちゃんのお顔が、びっくりというよりも、こわばってしまった表情です。
由美ちゃんが、これからカワイがってもらうお道具が、詰められているんです。

素っ裸、首には赤い首輪がはめられ赤い太紐、手は肩の横、お股は開いたまま。
「見てみろよ、美女コングランプリ、由美さまが、お使いになるお道具だよぉ」
困惑している大学二年生の美女由美ちゃんに、おとなのおもちゃを、見せちゃう。
由美ちゃん、ああん、ローターとかバイブレーターとか、それから、クスコとかぁ。
いえいえ、まだまだ、透明の筒とか、ああん、クリップとか、ボールとか。
こころの中が乱れちゃう由美ちゃん、そんなの、使ったことないけど、恥ずかしい。
「ふふん、由美、知ってるんやろ、体験済み、なんかなぁ」
村井君が、バイブレーターを手にて、にたにたお顔で、由美ちゃんに言っちゃう。
「はぁあ、ああん、そんなの、使ったこと、ないですぅ」
「ほんとかよぉ、ほんなら、使ってやるから、楽しみに、だよ~ん」
「はぁあああん、そんなん、あかん、あかん、ぜったいあかんですぅ」
奈落の底に落とされたような感覚になる由美ちゃん、二十歳になったばかりです。
「ふふん、その前に、だ、見てやらなくっちゃ、な、ビフォー、アフターって、さ」
「使用前、使用後、ってわけだよな、いいねぇ、楽しみだよぉ」
「はぁあ、ああん、そんなの、だめよぉ、あかんですよぉ」
まだ、なにも始まっていないのに、由美ちゃん、もう穴があったら入りたい気持ち。
じくじく、男子たちの視線と言葉で、翻弄されていく由美ちゃんです。
「ほんなら、開いてやっから、なっ、由美ぃ、いんしん、おまんこぉ」
山岸君、由美ちゃんのお股へ、手を伸ばしてきちゃいます。
閉じるに閉じられないお股、お馬の鞍に座った格好の由美ちゃんです。

-32-

由美ちゃんが所属している美食研の先輩でもある山岸君が、点検役です。
「使用前の由美、点検してあげるから、賢くしておくんだよ」
ああ、もう山岸君の手が、由美ちゃんのお股をさわりだしています。
十字の背もたれに手首が括られて肩の横、足首は竹竿でひろげられています。
お馬の鞍になった座部は変形、前部の真ん中が凹んで、お尻の穴まで見えちゃいます。
「ああん、だめですよぉ、だめ、だめってばぁ」
閉じるに閉じられないお股へ、山岸君の手が入ってきて、由美ちゃんたじたじです。
「ふうん、陰毛、かきあげてっと、ふふふ、この先っちょの、だよなぁ」
正面にはカメラデジタルがあるから山岸君、由美ちゃんの斜め前横に座っています。
由美ちゃんの股間の高さより、少し高めの位置から、おさわりしていくんです。
「はぁあ、ああん、だめ、だめ、あああん」
「ほうら、開いて、それから、剝きだし、だよなぁ」
縦割れの陰唇の間に指の腹、お尻のほうから入れてきて、開けちゃうんです。
「すっげぇ、由美、さすが美女コングランプリ、ピンク色やん、きれいなぁ」
割られた陰唇の内側から谷間を見た村井君が、感嘆のことば。
「はぁあ、ああん、いやぁああん、だめ、あかんですよぉ」
由美ちゃん、局所、お股の陰唇だけを開かれて、恥ずかしさでいっぱいです。
「いいからいいから、ほら、剝いてやるよ、ほら、出てきたよぉ」
陰唇の先っちょ、陰毛の下、そこを剝かれてしまうと、由美ちゃんの急所が露出。

「ひぃやぁああん、だめだめ、きついですぅ」
「ふふっ、効くんだよなぁ、クリ弄り、由美、ないちゃうかなぁ」
クリトリスを剥かれてしまって、そのうえ、クリトリス、楊枝の根元で突つかれちゃう。
「ようくみてやれよ、由美のよぉ、クリトリス、かわいいじゃん」
「ほんまや、何ミリあるんやろ、豆、ぷっちゅん、クリトリスぅ」
小さな半透明で赤みがかったピンク色、つるつるしているクリトリス、由美の陰核。
「ひぃやぁああ、あああん、だめ、あかん、やめてくださいぃ」
肩の横にあげた手を、ぎゅっと握ってしまって、太ももはピクピクと痙攣です。、
クリトリス、剥かれてしまって、先っちょを、楊枝の根元で突つかれているんです。
「ええ顔するんだよなぁ、由美、そんなに感じるんかい、クリトリス」
デジカメが至近距離から由美ちゃんの、クリトリスを撮っています。
そうしてクリトリスのバック、ゆらゆらの陰毛と由美ちゃんのお顔までも写ります。
「ほんなら、由美、つぎは、何処だろなぁ、ふふ、膣かなぁ」
左右の陰唇を指にはさんで、山岸君、剝いてしまうんです、めくりあげですぅ。
お馬の鞍にまたがる格好の由美ちゃん、でもその前部分が無いから、股間丸出し。
「ほら、ほら、由美、見えてきちゃった、おまんこの入り口だよぉ」
クリトリスがあって、膣前庭があって、そのした、割れ目の中の割れ目が開きます。
開いたなかには、にくのかたまり、襞になった固まりが、穴を塞いでいるかのようです。
「膣、由美の膣、なかを見たいよなぁ、興味あるよなぁ」
女の性器、膣のなかを、男子たち、みてみようとゆうのです。
お道具、膣のなかを見るためのお道具、直径5cmの透明筒が用意されています。

-33-

アクリルでつくられた直径5cmの透明な筒、長さ15cm、厚さは1ミリです。
メッシュ状に小さな穴があいていて、外側には突起がつけられているんです。
こけしのお人形さんみたいな格好ですけど、トロトロお筒、現代美術の作品なんですって。
「美女コングランプリの山野由美、いいよねぇ、これ挿しこんでよぉ」
山岸君がトロトロお筒の根っこを握り、由美ちゃんの陰毛のうえをさすります。
「ふふん、見てやるんだよ、これで、おまんこの、なかを、だよ!」
お馬の鞍にまたがった格好の由美ちゃん、手は肩の横に括られています。
お股丸出しになった由美ちゃん、お尻を前にずらされて、股間が斜め上向きです。
「ああん、そんなのぉ、ああん、だめですよぉ、あああん」
由美ちゃん、どうしようもないじゃないですか、開けたお股の真ん中へ、トロトロお筒。
少し丸味を帯びたトロトロお筒の頭部が、由美ちゃんの膣口に当てられています。
「ふふん、入れて、イボイボで、こすってやっから、ゾクゾクいちゃうぅ」
頭部はこけしお人形さんの頭だから、ああ、由美ちゃんのおめこに、挿しこまれます。
1cm、2cm、3cm、うにょうにょと動かされ、膣のなかに咥えられていきます。
お股をひらけたかっこうで、太ももが120度に開かれて、真ん中にトロトロお筒です。
「ひぃやぁあ、ああん、きつい、あかん、だめですよぉ」
由美ちゃん、腰をねじっておからだ、動かせるんですけど、お股は動きません。
挿しこまれて、抜かれて、挿しこまれて、抜かれて、直径5cmの透明な筒です。
「ふふん、ほらぁ、はんぶん、入っちゃったよ、おおっ」
山岸君、15cmのトロトロお筒を、半分以上由美ちゃんに埋めこんだところです。

村田君と大窪君が、山岸君が握ったトロトロお筒のなかを覗き込みます。
「おおっ、見えるやん、由美のよぉ、おめこのなか、見えるううっ」
「ほんまやぁ、ピンクやん、おく、奥まで、丸見え、すっげぇ、なぁ」
「山野由美のおめこのなかだよ、見ものだよなぁ、クラクラしちゃうよ、なぁ」
「あああん、みちゃあ、だめ、あかん、あかんですよぉ」
由美ちゃん、閉じるに閉じられないお股、太ももをプルプルふるわせています。
肩の横に括られた手首、降ろそうとするけど、降ろせません。
素っ裸、首には赤いベルトの首輪に赤い紐、お股をひろげられている由美ちゃん。
「15cmあるんだよ、長さがよぉ」
「ぜんぶ、入れちゃうってことかよぉ」
「ちょっと無理だろなぁ、由美の膣の深さだけどさぁ」
「そやけど、チンポの長さってよぉ、それくらいあるんやろ」
「由美のおめこに、おさまりきるってこと、やって見るかぁ」
<ああん、むりむり、無理ですよぉ、そんなことぉ>
「ひぃやぁああん、やめて、やめてくださいぃ、そんなことぉ」
由美ちゃん、痛いというよりひろげられちゃう圧迫感が、キツイです。
直径5cmのトロトロお筒が、右に左にまわされながら、挿しこまれてきます。
お筒の表面にはイボイボがついているから、ああん、襞をこすられちゃうんです。
「入っていくぜ、ほらぁ、10cmは入ったよなぁ、ほらぁ」
大学二年生の由美ちゃん、美女コングランプリの由美ちゃんの膣のなかへ、です。
イボイボでこすられちゃうから、トロトロとお汁が、穴をとおって、出てきちゃう。

-34-

足首を1mにひらかれて、、竹竿に括られている大学二年生の由美ちゃん。
お股が丸見えになっちゃう乗馬の鞍形椅子、これをまたいでいるんです。
直径5㎝長さ15㎝の透明アクリル製、トロトロお筒を挿しこまれているところです。
まわりにイボイボがつけられたトロトロお筒、メッシュ状に穴があいています。
「ふふ、丸見え、由美、ええ眺めやなぁ」
「はぁあ、ああん、そんなの、ああん、みちゃあ、あかんってばぁ」
手首は背もたれ椅子、肩の横に括られている二十歳になったばかりの由美ちゃん。
トロトロお筒が10cm、由美ちゃんのおめこに挿入されて、ゆっくり、右にまわされます。
まわされる角度は90度、ゆっくりまわされ左に90度戻されます。
イボイボが、由美ちゃんのヌルヌルになってる膣襞を、こすっちゃうんです。
戻されてこんどは左に90度、ゆっくりまわされ右に戻されます。
「ひぃやぁああん、だめ、あかん、あかんってばぁ」
「ふふ、ほら、とろとろ、由美、おまんこの蜜を、だすんだよぉ」
山岸君、さも自慢げに、トロトロお筒をゆっくりまわして、由美ちゃんを刺激です。
由美ちゃん、たまりません、足首をひろげられ、鞍をまたいで、股間が丸出し。
じゅるっ、じゅるっ、お筒のまわりのイボイボで、膣のなか、こすられているんです。
やわらかい、ぶよぶよ刺激ですけど、それが溜まってきて、むず痒い。
「はぁああん、ひぃやぁああん、だめ、だめぇ」
むず痒さをこえて、じんじんの快感に昂じてくるから、由美ちゃん、恥ずかしい。
恥ずかしいけど、ああん、耐えるしかありません、快感責めなんですもの。

とろとろと膣襞から滲み出るネバ液が、トロトロお筒の穴をとおって、溜まります。
直径5cm、ひろげられた由美ちゃんの膣、奥には子宮口が見えています。
「おれ、おんなのなか、見るなんて、めっちゃ、うれしいわぁ」
「そうやでぇ、美女コングランプリ、由美のおめこ、なんやからなぁ!」
「ぞっくぞっくしてきちゃうよ、おれ、もう、たまらんわぁ」
由美ちゃん、ぎゅっと唇をかんで、屈辱、羞恥心を、こらえるしかありません。
「ひぃやぁああん、まわしたらぁ、あああん、だめ、あかん、んん」
ゆっくり、トロトロお筒をまわされて、イボイボでこすられちゃう由美ちゃん。
じんじん、じわじわ、感じてきちゃうんです、むず痒さが昂じて快感に、です。
ゆっくり、ゆっくり、90度、回されるのにいち、にい、3秒、戻されるのに3秒。
「はぁあ、ああっ、だm、あかん、ああああん」
とろとろ、由美ちゃん、上半身を揺すってしまうけど、身動きできないんです。
粘っこい由美ちゃんの羞恥汁、おめこから、滲み出てきて、溜まってきます。
村井君、その由美ちゃんの羞恥汁、スポイトで吸ってきて、小瓶に溜めちゃう。
「ふふ、由美、羞恥責めってゆうんかなぁ」
トロトロお筒のなかを覗き込み、生唾を呑みこみながら、にやにや村井君。
「羞恥責め、いいねぇ、由美ぃ、たっぷり、恥ずかしがるんやでぇ」
「いやぁああん、そんなのぉ、あああん、いやぁああん」
「ええ顔や、由美、めっちゃ可愛いでよぉ、素敵だよぉ」
かぼそいお声、女子特有の甘くて甲高いお声に、胸キュンキュンの男子。
そいで長さ15cm直径5㎝の透明筒が、膣に埋め込まれてしまうのです。

-35-

長さが15cmもあるトロトロお筒、太さが5㎝、これが由美ちゃんのなかに埋まります。
「あああん、やめて、やめてください、おねがい、あああん」
なんていえばいいんでしょうか、押しこまれるとめっちゃ圧迫感があるんです。
それに、ああん、まわりのイボイボが刺激を増幅させちゃうんせす。
「ほうらぁ、由美ぃ、入ってしまったぜ、ほうらぁ、見てみろぉ」
おめこに埋まってしまったトロトロお筒、膣口が蓋になるんですけど、膣、開いたまま。
「はぁあ、あああん、ひどいですぅ、はぁああっ」
お馬の鞍をまたいで座る格好の由美ちゃん、鞍の真ん中が凹んで、前が開いています。
だから、お股が丸出し、お尻の穴まで丸見え、その真ん中にトロトロお筒なんです。
素っ裸の由美ちゃん、首には赤い首輪がまかれて3mの赤い紐です。
足首は1.5mの竹竿にひろげて括られているんです。
十字の背もたれ、手首は肩の横に括られていて、おっぱいが丸出しなんです。
お股をぐっと突き出す格好にされた大学二年生、美女コングランプリの由美ちゃん。
「ほぉおおっ、丸見え、すっげぇ、おまんこの、なかまで、丸見えだよぉ」
陰毛が真上に、お尻の穴が下に、その真ん中に縦割れの陰唇がひろがっています。
「ほんまやぁ、おめこのなか、きれいなピンク、奥まで丸見えやぁ」
「おれにも見せろ、由美のおめこのなかをよぉ」
トロトロお筒が挿入された膣のなか、陰唇が蓋になるけど、開いたままです。
「ひぃやぁああん、だめですぅ、みたらぁ、あかんですぅ」
身動き取れない由美ちゃんが、男子の視線を、じんじんに感じちゃいます。

もう気を失ってしまうほどに由美ちゃん、羞恥心に見舞われてきています。
あられもない姿、男子三人に、かるがわるたっぷり羞恥部を、見られているんです。
「ふふん、おっぱい、ぷるぷる、いいねぇ、由美」
山岸君が後ろから、由美ちゃんの双方のおっぱいに手をかぶせ、触ってきちゃいます。
「はぁあ、ああん、やめて、やめてくださいよぉ」
「ふふふふっ、ぷりぷりしてるよぉん、ちぶさ、おっぱい、いいねぇ」
ぷっくらの裾から揺すって、乳首を指先ではねられちゃうんです、由美ちゃん。
お股にはトロトロお筒が埋め込まれ、おっぱいが揺すられ、乳首を揉まれちゃう。
興奮している由美ちゃんのおからだ、乳首がピンピンになって突っ立っているんです。
膣から、乳首から、めいっぱいの刺激を注入されている由美ちゃん。
「はぁあ、ああっ、ひぃいっ、ひぃいっ、ひぃいいっ」
おめこからトロトロお筒が抜けてきて、15cmのうち10cmを挿しこまれたまま。
はみ出た5cmを、大窪君が握ってゆっくり右に、ゆっくり左に、回転させます。
村井君が、由美ちゃんのお口に、自分で勃起させたオチンポを咥えさせます。
「ううううっ、うぐぅう、うぐぅう、ふうううっ」
由美ちゃん、もう何が起こっているのか、女の本能がむくむく湧き上がってきます。
お口にオチンポ、乳首を揉まれて、膣はトロトロお筒のイボイボでこすられます。
大原の山荘、撮影スタジオで、大学二年生、二十歳の由美ちゃんが、お悶えします。
おからだの奥の奥、とろとろの芯が萌えだして、破裂しそうになってきます。
由美ちゃん、甘いお蜜をいっぱい汲みだし、お花にむらがる虫に吸わせるんです。

-36-

由美ちゃんのお悶え呻く姿を見ている男子たち、むらむら情欲がわいています。
「おれ、もう、あかん、由美をいただいちゃうよぉ」
我慢が出来ない男子たち、勃起させたおちんぽで、由美ちゃんをもらっちゃいます。
「ほんなら順番、おれから先にいただいちゃうぜよぉ」
トロトロお筒が由美ちゃんの、おめこから抜き取られ、村井君が最初です。
村井君、由美ちゃんのお口でフェラチオ、いま、させていたところです。
鞍椅子に座った由美ちゃんの正面に、村井君座って、おちんぽを挿しちゃいます。
「じゃぁ、おれ、由美とおめこ、しょうなぁ!」
ビンビンにさせたおちんぽを、由美ちゃんのおめこへ、ぶすっ、ぶすぶす。
「ひぃやぁあ、ああん、だめ、だめ、あかんですぅ」
太ももをひろげたまま、手首は肩の横に括られたままの、由美ちゃんです。
やっぱり勃起したおちんぽの威力です、由美ちゃん、ずっきんずっきん感じちゃう。
「ほぉらぁ、由美ぃ、ええやろぉ、由美ぃ、おれのちんぽ、ええやろぉ」
ぶすっ、ぶすっ、村井君が激しく腰を動かして、おちんぽ攻撃しちゃいます。
由美ちゃん、もうめろめろ、とろとろのお蜜を垂れ流し、ヒイヒイのお声です。
村井君だって、情欲をおさえきれないから、一気に射精しちゃうつもり。
いったん抜いてスキンをつけて、そうしてそのまま、ぶすぶすと挿しこみます。
「はぁああっ、だめだめ、はぁああっ」
「ええやろ、ほらぁ、ええ気持ちやろ、ほらぁ」
ぶすぶす、村井君、激しく挿し抜き、あああっ、ぴしゅんぴしゅん、射精です。

射精しおえた村井君にかわって、つぎは山岸君、さっそく挿入しちゃう。
由美ちゃん、もう、へとへと、快感をこえてしまって、もう、逝ってしまいそう。
「ふふん、ほんなら、おれ、由美のおまんこ、いただくぜ!」
もうヌルヌルになっている由美ちゃんの、膣へ勃起おちんぽ、挿しちゃいます。
「ひぃやぁああん、はぁああん、はぁああん」
「由美、めっちゃ、ええわぁ、すぐ、おれ、出そうや、ああっ」
ぶすぶす、山岸君、由美ちゃんへ、ぶすんぶすん、もう最高です。
スキンをつけたあとは一直線、射精にむかって、ぶすぶすです。
「おおお、おおっ、でる、でる、でるぅ、ううっ!」
ぴしゅん、ぴしゅん、ぐっとこらえて、ぴしゅん、山岸君のおわりです。
ああん、まだ大窪君が取り残されているんです。
すぐに出そうだから、スキンをかぶせたまま、由美ちゃんに挿入します。
「あこがれの由美ちゃん、いっただきますぅ!」
ぶすっ、ぶすっ、ビンビンにさせた勃起おちんぽを、由美ちゃんに、です。
由美ちゃん、太ももひろげたまま、手を肩の横に置いたまま、交尾です。
「はぁああん、だめ、だめ、いっちゃうよぉ、あああん」
由美ちゃんをいかせるためには、めいっぱい、勃起おちんぽを使わなきゃ。
「ひぃいいっ、ひぃいいっ、いく、いく、いっちゃうぅうう~!」
大窪君の射精にあわせて、由美ちゃん、ついにオーガズムを迎えたんです。
こうして、大学二年生の美女由美ちゃんは、セックス女子にされていくんです。
(この章おわり)
淫ら部屋にリンクしています
愛欲アトリエにリンクしています
淫乱の羞恥部屋にリンクしています


小説のタイトルです
訪問者さまの人数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: