愛の巣写真と小説集

愛の巣写真と小説集です

淫ら部屋

淫ら部屋-1-

淫ら部屋(1)-1-
 1~12 2014.2.17~2014.3.6
  1200sx1501070037
-1-

大島由佳が、クラブの先輩男子三人に連れ込まれたのは、マンションのお部屋です。
淫ら部屋、由佳はその名前をどこかで聞いた記憶があるけど、思い出せない。
「だから、大島由佳がさぁ、おれらのお相手してくれる、みだらべやなんだよ」
リーダー格の大村真一が、手首を括りタオルで猿轡させた由佳に、言い寄ります。
「ううううっ、うう、ううううっ」
由佳、お声が出せずに、呻くしかないんですけど、何されるのか不安いっぱいです。
フリルのついたピンクのブラウスに紺のミニスカート、黒いパンスト、大学二年生。
手首を前に括られ、口にはハンカチを丸められてかまされ、タオルで猿轡です。
淫ら部屋と呼ばれるマンションの一角、大村真一のおじいさんが所有の秘密部屋。
ええ、女の子が連れ込まれて、調教されて感じる女に変貌していくんです、淫ら部屋。
「裸にしちまえよ、われらのアイドル大島由佳を、たっぷり楽しもうぜ!」
田中明弘と村田省吾、大村真一ともに大学四年生、クラブは美術クラブです。
マンションのリビングルーム、ソファーがあり、テーブルがあり、書棚があります。
調度品はヨーロピアン調で、直輸入品で高級な家具、隣の部屋はベッドルームです。
田中明弘がソファーに崩れた由佳を立たせて、うしろから抱きます。
村田省吾がブラウスのボタンをはずしだし、はずしおわるとミニスカートを脱がせます。
「うううっ、うううううっ、ううううっ!」
身をよじって抵抗する由佳を、腕力旺盛な明弘が抱きしめ、動けないようにします。
「うううううっ、うう、うう、うううううっ!」
省吾は、由佳のミニスカートを脱がせてしまって黒いパンストを脱がしにかかります。
抵抗する由佳、目には涙がたまっていて、突然の乱暴におののいているんです。
「まあまあ、そのうち、おとなしく、従順になるんだから!」
真一が、由佳の髪の毛を左手で束ねて掴み、顔をあげさせ、右手で顔を覆います。
「ほうら、大島由佳、じたばたするな、静かにしろ!」
ブラウスのボタンが外され、ピンクのブラが露出しています。
ミニスカートが脱がされ、お尻を覆っていた黒パンストが、太ももの根っこまで降ろされ。
手首を括っている紐を頭上の鉄棒にまわして、留めてしまって、由佳、立ち姿です。
畳なら16畳敷きの淫ら部屋、その真ん中に半裸で立ち姿に留め置かれた由佳。
お顔を覆うタオルの猿轡、目を潤ませて、涙を溜めた大島由佳が、写真に撮られます。

-2-

大学で美術クラブに所属する由佳が、先輩の大村真一たちに誘われてドライブ。
真一が乗る白いレクサスで琵琶湖をまわって、北山のマンションへやってきたんです。
レクサスには真一が運転、田中明弘と村田省吾が同乗、由佳を連れ込んだんです。
「猿轡、取って、由佳の顔を出させて、もういちど写真や!」
真一が、カメラを構えた省吾の顔を見、明弘に由佳の猿轡を取るようにいいます。
手首を括った紐が頭上の鉄棒に渡され、由佳は手をあげた立ち姿です。
「ほんなら、取ってやるから、大きな声、出すなよ」
明弘が由佳の口に覆ったタオルをほどき、かませたハンカチを取ってやります。
お顔が露わになった由佳、苦しかった呼吸、大きく吸い込み、吐きます。
「はぁああ、ああん、せんぱぃい、こんなの、だめだよぉ」
もう、フリルが付いたピンクのブラウスはボタンが外されているから、ブラが露出です。
ミニスカートを脱がされて、黒パンストは太ももの根っこまで降ろされ、パンティ露出。
肩までの髪の毛は乱れて、半裸にされた由佳は、涙を溜めて男子を見ます。
カシャ、カシャ、省吾が、由佳の正面から、縦にしたカメラで写真を撮っているんです。
「琵琶湖で撮った写真があって、この写真があって、いいよねぇ、由佳!」
由佳のお顔を眺めている真一が、頭のうえから爪先までを見ながら言います。
「たっぷり、由佳の裸を、撮りたいんだよなぁ!」
カシャ、カシャ、シャッターを切りながら、にやにやお顔の省吾が、言うんです。
「いやぁああん、そんなの、だめだよぉ」
手を頭上に上げていて、座ることができない由佳、なされるがままです。
明弘が、ブラジャーのホックをはずし、由佳の首まで持ち上げ、胸を露わにします。
乳房を露出された由佳、ぷっくら、盛り上がる乳房に、真一、眼が釘づけです。
「ふふふ、パンティも降ろしてしまえよ、明弘!」
「わかりやした、パンティ、降ろしましょう!」
そういわれても由佳には、どうしようもない、されるがまま、抵抗できないんです。
ヨーロピアン調の家具のリビングで、大学二年生の由佳、お洋服を剝かれます。
「いやぁああん、やめて、やめてよぉ、だめだよぉ」
パンストが脱がされパンティが脱がされ、ブラがハサミで切られて、ブラウスだけ。
手首を括られ上にあげ、ボタンが外されたブラウスだけの裸にされた、由佳です。

-3-

この北山にあるマンションは、隠れ家、女の子がエッチされる処、淫ら部屋です。
広いリビングは32畳、それに四畳半のお部屋ふたつは、ツインルームになっています。
もちろん、バス、トイレ、キッチンもヨーロピアン調、豪華な寝室はダブルベッドです。
由佳は連れ込まれてきて、括られた手首を鉄棒上部に括られ、ブラウスだけの裸です。
高さ2m、幅1.6mのパイプ製、移動式鉄棒に手をあげて、立たされている由佳なのです。
由佳のまえにはカメラを手にした省吾がいます、由佳を縛ったりする明弘がいます。
「ええからだしてるやん、おれらのアイドル、大島由佳だよ」
「ほんま、おっぱい、ぷっくら、下のお毛けも、エロいよな」
リーダー真一は、由佳の背後にいて、背中からくびれた腰、膨らんだ尻をさわります。
「あああん、こんなことして、訴えるからぁ」
手を挙げたままの由佳、ボタンを外したブラウスだけだから、お尻丸出しです。
「ええ尻してる、由佳の尻って、でっかいめだよなぁ」
三人の先輩男子に視姦されている由佳、真一にお尻を撫ぜあげられているんです。
「明弘、さわってやれ、省吾、写真いっぱい撮れよ、動画もだぜ!」
これを合図に、明弘が由佳のおっぱいから陰毛を、省吾が写真、真一は後ろから股間へ。
真一と明弘の手が、大学二年生美術クラブ所属の可愛い美女大島由佳を弄りだします。
「いやぁああん、やめて、やめて、やめてくださいぃ!」
手を頭上に持ち上げられている由佳が、迫る男子の手から逃れようと、あがきます。
お尻を振ってしまうし、肩を揺すってしまうし、お顔を上向かせ、身震いする由佳です。
「おおおおっ、柔らかい、ぷっくら乳房、柔らかいねぇ」
「いやいや、陰毛だって、柔らかいんや、滑らかやん、由佳ちゃん」
「あああん、やめて、こそばいから、やめてよぉ」
男子の執拗な手の動きに、由佳、身をくねらせて、逃れようとするけど、無残です。
お尻と太もものつけ根のところから、右手を挿しいれた真一が、股間を弄ります。
「いやぁああん、いや、いや、やめてよぉ」
真一の右手の平が、由佳の股間の全部を包んでいて、モミモミされているんです。
「ほら、由佳ちゃん、足を、ひらいて、ごらんよ、ほらぁ」
後ろから挿しいれられる手、指先が陰毛のスソにまで出ていて、弄られているんです。
「鉄棒、降ろせ、バックから、入れてやっから、さぁ」
絨毯の床に水平の鉄棒が、1.2mの高さまで降ろされ、由佳の裸体が降ろされます。
ブラウスしか着けていない由佳、明弘に上半身を支えられ、足をひろげされます。
手首を括られた由佳、鉄棒が降ろされてもそのままで、鉄棒を握らされてしまいます。
「まあ、まあ、バックから、ぶっこんでやるから、よろこべよ、由佳ちゃん!」
リーダーの真一が、勃起させたオチンポを、バックから由佳のチツへ挿入するんです。

-4-

淫ら部屋、高さ1.2mの鉄棒を握らされた由佳、足をひろげさせられ、後ろには真一です。
由佳の前には明弘が立っていて、由佳が崩れないように、上半身を抱いて支えます。
真一が由佳のお腰に背中からお腹を包む格好で、腕をまわして、お尻をあげさせるんです。
ぼたんが外されたブラウスのほかは、何も着けてない裸にされた大学二年生の由佳です。
「ほうら、由佳ちゃん、この格好で、突かせてもらうよ!」
真一の勃起したナマオチンポが、足をひろげて、お尻を持ち上げた由佳へ、ぶすぶすっ。
亀頭が、由佳の正面向いた膣へ挿入され、そのまま、ぶすぶす、半分まで挿しこまれます。
「おおおおっ、さすがぁ、アイドル由佳ちゃん、いい感じだ、締まりすぎぃ!」
「ひぃやぁああん、ひどい、ひどい、ひどいですぅ」
泣き声にかわる由佳の反応を感じて、サディスト真一、オチンポを抜いちゃいます。
きっちり締まりすぎる大学二年生由佳の膣、最初の一突き、真一が驚くほどです。
「まあ、ゆっくり、ひろげて、いれてやっから、なっ!」
由佳のお腹へ腕をまわして、お尻を持ち上げる真一が、ニタニタ笑い顔でいいます。
下を向き、まわりを見渡せない由佳には、真一の姿とお顔が見えません。
ドライブに誘われて琵琶湖で遊んだあとに、連れ込まれてきた淫ら部屋です。
由佳はいま、手首を括られたままで鉄棒を、握って足首を60cmもひろげています。
いったん抜いた真一は、由佳の臀部、足のつけ根にひろがる性器を、眺めます。
「ほんなら、ゆっくり、入れてやるから、さぁ」
腰をひねって亀頭を由佳の膣にあてがい、その亀頭だけをぶすっと挿し入れます。
「ふふん、省吾、これは動画で撮っとけよ、動画だよぉ」
ぶすぶすっ、亀頭から3cmほど、陰茎が由佳のおめこのなかに隠れてしまいます。
「ええか、いくぜ、おおおっ!」
めくれあがる由佳の陰唇、そこへ真一のナマオチンポが、挿されてしまうのです。
ぶすぶす、真一の陰毛が由佳の股間に擦れるくらいにまで、勃起オチンポ、挿されます。
「ひやぁああん、だめ、だめ、卑怯よ、だめだよぉ!」
なにをされているのか、由佳、わかりきっていることに、女としての反応です。
無理やりに男の餌食にされていく、そのやるせない哀しい気持ちになる由佳。
そのうちに、こころをひらいて、受け入れるとしても、最初はキツイです。
「おおおっ、咥えたよ、由佳、おれのチンポ、咥えたよぉ!」
きっちり根っこまで、真一の、ナマの勃起オチンポ、由佳の膣にすっぽり収められたんです。

-5-

大島由佳、京都にある大学の文学部二年生、二十歳、美術クラブ所属。
可愛さでは大学内でナンバーワンの美貌を持つ由佳は、男子たちのアイドルです。
繊細な色と筆使いの日本画は、美大生のそれと変わらない技量だと褒められています。
その由佳が、先輩男子三人とドライブの帰りに、ここ淫ら部屋に連れ込まれたんです。
男子の目的は、由佳をセックスペットにしてしまう、そのための調教を施すというのです。
そんな魂胆は知る由もない由佳、先輩真一が運転する白いレクサスに載せてもらって。
「おおおおっ、よう締まるよぉ、由佳ちゃん、めっちゃ、いいよぉ!」
由佳のお尻を持ち上げ、立ったままの真一はバックから、勃起オチンポを挿しています。
前からは明弘が、由佳の上半身を逆羽交い絞めの格好で、抱きしめています。
床から120cmにされた鉄棒を握る由佳、前から抱かれ、後ろから抱かれて挿される。
一部始終は省吾がカメラで、写真と動画で、由佳のあられもない羞恥姿を撮ります。
「ああん、いやぁああん、ゆるしてください、おねがい、ああん」
ブラウスを羽織っただけの裸にされて、足をひろげさせられている由佳の声です。
まん丸いお尻が持ち上げられて、足をひろげているから、女性器が丸出しです。
そこへ真一が、ナマの勃起オチンポを、ぶすぶすと容赦なく挿しこんでいるんです。
「いいねぇ、素晴らしいよぉ、可愛い由佳ちゃんよぉ!」
足をひろげ、腰を突きだす格好で、勃起オチンポを、由佳に挿しこむ真一。
きっちり締まる由佳のチツ、真一のオチンポが太いからかも知れません。
だって由佳、ほとんど未経験に近いから、膣の筋肉トレーニングが出来ていない。
「ああああん、やめて、やめて、やめて、くださぃい」
こんな無理強いされると誰だって拒否してしまうのが、男子にはわからないのです。
「まあまあ、由佳ちゃん、おっぱいモミモミしてやるぜ!」
真一は勃起オチンポを挿したまま、由佳の背中にかぶさるようにして。
手を由佳の胸にまわし、双方の乳房をそれぞれ手に包み、モミモミいだすのです。
由佳のお顔が、前から逆羽交い絞めする明弘の、お腹に当てられ、支えられます。
「おおおっ、でるわ、でそうや、おおおっ、でる、でる、でるぅ!」
ぶすぶすと、挿して入れてしている勃起オチンポを、一気に抜いて真一、射精しちゃう。
勃起オチンポの先っちょから、ぴしゅん、ぴしゅん、由佳のお尻に精子スペルマです。
由佳、いい気持どころか犯されて、ひどい羞恥と屈辱に、もう泣き出してしまいます。

-6-

ここは女の子が悶える淫ら部屋、京都は北山にある高級マンションの一室です。
アイドル大島由佳が、先輩の大村真一から、バックスタイルで挿入されたあとです。
次は由佳が倒れ込まないように、抱いて支えた田中明弘が、観察のあと挿入です。
「ほんなら、由佳、おれが、いただいちゃうから、いいよね」
手首を鉄棒に括られ、ボタンを外されたブラウスだけを着ている由佳にいう明弘。
由佳は、バックで真一から強引に、おめこをこじ開けられたから、もうぐったりです。
鉄棒は高さ120cm、立たされると由佳の胸のうえ、明弘の手には別のロープが。
開脚Mのスタイルで、可愛い美女、男子のアイドル大島由佳が、ご開帳されるんです。
「いやぁああん、せんぱいい、だめよ、だめよ、こんなことぉ」
大学では美術クラブの部室で、一緒におしゃべりしたり絵を描いたりしている、先輩たち。
その先輩男子三人に、ここへ連れ込まれ、セックスを強要されている由佳なんです。
それも正常な体位ではなくて、抵抗できないように縛られたまま、セックスされる。
ヨーロピアン調のシックな調度品は、真一の実業家おじいさんの所有だからです。
「だから、さぁ、由佳、椅子に座れよ」
北欧の木でつくられた背もたれ安楽椅子が、由佳の後ろにおかれ、座らされます。
「ああん、なにするんですか、いやぁああん」
明弘の魂胆がわかって、由佳の表情がこわばり、うろたえてしまいます。
由佳のお膝裏から、左右別々に束ねられたロープがまわされ、引き上げられる。
160cm幅の鉄棒両端には、直径5cmの留め金具、鉄輪がつけられているんです。
「ええ格好やろ、由佳、鏡に映して、見せてやるぜ!」
きっちり、お膝をひろげて持ちあげられ、太ももを観音開きにされてしまった由佳。
恥ずかしい、屈辱、あられもない女の子にとっては、ありえない格好。
大学で一番の可愛い美女、日本画を描く由佳が、恥ずかしい格好にされたんです。
「いやぁああん、やめてよぉ、こんなのぉ、ほどいてよぉ!」
大きな鏡台を、開脚されてMの格好になった由佳の前、1mに置かれてしまう。
立てられた鏡には、由佳から見て自分の股間が、ばっちしリアルに映っています。
「あああん、いやよぉ、こんなの、いやぁああん」
自分ひとりの時でも、こんなにリアルに、自分の股間を、見たことがない由佳。
男子三人が目の前に立っていて、目線が自分のそこに集中しているんです。
由佳、手首を合わせて括られ鉄棒の真ん中、お膝がひろげられて鉄棒の両端に。
安楽椅子の背もたれが後ろに30度たおされ、股間がせりだす格好に。
「ははん、由佳、たっぷり見せてもらって、それからだねぇ!」
由佳のなかで射精したいのをがまんして、明弘が、女性器の外観を観察します。
鏡のかわりには村田省吾が撮る動画が、壁にかかったモニターに映し出されます。

-7-

安楽椅子に股間をひろげ、お尻をせり出す格好にされてしまった、全裸の由佳。
手をひろげて横幅1.6mの鉄棒に留められ、お膝をひろげて手首と共に留められ。
「いやぁああん、こんなの、いやぁああん」
大学二年生の由佳、男子三人に囲まれ、羞恥心と屈辱感で、気が狂いそうです。
「ええ格好やぁ、アイドル大島由佳の大股開き、夢見てるみたいやぁ」
「まあまあ、もっともっと、おもしろいこと、してやるからさぁ」
明弘と真一が大股開きの由佳を目の前にして、話しています。
省吾は由佳の大股開きの裸体に、カメラを向けて、ローアングルから撮っています。
前に座る明弘が、由佳のひろげられた股間へ、両手をぺたんと置いて左右にひろげます。
ぺたんと置いた手の平、双方の人差し指の間に、由佳の縦割れ陰唇が挟まれています。
「おれ、たっぷり、由佳のなかを、覗かせて、もらいたいねん」
ぺたんと置いた左右に手の平を、横へずらしてひろげてしまう明弘。
「あああん、やめて、やめて、やめてくださいぃ」
由佳の声が高くなって、屈辱に耐えられないといったように、涙が溜まります。
容赦なく、手をひろげあげ、お膝をひろげあげられて、股間丸出しの由佳。
「ほおおおお、ひらいてくるよ、いんしん、陰唇が、ほおおおお」
由佳の縦割れ秘密の唇が、左右にめくれてきて、ピンク色の縦割れが露出です。
横にひろげられた明弘の手が、すそをひろげるようにして膣を露出させます。
「ほおおおっ、由佳、アイドル由佳ちゃん、お、め、こぉ!」
膣の口が拡げられると、襞でこんもり締めている、濃いピンクの塊が現われます。
ぬるっと濡れている濃いピンクの塊、うごめく塊、膣のなか、ぴくんぴくんと動いています。
「きれいなぁ、色やぁ、由佳のおめこ、濃いピンクぅ!」
「あああん、だめ、だめ、あああん」
閉じるに閉じられない股間を閉じようとして、由佳、お膝を揺するけど、閉じられません。
じわ~っとお汁が滲み出てきて、膣口から洩れだしてきて、したたりだしてきます。
真一にバックスタイルでぶすぶすされていた由佳です、そのときからの濡れです。
「ふふん、ぞくぞくしちゃうね、由佳ちゃん、挿しこみたいんだよねぇ!」
明弘は、そんなことをいいながら、由佳のクリトリスを、剥きだしにかかってきます。

-8-

真一が運転する白いレクサスに乗せられてドライブしたあとに、こんなことになるなんて。
北山の高級マンション、淫ら部屋、素っ裸で安楽椅子に座って股間をひろげる由佳。
明弘が、由佳の股間の真ん中の、縦割れになった陰唇の、ひろげてなかを剝き出します。
「ふふっ、由佳、剝き出してやるよ、クリトリス」
陰唇の先っちょの皮に包まれている陰核、クリトリス、これを剥きだされちゃうんです。
「ひぃやぁああん、やめて、やめてくださいよぉ、あああん」
高さ1.2m、横幅1.6mの鉄棒両端の鉄輪に、ベルトで括られひろげた手と膝です。
お股の真ん中が斜め上向きになっていて、恥ずかしい処が、丸出し状態。
「ほうら、剝かれて出てきた、クリトリス、可愛い豆、半透明のピンクだよ」
由佳、もう卒倒してしまいそうなほどに、目の前がくらくら、ぽ~っとなってきます。
恥ずかしい、剝かれて見られているぅ、そのことを知るだけで、めっちゃ恥ずかしい。
「ふふふふふふっ、いいねぇ、かわいいクリトリス、それにおめこぉ」
明弘は、由佳の羞恥心を無視、こんどはお指の腹で、陰唇の谷間を撫ぜちゃいます。
クリトリスのところから、膣口のしたまで、ピンクの谷間を撫ぜおろします。
「いやぁああん、いやぁあああああん、ひぃいいいっ!」
膣口をひろげられ、剥きあげられてしまって、奥に続く肉襞を、盛り上げらてしまう由佳。
「濡れてくる、濡れてきちゃって、びちょ、びちょ、由佳、感じてるんやろ!」
太ももが180度にもひろがって、持ち上がっているそのつけ根、真ん中、由佳の性器。
「由佳、おれのちんぽ、入れてやるから、待ってろ!」
立ちあがった明弘、パンツを脱いでしまって、下半身、すっぽん裸になってしまいます。
由佳は開脚M、両膝と両手首が1.6m幅の鉄棒の端に、括られているんです。
もう、オチンポをビンビンに、勃起させている明弘が、由佳と交わるんです。
亀頭を由佳のチツのなかへ、埋め込んで、それから、ぶすっと陰茎を挿しこみます。
「うううっ、ぐぅううううっ、わぁあ、ああっ!」
由佳が、おめこに勃起のオチンポを挿しこまれ、悲鳴のようなお声をあげてしまいます。
「おおおおっ、ええわぁ、めっちゃ」
「ああっ、ひぃやぁあああっ、ああっ!」
「締まる、締まるぜ、由佳ぁ、おめこぉ、締まるぅ、ううっ!」
ぶすぶすっ、無理やり由佳のチツのなかへ勃起おちんぽを挿しこんでしまう明弘です。

-9-

高さ1.2m、横幅1.6mの鉄棒枠のしたに素っ裸、安楽椅子に座らされている由佳。
横幅1.6mの鉄棒の両端に、鉄の輪が取り付けてあり、手首とお膝が括られています。
お股をひらいたまま、胸もひらいたまま、正面から見る由佳は開脚Mの格好です。
開脚M由佳の正面から、勃起させたおちんぽを、ぶすぶすと挿す明弘。
ひいひいと感じてしまう由佳は、大学二年生、男子たちのアイドルなんです。
「おおおっ、ええよぉ、由佳、めっちゃ、ええよぉ!」
「ああああっ、あああん、あああん、ああああっ!」
そのアイドル存在の由佳が、裸にされて、おめこをされて、調教されていくんです。
ぶすぶすと、腰をおとして、勃起おちんぽを、由佳のおめこに挿して抜く明弘。
挿される由佳、どすんどすんと快楽を、うち込まれてくるから、喜悦の声です。
嫌がっていた由佳が、いつの間にかおちんぽ挿入受け入れて、感じだしているんです。
「ほうら、由佳、ええ気持ちなんやろ、感じたらええんやぜ!」
横から真一が、安楽椅子に座らせて開脚M姿に拘束した由佳に、声をかけます。
「ひやぁああん、ひぃいい、ひぃやぁああん!」
「明弘、突いて、突いて、突きまくってやれ!」
「がってん、わかったよ、突きまくってやるぜ!」
正面から明弘が、腰を前へ後ろへ、勃起おちんぽ挿して抜いて、ぶすぶすです。
真一は安楽椅子のうしろから、由佳の胸へ手をまわし、乳房を揺すり、乳首を揉みます。
省吾はカメラで、由佳を克明に録画して、動画を撮って、お写真も撮っていきます。
ここは大きな声をあげても外には洩れない、高級マンションの淫ら部屋です。
大学内では可愛いアイドル、文学部二年生の大島由佳、先輩男子に弄られています。
「ひぃいい、ひぃいい、ひぃいい、いいっ!」
明弘に突かれている由佳、ひいひいとお声を洩らして、快楽の中です。
由佳のおめこを突きまくっても、ぐっとこらえて射精させない長持ちできる明弘。
「ええやろ、由佳、おれのちんぽ、だれでも泣くんだぜ、ヒイヒイってさ!」
ぶすぶす、一秒間に一回以上、二回未満のスピードが一秒に二回以上になります。
スピードがあがってくると、開脚M姿にされている由佳、もう、昇るしかありません。
べちゃべちゃ、ぬるぬる、由佳の性器は濡れまくっていて、股間の花は満開です。

-10-

明弘の勃起おちんぽでイカされていく由佳、大学二年生美術クラブ所属の才女です。
「ほおおお、いくぜ、いくぜ、いくぜよぉ!」
安楽椅子に開脚M姿の由佳へ、勃起おちんぽ、スキンをつけて中出しする明弘。
発射寸前になって、由佳から引き抜き、素早くスキンをかぶせて、続行です。
「ひぃいい、やぁあああん、ひやぁああん!」
「ええんやろ、由佳ぁ、いっても、ええんやぜぇ!」
ぶすぶす、猛烈スピードで由佳のおめこへ勃起おちんぽを挿し抜きする明弘です。
「ううっ、でる、でる、でるぅ、ううっ!」
ぐっとこらえる感じでお顔をつぶし、猛烈スピードから一気にストップ、ぴしゅんぴしゅん。
由佳、明弘にはスキンをつけられて、膣のなかで精子を放たれてしまった屈辱です。
イキそうになってしまう自分を責め、いけなかった自分を悔やむ気持ちの由佳です。
射精が終わった明弘が、スキンをつけたおちんぽを抜くまでに約1分、静止です。
「いれたまま、おさまるまで、まってるんや、ええやろ」
深呼吸から浅い呼吸にかわっていく明弘、それをうけて開脚M姿のままの由佳。
由佳だって、呼吸が落ちつくまで、ぐったり、力を抜いてしまって、朦朧です。
「ほんなら、省吾、おまえの番だよ、可愛がってやれよ!」
真一に言われたカメラを手にした省吾が、あこがれのアイドル由佳と結ばれるんです。
「いただいちゃうよ、えんりょなく、大島由佳をいただきますぅ!」
手足をひろげて頭上の鉄棒に、括ってある由佳が、座っている安楽椅子を調整します。
安楽椅子をもっと手前に移動させ、鉄棒の高さを一段下げると、お尻が突き出る由佳。
背中の下半分からお尻が持ち上がり、股間が真上を向く格好にされてしまう由佳。
手首とお膝を1.6mにひろげさせられる由佳、窮屈、お尻が盛り上がったまま、です。
「ええやろ、この格好、めっちゃエロいやろ、女が最高によろこぶ、ってさ!」
真上を向いた股間へ、どうして勃起させたおちんぽを挿しこむのか、これって問題。
男がおおいかぶさって、真上から真下へ、突き刺し引き抜くんだと書いてあります。
でも、無理です、膣口が上向いて、膣が歪曲しているから。
曲がった膣にまっすぐな勃起おちんぽ、その奥に子宮口、入れるわけがないんです。
「だから、ちんぽ、いれるときにゃ、お尻を降ろさせる、おまんこ正面向きだよ」
真上になった股間へ、省吾がお顔を当て込んで、濡れそぼった由佳を啜るんです。

-11-

太ももを開いて真上を向いた由佳の股間に、省吾のお顔が埋められています。
由佳のお尻が持ち上がり、お膝がわき腹の横です。
1.6mの鉄棒に、お膝と手首をひろげて括られ、お尻が突き出されているのです。
恥ずかしい格好、男子のアイドル由佳が、三人の先輩男子から弄られているんです。
「あああん、いやぁああん、いやぁああん!」
股間に埋められた省吾のお顔、舌先が陰唇を割り、ぺろぺろと舐められる由佳。
「うんめぇ、おいしい、うまいよ、由佳のおめこ汁ぅ!」
お顔をあげて舐めた感想を述べて、ふたたび、由佳の股間へ、お顔を落とす省吾。
ぺろぺろ、陰唇の内側を舐め上げ、舐め下げ、膣口の周りが舌先で舐められます。
「いやぁああん、あああん、やめて、やめてぇ!」
ひろげきってしまった股間、その真ん中を男の舌で、舐められている由佳です。
舐められるだけじゃなくて、ああん、省吾が、膣のなかへ息を吹きこむんです。
吹きこまれる感触、由佳、膨らむ圧力を感じて、じじじ~んとしちゃう。
「ああん、ううわぁああん、ひやぁああん」
普段なら可愛くって笑顔の由佳が、いまは喜悦のなかで、お顔を歪ませています。
吹きこんで膣のなかを膨らませられ、お口を離され、空気を抜かれてしまう。
ぶぶぶ、ぶりぶりぶりっ、膣から抜ける空気の音が、洩れ出てきちゃいます。
「ふふふっ、由佳ちゃん、ぶりぶり音立てて、よろこんでるぅ!」
抜かれて、吸われて、舌を入れられ、舐めまわされて、べちゃべちゃにされちゃう。
「がっこうでわ、こんなこと、でけへんよな、やっぱりぃ!」
「まあ、由佳を調教して、ペットにしてしまうんや、セックスペット!」
真上を向いた由佳の股間、その真ん中、膣のなかへ、省吾が指を挿しいれます。
右手の中指一本を、むにゅっと根元まで、挿しこんでしまって、膣襞をこするんです。
お股をひろげきり、身動き取れない由佳には、膣襞こすりは、耐え難い屈辱です。
屈辱だけど、からだの奥が燃えるように感じてくる、女泣かせのお弄られ、です。
「女が喜ぶんだってさぁ、由佳もそうなんやろ、Gスポット、探してやるよ!」
省吾は、勃起おちんぽで由佳をいただく前に、お弄りして、よろこぶ男子なんです。

-12-

北山にある高級マンションの淫ら部屋、ここに連れ込まれた大島由佳、大学二年生。
美術クラブの先輩男子三人が、アイドル由佳と愛の蜜月関係を、結んでいる最中です。
真一、明弘がおわって、省吾がほんばんまえに、由佳をなぶっているところです。
「ふふん、由佳ちゃん、Gスポット、どこなんやろ?!」
「いやぁああ、ああん、やめて、やめて、お指でなんてぇ」
省吾が膣に挿しいれた、右手の中指がうごめいて、由佳、ぐっと歯をくいしばります。
開脚Mすがた、横幅1.6mの鉄棒にお膝と手首をひろげ括られている由佳は全裸です。
高さ1.2mの横鉄棒に、高さ60cmの安楽椅子に、由佳、背中を着ける格好です。
太ももがひろがり、腕がひろがり、お尻が突き出された格好で、省吾が膣にお指入れです。
「由佳、省吾に指でやれられて、ええ気持ちなんやろ!」
覗きこむように由佳の股間を見ている明弘が、声をだして、由佳に聞こえさせます。
真一は、由佳の横に立っていて、お顔を撫ぜたり、おっぱい撫ぜたり、しています。
真一と明弘は、さきにいっかい、射精しちゃってるから、ちょっと余裕ある感じです。
「ひぃやぁああっ、ああっ、ああっ、ああっ!」
由佳の表情が喜悦なのにけわしくなって、お声が荒い叫びに変わったんです。
「うひひひ、ここやろ、ちょっとザラっとしてる、ここやろ!」
「ひぃやぁあああああああ~~っ、あああ~~っ!」
省吾が由佳のGスポットを探し当てたみたいで、そこをお指の腹でこすります。
じんじんに感じてしまう女の子の急所、クリトリスのキンキンと比べたら、ジンジンです。
お膝をひろげたまま、腕をひろげたまま、お尻をぶりぶり揺すって、悶えている由佳。
「ひやぁああ~~ん、ひぃやぁああっ、ひやぁあああ~~っ!」
膣のまわりをべっちょりに濡らしてしまった由佳が、のたうつ姿を見て、省吾ビンビン。
挿していた中指を一気に抜いて、勃起おちんぽ陰茎を、由佳の股間にあてがいます。
真一と明弘が鉄棒の高さを1.6mに引き上げて、由佳のからだを起こします。
女体が曲がりすぎると膣口から子宮口が曲がるから、おちんぽが挿せないんです。
「ほんなら、由佳ちゃん、いれさせてもらいますぅ、おおっ!」
ナマのままです、亀頭が大きくってカリ首が深い省吾の持ち物、陰茎だって太いです。
ぶすっ、おっきい亀頭が、由佳の濡れそぼったおめこに、挿されてしまいます。



淫ら部屋-2-

淫ら部屋(1)-2-
 13~24 2014.3.10~2014.4.6
  1200sx1407310145
-13-

学校では男子のアイドル、恋人にしたい女子ナンバーワンの大島由佳です。
その由佳が、いま淫ら部屋で開脚Mすがた、鉄棒にお膝と手首を括られています。
省吾にGスポットをまさぐられ、ヒイヒイ泣かされ、おちんぽを挿入されたところです。
「あああん、ひやぁあああん、ひいい、ひいいっ!」
1.6m鉄棒にお膝と手首をひろげられ、括られているMすがた、その真ん中へです。
省吾の大きい亀頭のナマおちんぽが、ぶすっ、ぶすぶすっ、と挿入されてきたんです。
由佳は手と膝を、大きくひろげられて身動きとれない格好で、まったくの無防備です。
「ほおおおっ、ええわぁ、由佳ちゃん、めっちゃ、ええよぉ!」
ぶっすり、勃起おちんぽを挿しこんでしまった省吾が、快感を感じながら呻きます。
素っ裸の由佳、真一にはおっぱいを弄られ、明弘にはお顔を弄られながらです。
ぶすっと挿しこまれた勃起おちんぽ、亀頭まで引き抜かれ、カリ首で膣襞をこすられます。
「ひぃいい、ひやぁああん、ひいい、ひいい」
じんじんに注入されちゃう快感に、由佳、恥も外聞もなくお声をあげて悶えます。
「ええ気持ちやぁ、由佳ちゃんの、おめこでちんぽこすれて、最高だよぉ!」
「気持ちええんやろ、由佳、乳首が起ってきてるぜ、ぴんぴんに!」
「ひぃいいっ、やぁあああん!」
さきには指攻めでGスポットを探し当てられ、ヒイヒイにされていった由佳です。
休むことなく連続で、勃起おちんぽを挿入されて、おからだ快感、呻き悶えます。
淫ら部屋、男子三人に翻弄される由佳、大学二年生、美術クラブ所属の二十歳。
素っ裸にされ、開脚M姿にされている由佳、お尻が豊満あふれ、乳房がぷりぷり。
先輩男子三人が、そんな由佳を弄りたて、性欲を解消させているところです。
「はぁああ、あああん、はぁああ、ああああっ!」
高さ60cmの安楽椅子にお尻を置いた、開脚Mの由佳へ、勃起おちんぽです。
省吾は中腰、お膝をひろげお相撲さんの格好で、勃起のおちんぽ、ぶすぶす。
由佳のおめこからはトロトロの、恥ぃお汁が噴出していて、もうべちゃべちゃです。

-14-

省吾が勃起させたおちんぽに、ピンク色のスキンをかぶせ、根元まで降ろします。
開脚Mの姿になっている由佳の膣へ、あらためて挿入していくのです。
「はぁああ、ああん!」
たっぷり翻弄された由佳はもう、イッテしまう寸前まで昇っていて、ストップでした。
「ひぃいいっ、ひぃいいっ!」
亀頭が挿入され、ぶすぶす、陰茎が挿しこまれて、由佳のお顔が歪みます。
「おおおおっ、いくぜ、由佳、いくからよぉ!」
省吾は、スキンをつけたから、あとは射精するまで、腰を動かすだけです。
ぶすぶす、由佳のぬれそぼったおめこへ、ぶすぶす、開脚M、由佳のおめこ。
「ひぃいい、やぁああん、ひぃいいっ、ひぃいいっ!」
ぶすぶす、省吾の勃起おちんぽが、由佳の中へ挿しこまれては引き抜かれます。
「ほぉら、ええやろ、ほぉら、ほぉらぁ!」
ぶすぶす、一秒間に一回のぶすぶすスピードが、一秒に二回の速さになります。
「あああああ、あああああ、あああああ~ん!」
由佳のお顔がひきつって、からだに喜悦が充満し、いよいよアクメに昇ります。
1.6mの鉄棒に、お膝と手首をひろげられ、括られている開脚Mの由佳です。
その真ん中へ、ぶすぶす、省吾が射精するまで突き突き突きしまくるのです。
「ひぃいいっ、ひぃいいっ、ひぃいい~~っ!」
「ええわ、ええわ、ええわぁあああ~!」
省吾が、ぐっとこらえていた射精を、一気にぴしゅんと発射させてしまいます。
大学二年生の由佳、発射にあわせ、ぐぐぐぐっと感じこまれてアクメに到ります。
ここはマンションの一室、淫ら部屋、女の子がヒイヒイに攻めまくられるお部屋です。
ドライブに誘われての帰り、美術クラブの先輩男子三人に、連れられてきた由佳。
裸にされて、輪姦されて、このあとは、たっぷりセックス調教されていく由佳なのです。

-15-

<調教される大島由佳>
真一、明弘、省吾、三人の先輩男子から辱めをうけた由佳が、ベッドに仰向けです。
二時間、連続でたっぷり、三人に弄られたから、疲れてぐったりしている由佳です。
寝かされているのは四畳半の広さの個室、なにやら変形した椅子があります。
壁際には、上下左右の四カ所に、枷がつけられたクロス板、これは磔板です。
棚があり、小物のお道具が並んでいて、ロープの束がいくつもあります。
「ここ、何処?」
意識が戻って、目が冴えてきた大学二年生の由佳、部屋の中を見回してみます。
ベッドのわきには大きな鏡が張られてあって、由佳の姿が映っています。
「ここ、何処なの、そういえば・・・・」
ドライブに誘われ、白いレクサスにのって琵琶湖一周してきて、連れてこられた。
美術クラブに所属している由佳、四年生の先輩男子三人に、屈辱を受けた。
思い出されてきて、そうして、ここがそのマンションの一室であると、わかります。
「気がついたかな、由佳、眠ってたんだよ」
田中明弘が部屋に入ってきて、ベッドに寝ている由佳の横に立って、声をかけます。
明弘は背が高くてイケメン、美術クラブでは油絵を描いていて、かなりの腕前です。
「ああ、田中せんぱい、どうして、こんなこと、わたし・・・・」
「どうして、って、もう、やっちゃったんだから、さぁ」
「でも、わたし、こんなの、卑怯よ」
「ふふ、処女じゃなかった、大島由佳、かなり経験してきたんやろ」
「そんなの、関係ないでしょ、関係ないわ、服、返してよぉ」
毛布に身を巻いているけど、全裸、由佳、ベッドから起き上がろうとします。
お膝にベルトが巻かれていて、ベルトとベルトの間には60cmほどの棍棒が。
足が閉じられない、立ちたくても棍棒が邪魔して立ちあがれない、由佳、戸惑います。
「そうなんだよ、大島由佳は、ここで生活する、そう決めたんだよ」
大学では男子のアイドル、大島由佳、女子からもうらやまれるほどの可愛さです。
その由佳が、連れ込まれてきて、ここは淫ら部屋、四畳半の調教部屋、恥部屋です。

-16-

素っ裸にされている由佳、お膝とお膝のあいだには60cmの棍棒、膝上には皮ベルト。
明弘にベッドから降ろされて、よろよろよろめきながらの由佳、壁際に立たされます。
四畳半の恥部屋はシングルベッドのほかには、変形自在な背もたれ椅子があります。
「ここへ、座れよ、由佳、座って、ほら」
全裸で膝に60cmの棍棒を渡されている由佳を、明弘が背もたれ椅子に座らせます。
背もたれ椅子の背もたれは、ぶ厚い板で十字の形、座部はトイレの便器の形です。
「ああん、こんなのに、座るんですか」
由佳、椅子の形を見て、座るまえに、もう、なんだかへんな気持ちになってきます。
手腕で乳房を隠しているけど、下半身は丸出し、便座形の座部に、お尻を置きます。
そこへカメラを持った省吾が、はいってきて、由佳の写真と動画を撮るんです。
リーダーの真一はまだ姿を見せていませんけれど、カメラのモニターで見ています。
恥部屋に隣接の四畳半の間、鑑賞部屋は壁に大きなテレビ画面が掛けられています。
「いよいよ、だよな、大島由佳のお開き、ご開帳、撮らせてもらうよ」
ビデオカメラは放送局で使うレベル、静止画カメラは高級一眼カメラ、ハイレベルです。
「ああああっ、なにするん、なにするん?」
背もたれ椅子の後ろにまわった明弘が、由佳の両腕を、ひろげてしまいます。
「なになに、由佳のからだを、たっぷり、拝ましてもらうんだよ」
おっぱいのうえにあった由佳の手が、背もたれの横板についているベルトに巻かれる。
「写真とビデオに撮ってさあ、鑑賞会しちゃうんだよぉ」
明弘が由佳の腕をもちあげ、省吾が由佳の右腕と左腕にベルトを巻いてしまいます。
「われらのアイドル大島由佳ちゃん、みんな、ころげまわって、よろこぶぜ!」
由佳、ぷっくらお椀をかぶせた形の乳房が、持ち上がってふくらみを増しています。
「まあ、そのまえに、わいらが、たっぷり、ちんぽ、つっこんで、やるよ」
由佳の足、お膝の間に渡された60cm棍棒、両端に、ロープが巻かれます。
そのロープを、明弘が椅子の背もたれの後ろへ引き上げてきて、結んでしまいます。
「あああっ、だめ、だめ、だめよぉ、こんなのぉ」
60cmにもひろがったお膝が、持ち上がってきて、おっぱいの横にまできちゃいます。
お尻が前へスライドしてきて、便座形の座部にお尻が突き出て、股間が斜め上向き。
「おおおおっ、すごいね、由佳のからだ、見るだけで、ゾックゾックだよ、なぁ」
「そうだよ、丸出しだもんな、ふふ、美女、由佳の全裸、大股開き、開脚エム姿」
「正面から、ビデオと写真、たっぷり、撮っておくよ、まず、ね」
省吾が、由佳の正面にパイプの丸椅子を置き、そこに座り、一眼カメラを手にします。
自由に身動きできなくされた由佳、もう卒倒するくらいの羞恥心におそわれます。

-17-

大学は文学部の二年生、美術クラブに所属している才女、美人、大島由佳です。
その由佳、全裸にされて、腕をひろげて固定され、お膝の間には60cmの棍棒です。
棍棒が乳房のうえにまで引き上げられて、お尻が前へ、股間が斜め上向きです。
その由佳の正面から、四年生の省吾がカメラを構えて、撮影にはいります。
「ほら、由佳、こっち見て、目線、こっちだよ」
省吾は、開脚のお膝からすぼむ太もものつけ根、そこの縦割れ陰唇にピントです。
淫らな股間をクローズアップ、陰毛のうえに乳房、由佳の顔、ばっちし尻の穴まで。
「由佳、こっち見ろ、カメラに目を向けろ」
恥ずかしすぎて由佳、お顔をうつむかせ、よこをむかせて、お顔が写らないように。
おおきなお尻、ひろがる太もも、お尻の穴のうえには縦に割れる唇、陰毛。
明弘が、椅子のうしろにまわって、由佳のお顔を正面に向かせてしまいます。
「ああん、いやぁああん、こんなの写したらぁ、あああ、かんですぅ」
カメラが狙っている自分の姿に、由佳、お顔をひきつらせて、阻止しようとします。
でも、無残、由佳、見動が取れない、隠したい処を隠すことができません。
「ほら、由佳、カメラを見るんや、顔が写るように、カメラにむけろ」
明弘が、後ろから由佳の頭を手ではさみ、お顔を正面に向かせてしまいます。
カシャ、カシャ、省吾がシャッターを切る乾いた音が、四畳半の恥部屋に響きます。
そこへリーダーの大村真一が、覗き部屋から恥部屋へ移動してきて、椅子に座ります。
座部が便器の形になった背もたれ椅子に、大学二年生の由佳が開脚M姿です。
正面にはカメラを構えた村田省吾、その横に真一がパイプの丸椅子に座ります。
明弘は立っていて、椅子のうしろから手をのばして、由佳の局所を弄る役割です。
「写真はここまで、あとは動画で撮っていくから、なっ!」
大きなビデオカメラ、放送局で使うカメラ、高画質で撮られていく由佳の羞恥です。
「ああっ、いやぁああっ、いやぁああああん」
後ろから手をのばされて股間へ置かれた由佳、縦割れ陰唇の両サイドに手の平。
その手の平が、左右にひろげられ、陰唇がめくれて、ピンクの割れ目が見えちゃう。
「まあ、まあ、そんなに声をださないで、でないと、さるぐつわ、だよ」
椅子に座った真一が、由佳のからだの隅から隅までを眺めながら、言い聞かせます。
目にいっぱい涙をためた文学部二年生の才女、由佳、男たちに弄られていく寸前です。

-18-

便器形背もたれ椅子に全裸、腕をよこにひろげ留められ、お膝には60cmの棍棒。
棍棒が引き上げられ、太ももが逆八形、股間が斜め上向きにされている由佳です。
写真の撮影がおわり、つぎは動画で由佳のおからだ、細部をクローズアップです。
背もたれ椅子のうしろから手をのばす明弘が、由佳の陰唇をよこへひろげます。
「ほほほ、みえるかい、由佳の割れ目のなか、もうちょっとかな」
陰唇を挟むようにして、ペタンと置かれた手の平が、股間の皮膚を横へひろげます。
めくれあがってしまう双方の陰唇、ぱっくりその内側が、露出してしまいます。
「あああっ、あああん、はぁあああっ」
「ふふふ、由佳、恥ずかしいかい、ふふふっ」
由佳が座らされている便器形背もたれ椅子の斜め前に座っている光が声をかけます。
省吾が構えたビデオカメラが、由佳の股間の開いた陰唇を、クローズアップで撮ります。
撮られた画像は大きなモニターに映し出されて、由佳にも見えてしまいます。
「ああん、いやぁああん、ああ、だめよぉ」
クローズアップされる股間の様子が、その上部には由佳のお顔が映りこみます。
「だれのおめこかわかるでしょ、でないと、おもしろくないでしょ」
由佳が、顔を映されることに抵抗しているから、光があえて、言ってやります。
「われらのアイドル、大島由佳のおめこだって、知ってもらうんだよ」
「顔、抜群、股間、抜群、美しさ抜群の大島由佳、だよなぁ!」
明弘が、広げる手をいっそう左右にひろげきり、膣から膣前庭を開ききります。
「あああん、あああん、だめ、だめ、だめよぉ」
開ききられた膣、それに膣前庭、そのうえのぷっくら膨らむ皮を剥いちゃう明弘。
「由佳、みえるやろ、わかるやろ、ぷっくらまめ、ほうら」
カメラに撮られて、モニターに映し出されるクリトリス、大きさはレモンの大きさ。
由佳の膣前庭はピンク色、クリトリスはピンクというより半透明で赤みかかっています。
そのクリトリスのうえには、黒いちぢれ毛、陰毛が生えているから、とってもエロいです。
後ろから由佳の股間をひろげる明弘の手は、こんどは膣口をひろげてきちゃいます。
大学二年生、二十歳になったばかりの美女大島由佳、羞恥のどん底に落とされます。

-19-

クリトリスを剝かれたあとは、膣口をひろげられてきます。
陰唇のお尻のほうをひろげられ、膣の入口をいっしょにひろげられてしまうんです。
ピンクの襞をビデオカメラがとらえて、50インチのモニターに映し出されます。
襞のかたまりは、指の腹ほどの大きさ、それが四方から膣のなかを塞いでいるんです。
カメラを最大限の接写にする省吾、膣のなかの襞が画面いっぱいにクローズアップです。
「あああああっ、やめて、やめて、やめてくださいぃ」
便器形背もたれ椅子に両腕を引き上げられ、膝には60cmの棍棒が渡っている由佳。
お膝が脇腹の横にまで引き上げられていて、太ももは逆八形、股間丸出しです。
「きれいやなぁ、由佳ちゃんの膣のなか、ぴんく、ぬれぬれピンクやねぇ」
由佳の股間を覗きこむ光が、その形容を言葉にして、いっちゃいます。
「ふふふ、ほんなら、いよいよ、ほんばん、させてもらうわ」
由佳のお相手は光源氏の異名をもつ光が、勃起させたおちんぽで、可愛がるんです。
光が、下半身素っ裸、シャツだけの格好で、由佳のまえにパイプの丸椅子を置きます。
パイプの丸椅子に、光が座ると、ちょうど腰の高さが由佳の股間の高さです。
光のおちんぽを挿入されちゃうんだと分かった由佳、触られる以上の屈辱です。
勃起したおちんぽを挿入されて、その場面をお写真に撮られ、ビデオに収録される。
「はぁああ、あああっ!」
光の勃起おちんぽ、皮を剥かれた亀頭が、由佳の膣にあてがわれたのです。
「いいね、由佳ちゃん、いただいちゃうよ!」
光が椅子からお尻を浮かせて、勃起させたおちんぽを、挿しこんでいくんです。
カシャカシャとカメラの乾いたシャッター音が、恥部屋に響きわたります。
「ひやぁああん、ひぃいい、やぁあああん」
ぶすぶす、光の勃起おちんぽが、由佳のおめこに挿しこまれていきます。
亀頭が隠れ、陰茎の半分ほどが隠れるところまで挿入されて、こんどは抜かれます。
ビデオカメラが、膣に挿入される様子と由佳のお顔を、画面いっぱいに撮られます。
60cmの棍棒を渡されたお膝とお膝、椅子のうしろから明弘がきっちり支えます。
背もたれが斜め後ろに倒され、由佳の上半身が60度倒された角度です。
それにあわせてお尻が突き出て、股間が斜め上向きになってしまいます。
ぶすぶす、光の勃起おちんぽが、由佳のおめこにうまく挿しこめるように、です。
おちんぽが挿しこみ、おっぱいを触ってくる光に、由佳は受け入れるしかありません。
「ほおおら、由佳ちゃん、いいねぇ、ちんぽ、入ってるのよぉ」
「はぁああ、あああっ、ひかるさまぁ、あああっ!」
四畳半の恥部屋で、大学二年生の美女由佳が、恥ずかしい調教を受けているんです。

-20-

両腕を引き上げられ、お膝は60cmの棍棒でひろげられ、脇腹の横です。
股間を丸出しにされた由佳、そこへ真一の勃起おちんぽを、挿しこまれているんです。
「あああっ、あああん、あああっ」
ぶすぶすと、真一の勃起おちんぽが、由佳に挿しこまれる四畳半の恥部屋です。
「うっふふふ、由佳、たまらない、めっちゃ、ええ気持ち、だよぉ」
挿しこまれた勃起おちんぽを、ゆっくりと引き抜かれていく由佳、真一が感想をいいます。
引き抜かれる勃起おちんぽは、亀頭を残されたまま、カリ首が見えるところでストップ。
ビンビンに反り返る光の勃起おちんぽ、由佳の恥ぃお汁でヌレヌレ、テカテカです。
「はぁああ、ああああっ」
「ええんやろ、感じてるんやろ、由佳、ええ気持ちなんやろ」
「はぁあ、ああ、ああん、いいきもち、ですぅ・・・・」
「ほんなら、たっぷり、ゆっくり、じわじわ、してあげるよ」
ぶすっ、ぶすぶすっ、亀頭だけ挿しこまれていた勃起おちんぽが、挿しこまれていきます。
「ひぃやぁあ、ああっ、はぁあああっ」
由佳、大学二年生、二十歳になったばかり、真一の勃起おちんぽで膣の襞をこすられる。
とっても、とってもいい気持ち、とろとろ、きっちりお膝をひろげたまま、感じちゃうんです。
座るところが便器形の背もたれ椅子、そこに由佳は開脚Mすがたで、留め置かれです。
正面から真一が勃起おちんぽを挿しこんで、その光景がビデオに撮られているんです。
50インチの大きなモニターには、挿しこまれる股間からお顔までの由佳が映ります。
カメラ係は省吾、明弘はうしろから、由佳のお顔をまっすぐ、カメラに向けさせます。
「ほうら、由佳、どうや、ええ気持ちやろ、ほうら!」
ぶすぶすっ、挿しこまれた勃起おちんぽが、ゆっくりと引き抜かれてきます。
「ほら、由佳、どうや、ええやろ、由佳」
ぶすぶすっ、一気に挿されて、それからゆっくりと引き抜かれる由佳、ぬれぬれに。
手も足も固定されていて動かせないから、膣から注入される快感は、余計に強烈。
「ひぃいい、ひぃいい、ひぃいいいっ」
大学二年生、二十歳とは思えないほどのお声をあげて、お悶えしてしまう由佳です。

-21-

琵琶湖一周のドライブに誘われて楽しんだ後には、マンションに連れ込まれた由佳。
真一が運転する白いレクサスにあこがれてしまった大学二年生の由佳です。
いっしょにドライブした明弘と省吾は、大学の四年生、美術クラブの先輩です。
ここは女の子が恥ずかしいことされるお道具がそろった恥部屋、四畳半のスペースです。
「ああん、はぁああん、ひぃいいっ、ひぃいいっ」
ぶすっ、ぶすぶす、ぶすっ、ぶすぶす、真一の勃起おちんぽは容赦しません。
由佳のおめこを刺激して、ひいひいいわせてビデオに収録しているんです。
大学で一番の美女ともてはやされる由佳が、お悶えさせられ恥の姿をさらします。
「おおおっ、由佳、ぷっくらおっぱい、しこってきたよぉ」
明弘が背もたれ椅子のうしろから由佳の胸に手をまわし、乳房を揉んでいるんです。
便座形背もたれ椅子にひろげた腕が固定されているから、胸は丸出しの状態です。
お膝は60cmの棍棒でひろげられていて、脇腹の横にまで持ち上げられている由佳。
お尻を前にせりださせる格好で股間が丸出し、恥ずかしい処がばっちしご開帳です。
「ほうら、由佳、ぬるぬる、たっぷり、お汁が、でてきて、いるよぉ」
光の勃起おちんぽが、由佳の膣に埋め込まれ、挿されて、抜かれて、挿されます。
「ひぃやぁああん、ひぃいいっ、ひぃいいっ」
「いいねぇ、由佳、めっちゃ、ええ気持ちだよ、ぬるぬる」
「はぁああっ、あああん、しんいちさまぁ、あああっ」
女の子泣かせの異名をとる真一ですが、勃起させたおちんぽは素晴らしいんです。
女の子なら真一の勃起おちんぽを、おめこに咥えてしまうと、呻いてお悶えしてしまう。
「はぁああ、はぁああああ、いかせて、いかせて、もう、あああっ」
じんじん、由佳、快感の気持ちが高ぶって、身震いさせながら、哀願してしまう。
とっても、先輩男子が見守るなかで、快感のなかで恥も外聞もなくなっていい気持。
「ふふふふ、まだまだ、もっともっと、とろとろに昇れよ、由佳」
「はぁああ、ひぃいい、ひぃいい、いいいっ」
ぶすぶす、挿されるおめこからはとろとろと、お汁が流れでてくる由佳は二十歳です。

-22-

足をひろげて引き上げられて、丸見えになった股間、そこへ真一の勃起おちんぽ。
大学二年生の由佳、もう、とろとろ、おちんぽがぶすぶす、挿入されて引き抜かれます。
「ひぃやぁああ、ああん、ひぃやぁ、ああん」
お顔が軋み、挿しこまれる快感に、おからだのなかが燃えあがって、じんじんです。
「ふふん、由佳、いいお顔ねぇ、もっと、もっと、お喜びしなさい!」
ぶすぶす、挿しこんだままの勃起おちんぽ、おめこのなかでぐいぐいと蠢かす真一。
便座形椅子にお尻をおいている由佳、喜悦の真っ只中です、二十歳です。
お膝には60cmの棍棒がかまされていて、胸まで引き上げられたお膝。
カシャ、カシャ、カメラ係の省吾が、座りこんで見上げ向け、シャッターを切っています。
数枚シャッターが切られたら、動画に切り替えられて、お声とも録画されていきます由佳。
「ほうれ、由佳、いいでしょ、ぼくのちんぽ、ほうれ!」
「ひやぁああ、ひやぁああ、あああん」
「おおおおっ、とろとろ、おっぱいぷっくら、由佳ちゃん、いいよぉ!」
真一がおめこに挿しこみ、明弘がうしろから、おっぱいを揺すりながら乳首をつまみます。
膣と乳首との両方を、いっしょに刺激されていく二十歳の由佳、大学二年生。
真一と明弘が交代、とろとろ由佳を、二人の男子がせめあげていくんです。
「おおおっ、じゃあ、おれが、いただいちゃうよ、由佳」
うずうずしていた明弘、イケメンです、由佳の正面になって、勃起おちんぽ、挿します。
「あああん、だめ、だめ、あああん」
とろとろのお汁が流れでる由佳、真一も明弘もナマのままだから、まだまだイケます。
射精はスキンをつけて、由佳のおめこのなかで発射させるから、まだ余裕です。
由佳の方は、もう、アクメ寸前、なかば意識朦朧、快感だけを享受している状況です。
四畳半の恥部屋で、由佳、これからまだまだ快楽の、お調教を受けていきます。
「いいねぇ、由佳ぁ、ぼかぁ、もう、めっちゃ、感じちゃうよぉ」
ぶすぶす、ぐじゅぐじゅ、ぶすぶす、明弘が由佳の中で勃起おちんぽ、こすります。
相手が真一から明弘に変わった由佳、一味違う蠢かされで、喜悦の真っ只中です。
「ひぃいい、ひぃいい、ひぃいいいい~っ!」
北山にある高級マンションの一室、四畳半の恥部屋で、由佳はヒイヒイのお声です。

-23-

真一と明弘のふたりから、交代でぶすぶす、勃起おちんぽ責めされちゃう由佳。
ここは高級マンションの一室、四畳半の恥部屋です。
背もたれがついた便座形椅子に座った由佳のお膝には60cmの棍棒が渡っています。
ひろげたお膝が持ち上げられて、引き上げられて、股間が丸出しにされているんです。
「おおおっ、由佳ぁ、お、め、こ、めっちゃ、締まるやん、おおおおっ!」
ぶすっ、からだを開脚M姿にされた由佳の膣は、勃起おちんぽに密着、締まるんです。
「ひぃやぁああん、ひぃいいっ、ひぃいいっ!」
ぶすぶす、明弘が勃起おちんぽ、由佳のおめこにゆっくり挿しこみ、引き抜かれます。
由佳、もう身動きできない分だけ、余計に感じてしまって、お悶えしちゃいます。
「ほうらぁ、由佳、ええやろぉ、どうやぁ、ほうらぁ」
ぶすぶす、容赦なく明弘の勃起おちんぽが、由佳のおめこに挿されて抜かれます。
由佳、とろとろ、自分ではどうしようもない反応で、お蜜が膣から流れ出てきます。
「ひぃやぁあああん、ひぃいいっ、ひぃいいっ!」
「ほんなら、選手交代だよ、由佳!」
「はぁあああっ、ああん、あああっ」
「いいねぇ、由佳、声、聴くだけで、感じてしまうよぉ」
明弘に代わって真一が、由佳のおめこへ、勃起おちんぽ、ぶすっと挿しこみます。
「ひぃやぁああっ、ひぃいいっ、ひぃいいいっ!」
「ええわぁ、やっぱ、由佳、さいこう、おめこ、感触、めっちゃ、ええよぉ」
ぶすっ、ぶすぶす、挿しこんで抜くまで三秒間、挿しこんだときストップです。
「はぁああ、ああん、ひぃいい、いいっ!」
由佳の膣奥まで挿しこまれた勃起おちんぽは、ぐいぐいと子宮口を擦っています。
だから由佳、もう、とろとろお蜜を汲みだしてしまって、ひいひい、意識も朦朧です。

-24-

背もたれ便座形椅子に座る由佳には、お膝に60cmの棍棒が挟まれています。
その棍棒を持ちあげられ、ひろがったお膝が持ちあがって、脇腹のよこです。
その由佳のおめこに、真一が勃起おちんぽを挿入するやり方は、腰を使います。
由佳のまえにおいた丸椅子に座ると、勃起おちんぽの位置が由佳の股間です。
お膝に手を置き、勃起おちんぽの亀頭を、由佳の膣に埋めて、ぶすぶすです。
真一の勃起おちんぽのサイズは、長さが15cm、太さ直径が4.5cmだからふつうです。
亀頭がふつうより少し大きくて、カリ首のくびれが深いです。
だから、由佳、真一の勃起おちんぽを、根元まで挿しこまれると、きっちりサイズ。
抜かれるときにカリ首のくびれで膣襞をこすられるから、由佳、めっちゃ感じます。
その勃起おちんぽが、三秒に一回のスピードで、挿されて抜かれていくんです。
ぐぐっと根元まで挿しこんでしまった真一が、お尻と腰を左右にひねってから抜きます。
抜くときには、カリ首のくびれで、由佳の膣襞を十分にこすってゆっくり抜きます。
ぶすぶすが、けっこうゆっくりだから、由佳、ひいひい、ひいひい、ゆっくり昇ります。
「ほうら、由佳、ええやろぉ、おおっ」
真一が、勃起おちんぽ挿しこんだまま、腰をひねって由佳の膣奥を亀頭でこすります。
「ひぃいい、ひぃいい、ひぃいいっ」
由佳のお顔が、膣の奥をえぐられる気持ちのよさに軋んで、呻きのお声を洩らします。
「ええやろ、ほうら、ええんやろ、由佳」
「いぃいい、ひぃいいですぅ、ひぃいいい」
「ほんなら、ほら、これ、どうや、ほら、奥の奥、こすってるぅ」
「ひぃいいい、やぁあああん、あああん」
亀頭が子宮口にあたっている感じで、由佳、そこをこすられちゃうと、めっちゃ感じます。
由佳、さばさばのお水のような汁が、いっきに泉の噴水のように吹きだす感じなんです。
それから、ゆっくり勃起おちんぽが抜かれてきて、亀頭だけが由佳のおめこに残ります。
ひいひいの由佳は、大学二年生、二十歳になったばかり、ドライブの帰りです。
北山の高級マンションに連れ込まれてきて、四畳半の恥部屋で、犯されているんです。
犯されているというより、由佳、もう、いい気持になりたいから、合意してるのと同じです。
「はぁああっ、ひぃいい、ひぃいい」
ずんずん、おからだが萌えて燃えだし、熱くなって火照ってくる由佳、可愛いメス犬です。

淫ら部屋-3-

淫ら部屋(1)-3-
 25~26 2014.4.13~2014.4.14
  1200sx1409030035
-25-

北山にある高級マンションの一室、洋間四畳半の恥部屋で、なぶられている由佳。
背もたれ便座形椅子に開脚M姿にされている由佳へ、真一が交尾の真っ最中です。
「ほうら、由佳ぁ、ええやろぉ、ほうらぁ!」
ぶっすり挿しこまれた勃起おちんぽの亀頭で、子宮口をこすられちゃう由佳です。
感じる処の一番奥を、亀頭でこすられちゃうんですから、女の由佳には、たまりません。
じゅるん、じゅるん、得体のしれないじゅるじゅる感が、からだのなかを駆けめぐります。
「ひぃいいいっ、ひぃいいいっ、ひぃいいいいっ!」
あたまのなかが真っ白、おからだがじんじんに火照っている由佳、お顔が軋みます。
奥まで挿しこまれて擦られた勃起おちんぽが、ゆっくり引き抜かれる由佳です。
「ええわぁ、めっちゃ気持ちええよ、由佳」
「はぁああ、ああん、せんぱいぃ、いいいっ」
「めっちゃ、ええ、おめこ、してるやん、由佳、きっちり締めてくるし、さぁ」
真一が、亀頭まで抜いてしまって、びんびん、勃起おちんぽを露出しちゃいます。
由佳が汲みだしたヌルヌルのお汁がべっちょり、真一のおちんぽが光っています。
「ほんなら、おれが、かわって、由佳、ええよなぁ」
真一にかわって明弘が、ふたたび由佳と交尾していきます、ビデオ撮りされながら。
「ああん、せんぱいぃ、もう、ああん、いかせてくださいぃ、いい」
「まあまあ、まだまだ、たっぷり、楽しんでからだよ」
お膝を60cmの棍棒でひろげた由佳の股間へ、明弘が勃起おちんぽを当てます。
亀頭を膣に挿しこみ、そのまま、ぶすぶす、勃起おちんぽ、埋め込んでしまいます。
大学二年生、二十歳になったばかりの由佳、埋め込まれてしまって、ひいひいです。
ぶすぶす、挿しこまれて、抜かれて、挿しこまれて、抜かれてを、何度か繰り返す明弘。
挿しこまれ抜かれるスピードは、一秒に一回の速さですから、由佳、ヒイヒイ、昇ります。
「ひぃいい、ひぃいい、ひぃいいい~っ」
連続でぶすぶすされちゃうと由佳、ずんずん、刺激がくぐもってきて、爆発しそうです。
「はぁああ、はぁああ、はぁあああ~ん」
「ええわぁ、由佳、めっちゃ、おれ、気持ちいいっ!」
ぶすぶす、ぶすぶす、ぐいぐい、射精寸前までピストン運動が続いて、抜かれます。
由佳だって、ずんずん昇っていって、アクメにいたる寸前で、ストップされちゃうんです。

-26-

射精寸前まできた明弘にかわって、カメラ係の省吾に、バトンタッチです。
真一と明弘が、由佳のおめこへ勃起のおちんぽを挿しこんでいるから、うずうずです。
見るだけでも興奮しちゃう股間丸出し、背もたれ椅子に置かれた開脚M姿の由佳です。
「ほんなら、おれもなかまにいれてもらうよ、由佳ちゃん!」
びんびんにさせた勃起おちんぽをの根っこを握った省吾、亀頭を由佳の膣に入れます。
「はぁああ、せんぱいぃ、きついの、いやよぉ、あああっ」
ぶすぶす、待ち焦がれていた省吾が、いっきにぶすぶす、挿しこみ、抜いちゃいます。
「おおおおっ、ええわぁ、由佳ちゃん、最高だよぉ!」
ぶすぶす、ぶすぶす、便座形背もたれ椅子に開脚M、お膝には60cm棍棒の由佳。
閉じようとしても閉じられない股間の真ん中へ、容赦なく挿入されちゃう勃起おちんぽ。
大学二年生の由佳、三人三様、勃起したおちんぽを、おめこに挿入されて蠢かされて。
「ひぃいい、ひぃいい、ひぃいい、いいっ!」
由佳だってもうアクメに昇る寸前にまで、いい気持になっていて、喘ぎ呻くお声です。
男子たち、由佳が洩らしちゃうお声をきいていっそう、気持ちがビンビン興奮します。
「おおおおっ、由佳ちゃん、ええわぁ、めっちゃ、ええ気持ちだよぉ!」
ぶすぶす、ぶすぶす、省吾が勃起させたナマおちんぽを、由佳のおめこへ挿し抜きです。
「ひぃいい、ひぃいい、ああ、もう、ああ、もう、だめ~ぇ!」
イキそうになってしまう由佳をみて、省吾からスキンをかぶせた真一に交代です。
真一も、スキンをつけたからには、射精の最後まで、一気にいってしまうつもり。
「おおおおっ、由佳ぁ、中だししちゃうぜ、おおおおっ」
ぶすぶす、ぶすぶす、ひぃいい、ひぃいい、ぶすぶす、ひぃいい、ぶすぶす、ひぃいい。
真一のぶすぶす挿しこみに、開脚M姿の由佳がひいひいと、喜悦のお声をあげます。
「ううううっ、でる、でる、うううっ、でた、でたぁ!」
真一の苦しそうな声、でも快感の絶頂のお声と同時に、ぴくんぴくんの痙攣です。
スキンをかぶせたなかですけど、勃起おちんぽの痙攣で、由佳もイキそう、でも後が。
射精した真一にかわって、明弘が、スキン勃起おちんぽを、由佳に挿しこみ、ぶすぶす。
「ええわぁ、由佳ぁ、おおおっ、でそうや、ううっ、ううううっ!」
ぶすぶす、挿しこみ、抜いて、ぐぐぐっと昇ってぴしゅんぴしゅん、射精してしまう明弘。
かわって省吾が、ぐいぐい、由佳をせめたて、アクメの最後へ、昇らせてしまいます。
「ほうら、ええやろ、いけ、いけ、由佳ちゃん!」
「ひぃいいっ、ひぃいいっ、ああああっ、いぃいいいい~っ!!」
大学二年生、二十歳の由佳、アクメ、お小水を飛ばしてしまって、イッテしまいます。
省吾の射精がはじまったときから昇った由佳、ピークを迎えてそのまま気絶です。
連れ込まれた高級マンションの四畳半、恥部屋で、由佳、絶頂を迎えてしまったのです。
(この章おわり)


訪問者さまの人数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ギャラリー
  • えろす玲奈-21-
  • えろす玲奈-20-
  • えろす玲奈-19-
  • えろす玲奈-18-
  • えろす玲奈-17-
  • えろす玲奈-16-
  • えろす玲奈-15-
  • えろす玲奈-15-
  • えろす玲奈-14-
  • えろす玲奈-13-
  • えろす玲奈-12-
  • えろす玲奈-10-
  • えろす玲奈-9-
  • えろす玲奈-8-
  • えろす玲奈-7-
  • えろす玲奈-6-
  • えろす玲奈-5-
  • えろす玲奈-4-
  • 愛のお部屋写真集-30-
  • 愛のお部屋写真集-30-
  • 愛のお部屋写真集-30-
  • 愛のお部屋写真集-30-
  • 愛のお部屋写真集-30-
  • 愛のお部屋写真集-30-
  • えろす玲奈-3-
  • 愛のお部屋写真集-29-
  • 愛のお部屋写真集-29-
  • 愛のお部屋写真集-29-
  • 愛のお部屋写真集-29-
  • 愛のお部屋写真集-29-
  • えろす玲奈-2-
  • えろす玲奈-1-
  • 愛のお部屋写真集-28-
  • 愛のお部屋写真集-28-
  • 愛のお部屋写真集-28-
  • 愛のお部屋写真集-28-
  • 愛のお部屋写真集-28-
  • 愛のお部屋写真集-28-
  • 愛のお部屋写真集-28-
  • 愛のお部屋写真集-28-
  • れとろ-26-
  • れとろ-26-
  • れとろ-26-
  • れとろ-26-
  • れとろ-26-
  • れとろ-26-
  • れとろ-26-
  • れとろ-26-
  • れとろ-26-
  • れとろ-26-
  • れとろ-26-
  • れとろ-25-
  • れとろ-25-
  • れとろ-25-
  • れとろ-25-
  • れとろ-25-
  • れとろ-25-
  • れとろ-25-
  • れとろ-25-
  • れとろ-25-
  • れとろ-25-
  • れとろ-24-
  • れとろ-24-
  • れとろ-24-
  • れとろ-24-
  • れとろ-24-
  • れとろ-24-
  • れとろ-24-
  • れとろ-24-
  • れとろ-24-
  • れとろ-24-
  • れとろ-24-
  • れとろ-24-
  • れとろ-23-
  • れとろ-23-
  • れとろ-23-
  • れとろ-23-
  • れとろ-23-
  • れとろ-23-
  • れとろ-23-
  • ライブドアブログ